タグ: 笑顔

ちょっとあいつの家に寄ってみるか。投稿711日目

ちょっとあいつの家に寄ってみるか。投稿711日目

先日、仕事でどうしても外出することがあった。用事が終わった後、ある青年宅を訪問した。ここ最近、連絡が取れなかったので、帰り道に少し寄ることにした。

大抵は連絡してから訪問することが多いが、ここに行くときはアポ無しが多い。居れば話す、居なければ、また来ます。というスタイル。
インターフォンを鳴らす。玄関の奥から足音が聞こえる。良かった、今日は居るな。

何回も訪問していると、不思議とこれだけで居るか居ないか分かる。玄関が開く。「おお、○○くん!!!元気してた??」
「いつも来るときは突然ですね。すぐ分かりましたよ。」と言われながらも、

「いやー、いつも電話してから行こうと思うんだけど、気がついたらお前の家の近くにいるんだよ。」と笑顔で答える。
なかなか電話に出ないのは知っているので、飛び込みで行くしかない。それもお決まりの訪問パターン。

「まぁ、ちょっとノドがかわいたから、お茶を飲みに来たんだよ(笑 それで、最近はどうしているの??」
「ああ、最近はね・・・。」 などと雑談をかわす。

数ヶ月会っていなかったのだが、話す出すと久しぶりの感じがしない。
コロナウイルスの影響もあるので、玄関近くの窓を全開にして、お互いに距離を離しての会話。しかしながら、ココロの距離は以前と変わらない。

「少し寄っただけだから、すぐ帰るわー。」と10分から15分にしようと思っていたが、気がつけば長居してしまった。そういえば彼も話したがりだった。近況と言えば、短期間ながらバイトを始めたそうだ。

「働くのが、めっちゃ楽しいんですよ。」と笑顔で語る彼はイキイキとしていた。
「おお、マジかー。勤労の喜びはいいやろー。バイト代が出たらオレにおごってくれよ。」
「なんでやー(笑 」

こんな冗談も言いつつ、話が弾んだ。今の状況からすれば訪問することは最善ではないかもしれない。でも神様から与えられた、”ふとした”導きは、結果的に一番良いようになっている。と言う。
その導きに素直に従ったとき、そこには素晴らしい喜びが生まれる。わざわざ会いに行ってよかったな。Iくん、時間を作ってくれてありがとう!!

青年の目は、キラキラと輝いていた。

36歳になった今。投稿704日目

36歳になった今。投稿704日目

昨日、36歳の誕生日を迎えました。

この歳になると、誕生日を祝われることに恥ずかしい部分もありますが、色々な人から祝福のメッセージをいただけてとても嬉しいです。 コメントくださった皆さん、ありがとうございました(^^)

ちなみに一日どう過ごしていたかと言うと、在宅ワークで普通に仕事をして、夜には土曜日開催する誌友会の案内を作ったり、出講の準備をしたり、打ち合わせしたりといつもと変わりませんでした。誕生日でも青年会活動をやっているのは、日本を探してもボクくらいでしょう。

決して寂しい男と思わないでくださいね(笑
やっている本人はいたって楽しく活動していますので。

ここからはボクの独り言。
この歳になったら、家庭を持って子ども育てるということを想像していたが、予想していた人生とは違っていた。詳しくは書けないが、自分の生活が大きく変わることがあり、それが重くのしかかっている状況です。現象とはいえ、実相を見ないといけませんね。

だからこそ、日々できる最大限のことをやっていく。自分が後悔しないように。
「色々とやっていて素晴らしいですね。」とありがたいコトバをいただくが、今しかできないことだし、何よりも青年会が好きという気持ちが強いからやれている。 これがボクに与えられた使命なのだろう。

お世話活動を続けていくなかで、気にかけている10代、20代のメンバーがたくさんいます。自分なりに行動している人もいれば、なかなかうまくいかない人も様々。でも何もしなかった後悔をボクは一番よく知っています。
出会った人、これから出会うすべての人が笑顔で生活できるように、ココロの交流や訪問・面談を通じて伝えていこうと思う。彼・彼女達が後悔しないように陰ながら支えていきたい。

36歳になった今、思うことはそんなところだ。
笑顔と信念を忘れずに、今日も明日もこれからも頑張ってまいります。
これからもよろしくお願いします(^^)

みんな、いつもありがとう(*´ω`*)



あー、もしもし~青年会の秋元です。投稿688日目

あー、もしもし~青年会の秋元です。投稿688日目

テレワークになってから、2週間近くが過ぎた。
会えなくなった代わりに電話や画面越しに話す機会が多くなった。
青年会全国大会の申込〆切も近いので、合わせて行っている。

声をかけているうちに、悩みや愚痴などの話し相手になったりすることも。人と会えない寂しさが垣間見えたりする。
誰かとココロを通わせたい気持ちが強いのだろう。そんなボクでも聞くくらいはできる。「聞いてもらえて良かったです」とか「ストレス解消しました」と言わうコトバを聞くと、役に立っているようで嬉しくなる。

先日も、Sさんという方と電話で話す機会があった。いつものように話していると耳を疑うコトバがあった。 「聞いてください!! ここ1ヶ月半、全然飲んでいないんですよ。」

今までSさんは、お酒を飲むイメージが強かった。酒豪とかではないのだが、人見知りをする性格で、普段はすごく大人しい。 だから少し飲むと陽気に話せる。
Sさんと電話で話すときは、そういうリラックスタイムの時が多かった。

「え?マジ?急にどうしたの。Sさんは飲むイメージが強かったんだけど(笑 いよいよ禁酒?」と冗談混じりに話すと
「いや~、外出自粛で外に出ることもあまりなくなってしまって、気がついたらお店も行かなくなりました。気がつけば飲まなくなってしまいました。」
「自宅でも??」
「はい。全く。不思議ですよね?どうしたんだろう。」

コロナウイルスの影響だからか、健康に気をつけているわけではないが、結果的には、すごく健康的な生活になったそうだ。カラダの調子もいいらしい。
体調が悪くなりがちな人が多いなかで、こういう報告は喜ばしいこと。

「でもさ~、そうすると飲みに行く機会が少なくなるので、残念だな。」
「いや、まったく嫌いになったわけではないので、これが落ち着いたらいつでも行けますよ。また誘ってくださいませ(^^)」
「ハハハ、なんだそりゃ。いいよ、また行こう(笑」

信頼関係ができたおかげか、こういう軽口もたたけるようになった。以前のSさんなら、こんな風には絶対に言えなかった。人って見た目で判断しそうになるけど、それは仮の姿。継続的に話していくことで、隠れていた素晴らしい内面が現れてくる。

「あ、そうだ。青年会全国大会なんだけど、今回オンライン配信になったんですよ。期間限定だけど良かったらぜひ参加してほしいです!! いつも仕事で見られなかったでしょ?」
「そうですね。今回は大阪に行かないんですか?」
「コロナウイルスの影響で集まれなくなったんだ。なので自宅でまったり見られるし、ZOOM使ってみんなで見られるようにも考えているので。いかがですか??」
「私にとってはとてもありがたいです!!ぜひ申込させてもらいますね(^^)」

Sさんは普段は仕事が忙しく、平日休みなので最近は青年会全国大会に参加が難しかった。いつも「仕事が・・。」と言って断られることが多かった。 今回はこんなにもお誘いしやすくなった。一人でも一緒に見られるのは嬉しい限り。

こういうとき日頃の付き合い、交流がとても大切だと改めて実感しました。
Sさん、参加決意してくれてありがとう!!

あー、もしもし~。青年会事務局の秋元です(^^)

気配り上手なあなたへの感謝。投稿685日目

気配り上手なあなたへの感謝。投稿685日目

またやってしまった。昨日は少し仮眠するつもりが、気がつけば午前3時。
実に8時間以上も爆睡してしまった。在宅ワークで、仕事が終わった後少し余裕があったので、まったりしながら横になったのが運の尽き。ごめんなさい。

言い訳ばかりするくらいなら、書こう。頭もスッキリしているので、ブログを書くのは準備万端。

そういうわけで、今日は久しぶりに感謝シリーズを書きます。
久しぶりといっても、3日しか空いていないのだが、相手のことを想いながら書くことは、頭をフル回転させるため、結構労力がいる。

「感謝のコトバを伝えることってありましたっけ?」と大抵の人は言う。
もし相手はそう思っていなくても、受けた本人がそう思っていたら、それはきちんと伝えるべきだ。本日書こうと思っている、Tさんもその一人。

以前、書かせてくださいとお願いしたときに、
「ブログ、ありがとうございます私で、よければお願いします✨✨
ただ、名前は写真は出さずにイニシャルでお願いします(^^) 色々と注文して申し訳ありません…」

ご注文ありがとうございます!!
なるべく分からないように頑張って書いていきますから(笑
バレたらごめんなさい~。

青年会事務局をやっていると、県内のみならず、県外の人とも交流する機会が多い。Tさんと出会ったのはいつか覚えていないが、同じ事務局ということもあって、話すことも多々あった。

仕事ぶりを直接見たことはないが、電話で話していると、とにかくマメで丁寧な印象を受ける。最近もFacebookの投稿で、会員さん一人一人に向けてハガキを出されたりと、気遣いされている部分は、さすがTさんだと感じた。

Tさんとの思い出で印象深いことがある。2017年東海ブロック共催青年練成会。ホスト教区として、全体の事務局長をやることになった。他県の事務局長も事務局員としての運営に入ってもらった。Tさんも同様だった。

だが、練成会がスタートした瞬間から予想以上のヤバさ。
4教区合同に加え、普段は起こりそうにないトラブルも発生。慣れないことにてんてこまい。半分ぶち切れそうになりながら、対応に当たっていた。

当初は受付にいたが、色々と動かないと回らなくなった。
今でこそ、パソコンで受付をやっているが、その時は紙で一人一人やっていた。そのとき、すごく頼りになったがTさんの存在。

彼女は持ち前の事務能力と細やかさで、テキパキとこなしてくださった。さらに聖典の販売も行っていたので、二人分の仕事を一人でやっていただいた。彼女にかなり負担をかけさせてしまったのは言うまでもない。

今でもこの話になると、この台詞が脳裏に焼き付いている。

「もー、秋元さん。どこにいるんですかーー。って探しても全然いなかったじゃないですか~」
「ああー、すみません。色々と動いていて・・・。」
「お願いですから、ちゃんといてください!!」
「・・・。(冷や汗」

はたまた
「秋元さんは、ほとんど受付にいませんでしたよね~。受付と聖典もやりながら、接客。あのときは本当に大変でした。色々と懐かしい思い出ですね。ハハハハ。」
「・・・。(冷や汗」
「まぁ楽しかったからいいですけどね~。ハハハハ~。」
「・・・。(冷や汗」

誤解がないようにきちんと書くと、とても温厚な方です。
「いや~私は全然たいしたことしてないですよ~。」
あんな大変だったにもかかわらず、終わったあとは、すごく謙虚だった。
実は、この優しさにかなり救われました。今だから言いますけどね。

Tさんでなくして、この青年練成会の成功はなかった。縁の下の力持ち的存在。このときのMVPをあげるとしたら、間違いなくTさんをボクは推す。そのくらい安定感が素晴らしかった。またこういう機会があれば、呼びます(笑

ご結婚も持たれてシアワセな家庭を築いている。ご主人も生長の家の信仰者で、本当にいい人と出会われて良かったなと思います。
幹部研修会の帰りに、おふたりの夫婦漫才を少し拝見したのだが、どちらもいい味を出していて、思わず笑ってしまった。それぐらいステキなご夫婦です。

本当にいつもボクの無茶ぶりで、Tさんには迷惑をかけてばかりだが本当に頼れる素晴らしい事務局長さんです。M教区青年会の皆さんは本当に委員長をはじめ、素晴らしい方に囲まれている。

そんなTさんに改めて感謝のメッセージを書きます。
Tさん、ありがとうございます。改めて感謝のキモチを書きたいと思ったのは、
いつもTさんにお世話になりっぱなしといいつつも、きちんとコトバにして伝えていなかったなと思ったからです。

事務所に電話するときに、名古屋ナンバーからかかってくると、
「あ、秋元さんだ。今日は何の用かな??と思って警戒していました(笑」
と冗談をいいつつも、明るく、時にはボク以上にキレのある返しで、いつも話していてとても面白いです。
それは、Tさんの人柄や性格、明るさがにじみ出ているからだと思ってます。
なかなかこうやって軽快に話せる人っていないです。

ボクが色々と大変な状況だと知ると、育てているゴーヤの写真をラインで送って元気づけてくれたりと、どこまでも気遣いができるところがすごくステキだなと思います。あのときはお世話になりました。

そういえば、青年練成会後に、不定期に開催している梅酒会。これもコロナウイルスが落ち着いたら、やりましょう。なかなかやろうやろうといいつつ、Kさんの送別会以降やれていないので。
二代目幹事のボクが音頭をとらないといけないですね(笑
今度はご主人様も交えて、一緒に色々と語らいましょう。積もる話もありますから。またお会いできるのを楽しみにしています(^^)

いつも元気なTさん。これからもよろしくね。

いつも明るいあなたへ。(後編)投稿677日目

いつも明るいあなたへ。(後編)投稿677日目

前編を読んでいない方は、下記をご覧ください。

Yちゃんへ。
「私のこと…イニシャルとか使ってくれるなら、もちろんオッケーだよー🙆‍♀️」
と快く返事をくれてありがとう。
普段から話しているので、改めて何を書こうか迷ってます(笑

Yちゃんの良いところを10個くらい送ったことがあったよね?
このメッセージをスクショして保存する!!と言ったときは、ビックリしたのと同時に嬉しいキモチでいっぱいでした。

ボク自身、あなたと出会ったことで、とても変わりました。
会う回数は数ヶ月に一度だけど、 楽しいし、面白いし、気がつけばあっという間に時間が過ぎてしまいます。あなたといると不思議とココロが落ち着きます。

Yちゃんとの印象に残っているのは、何だろう。
色々と振り返ってみても、どれもが思い出が深すぎて決め切れらないです(笑
宇治でもたくさん語ったよね。今となっては、懐かしいものばかり。

一度だけ、ここに行ってみない?と提案したことがありました。
いつもはYちゃんの行きたいところについていくという感じだったので、最初は嫌がるかな??と思っていました。

「うん、いいよ。提案してくれてありがとう!! そこも行こうよー。楽しみだわ~。」そんな優しさと明るさが好きです。

最近はコロナウイルスの影響で会えない分、電話で話すことが多くなっていますね。「こうやって話していないと、本当に気持ちが参ってしまう。」と不安になるかと思いますが、絶対に大丈夫!! やまない雨はないからさ。

こんなボクを頼ってくれてありがとう!!
これからもあなたのことを支えていきたいし、寄り添っていきたい。
心の底から思っています。

ブログに書くのはここまで。
あなたに伝えたかったことがもう1つあるけれど、それは直接伝えます。
そう書いていた矢先、ブログの前編を読んで、電話をかけてきてくれました。
タイミング、ドンピシャすぎる(笑

「えへへ、ブログ書いてくれてありがとう。めっちゃ嬉しいわ〜。」
こういうところが、Yちゃんらしくていいわ〜(笑

途中で終わってしまったけど、この続きは、また電話で話しましょう。
いつもありがとう!!
(・・・あなたへの電話へ続く。)

Yちゃん、明るい笑顔をいつもありがとう。

いつも明るいあなたへ。(前編)投稿676日目

いつも明るいあなたへ。(前編)投稿676日目

「秋元く~ん、元気?」
明るく元気な声が電話口から聞こえる。何度となく彼女から元気をもらったことだろうか。ボクにとって、Yちゃんは何でも話せる相手だ。

ただ最近、いつも明るいYちゃんの元気がない。
コロナウイルスの影響で、先行きが見えない状況のなか、立ち向かっている彼女。こういうときだからこそ、ブログを通じて元気になってもらえたら嬉しい。

Yちゃんと初めて出会ったのは宇治。
練成会に参加し、食堂でご飯を食べているときだったと記憶している。
当時仲良くしていたSさんから、「この子、初めて宇治の練成会に来たんだって。名前はYちゃんって言うんだ。」と紹介を受けたことが始まりだった。
「えへへ、Yです。よろしくね~。」

目元がクリッとして、とても明るい女の子。当時は茶髪にしていたので少々ギャルぽかった。ノリがいいという感じで、ボクは正直苦手なタイプだった。その時は、自己紹介ぐらいだったと思う。

なぜだか分からないが、彼女とよく話すようになった。 Sさんと一緒に行動していたのもあるが、彼女のキャラや明るさに惹かれていったのも大きいかもしれない。

話していくうちに歳が同じで、誕生日も一日違いということが分かる。
こんな偶然があっていいのだろうか(笑
こういう導きが宇治らしくていい。気がつけば自然と話す機会が増えていった。

彼女は事情があって、宇治にやってきた。どうして?と理由を聞いたことがあったが、ボクにはどうすることもできない内容だった。
話を聞くだけしかできなかったが、不安になっている彼女にこう伝えた。

「大丈夫だよ!! 陰極は必ず陽転する。だから、神様を信じて最後まであきらめないで!! Yちゃんなら大丈夫!!」
「そうだよね~。秋元君、ありがとね~。」と笑顔で答えてくれた。

それから、メールや電話でも話すようになった。
Yちゃんから、ご飯を食べながら話そうよと誘ってくれたことも。
ただ、青年会活動で思うように時間が取れず、休日も忙しかったので、断ることが多かった。

そんな時でも、明るくかわいらしい文章で
「いいよー。またにしよー。今度は約束ね。」
「秋元君もあまり無理しないでね。」

と優しく返信してくれた。
ようやくお互いに予定があって、ご飯を食べに行く機会ができた。
彼女の知っている美味しい料理屋さんを何件か教えてくれた。色々と食に関するリサーチは凄まじい。

ある時は
「私さ~、今、カレーにハマっていて、ここでもいいかな??」
また、ある時は
「私さ~、今、パンにハマっていて、ここでもいいかな??」

会うたびにマイブームが変わっていくところがとても面白い(笑
女の子だから、控えめに書きたがったが、ごめん!!
とにかくよく食べる。この小さい体のどこに入るのだろう。不思議で仕方がない。しかも美味しそうに食べるから、余計に憎めない。

「はぁ、シアワセ〜。次は、ここへ行こう。」
「秋元君といると落ち着くわ~。同期だからっていうのもあるけど、すごく話しやすいわ。」
「いつも来てくれて、ありがとうね。」

ご飯を食べて2時間、カフェで3時間近く話したこともあった。
それだけ話すネタがあるのかと聞かれたら、実はたわいもない話が多い。それでも、Yちゃんの笑顔に触れることで、自分もすごく元気になる。
こちらが彼女のことを気にかけないといけないのに、いつも気にかけてくれる。本当にありがとう。

振り返ってみると、たくさんの思い出であふれている。
いつも明るいあなたへ、改めて感謝のキモチを伝えます。
(続く)

はぁ〜シアワセ。と笑顔で語るYちゃん。

さちゑ先生。投稿674日目

さちゑ先生。投稿674日目

白鳩会の感謝シリーズを始めるあたり、この人を書かないわけにはいかないという結論にたどり着く。ボクが最も関わりの深い方かもしれない。

何て呼ぼう。いつもは会長と呼んでいたのだが、ここでは、さちゑ先生と書こう。白鳩会連合会長を3期(9年)努めた素晴らしい方。

30代のための青年誌友会にも出講してくださったことがあった。
普段は夜、参加しない子が、「さちゑ先生なら行く!!」と来てくれた。
特にこちらから声をかけた訳ではない。

それだけ、さちゑ先生のお話を聞きたいと言う方は多い。
青年会にもたくさんの愛をいただいた。

教化部に来たときには
「秋元くん、元気? 」
「こないだの青年会の○○素晴らしかったわよ~。」
「そういえば、こんなことあったわよね。」

顔を合わせるたびに、声をかけてくださる。
もちろんボクだけではない。いつも来られる人、たまに会う方でも気さくに話しかけている。常にアンテナと気を配り、微笑みを絶やさない。

ボクも白鳩会事務局の席にさちゑ先生がいると、特に用事も無いのに、ふら~っと寄って話してしまう。大抵はお願いごとが多かったかもしれないが、雑談することも多かった。

「あれ、こんな話をするつもりではなかったんですけどね~。聞いてもらってありがとうございます。」
「いいのよー。またいつでも来てね。私も若い人から元気をもらって、頑張れるから。」

重責ある立場のはずなのに、話しやすい。
ボクの知っている白鳩会の方も、さちゑ先生のファンは多い。
これもさちゑ先生の人徳と愛の深さに寄るものだと思っている。

ボクが絶対に伝えたいエピソードがある。3年前の青年練成会。
初めて事務局長として、企画から携わった思い出深い練成会だ。

絶対に100名は突破する。そういう決意で臨んでいた。
もちろん、青年会だけでは難しいと分かっていたので、
さちゑ先生にお願いして、推進と総連会議で案内させてほしい旨を伝えた。

「会長、青年練成会のこと皆さんの前で伝えたいんです!!ボクにお時間いただけないですか??」
かなり必死の形相だったかもしれない。すると
「ぜひ、やっていいわよ。秋元くんの頼みなら大丈夫よ。」
「ありがとうございます!!」

たぶん、白鳩会の会議に3回は出てアナウンスさせてもらった。
色々な協力を得て、臨んだ『2017年東海ブロック共催青年練成会』

初日はかなりの不安を迎えたが、2日目の終盤時点で、95名。3日目には
100名を超えることが確実となった。みんなには伝えていないが、下の事務局で来られた方の数を見ながら、人知れず泣いていた。タオルで顔を隠しながら。
不安とプレッシャーに押しつぶさながらも、多くの方が来てくれたことが本当に嬉しかった。

練成会中に、参加者の食事の報告をしに行くと、さちゑ先生の姿が見えた。
「あら、秋元くん。青年練成会の様子はどう?大盛況になっているじゃない。」
エプロン姿で食器の準備をしていた。
「あれ、会長もしかして、お手伝いしてくださっているのですか??」
「ええ、若い青年の皆さんが頑張っているんだもの、私も何かできることは協力しようと思って。」

この瞬間、人知れず涙が止まらなかった。
トップである、白鳩会連合会長が愛を出して頑張ってくださっている。
この姿にボクは泣いた。
「会長・・・ありがとうございます。何とか100名突破しそうです。」
「ええ!?100名。すごいじゃないの!! よく頑張っていたものね。」

そう言って、さちゑ先生はいつものように微笑みと喜びのコトバをかけてくださった。さちゑ先生はじめ、白鳩会の方は本当に素晴らしい方ばかり。

改めて感謝の気持ちを伝えます。さちゑ先生、ありがとうございます。
いつも青年会に協力的で、たくさんの愛をいただきました。青年練成会のみならず、日頃からいつもたくさんの愛をありがとうございます。

ブログに書こうかどうか、迷いましたが、どうしても伝えたくて書きました。
愛知の白鳩会の皆様は、さちゑ先生の愛の深さを知っていますが、もっと色んな人に知ってほしい。そういう想いから書きました。

さちゑ先生に出会えたことは、ボクにとっては素晴らしい時間であり、最も尊敬する方の一人です。受けたご恩や愛を忘れずに、教えてくださったことを伝えていけたらと思います。これからもよろしくお願いします(^^)

さちゑスマイルはすべてを笑顔に。

愛を持って接すれば、必ず人は変わる(前編) 投稿658日目

愛を持って接すれば、必ず人は変わる(前編) 投稿658日目

教化部や青年会活動に来られなくても、人知れず頑張っている子がいる。
こちらが愛を持って接すれば、必ず変わっていく。そういう相手に何人も触れてきました。これから書く方もそのひとりです。

出会いは3年前の青年練成会1ヶ月前。今でも覚えている。お母さんと個人指導に来られていた。名前は知っていたが、実際に会うのは初めてだった。
個人指導にあたってくれた先生が、青年練成会のことを勧めてくれたらしく、
全期で参加します。とその場で申込みを書いてくれた。

「Mのこと、よろしくおねがいしますね。」
「(この子がMちゃんか・・・)ありがとうございます。初めてMさん、よろしくおねがいします。」
「・・・・・。」

最初に会った印象はとても暗かった。話もあまりできなかったが、
「青年練成会で待っているね。会えるのを楽しみにしてます。」と笑顔で声をかけた。
1ヶ月後、約束どおりMちゃんは青年練成会に参加してくれた。オドオドした様子だったが、仲の良いメンバーもいて、話が弾んだらしく、最終日には笑顔があふれていた。こんな表情をするんだなとこちらも嬉しくなった。

開催後にお礼のメールをしようと思ったが、彼女の連絡先を知らなかった。
仕方がないので、自宅に電話をかけた。

受話器越しにお母さんが出られる。
「先日はありがとうございました。喜んでくれたみたいです。」
「こちらこそ、ありがとうございました。ところでMさんはいらっしゃいますか?」
「いるんですが、今は出たくないって言っています。知っている人としか話したくないって。」

まぁ、そうだよな。そんなに面識あるわけではないしな。と感じつつも
「いえいえ、大丈夫です。またかけさせていただきますね。」と電話を切った。
その後、彼女のことを思い出しては、ハガキを送ったり、自宅に電話をかけたりしたが、なかなか繋がることができなかった。

ある時、彼女がFacebookで投稿をしているのを見かけた。
ちょっと元気がない投稿だったので、何気なしにコメントをした。
しばらくして、メッセンジャーにメッセージが来ていた。誰だろう?と見てみると、ずっと連絡が取れなかった彼女からだった。

メールが来たことに嬉しさを感じつつも、結構深刻そうだったので、丁寧に返信した。何通かやり取りをしていくうちに、彼女自身の胸のうちをお話してくれた。
「聞いていただいてありがとうございます。」と感謝のコトバもいただいた。

ただ、どうしても彼女と会うことだけはできなかった。メールのやり取りはできても、やはり本人と会ってお話したい気持ちが強かった。
予定を見つけては、お時間作れませんかと聞いたり、近くでお話しませんか?と聞いた。しかしながら、反応が芳しくなく、半ば会うことを諦めていた。

別の日に、Tくんと家庭訪問したことがあった。彼は誌友会にもよく来てくれる男の子。一度、家庭訪問をしてみたい。と言っていたので、休みの日に時間を合わせて何件か回っていた。もう終わろうかなと思った時に、ふとMちゃんのことが頭をよぎった。

「Tくん、時間はまだある?実はずっと会いたいなって思っている子がいるんだけど、会えていないんだ。ちょっと行くのを迷っているんだが、一緒に行ってもらえるか?」
「あー、わかりました。もう勢いで行きましょう!!」

もちろんアポも何も取っていない状況。行って不快に思われたらどうしようか。マイナスな部分が頭をよぎる。でもここまで来たらやるしかない。

家の前で合掌。そしてインターホンを鳴らす。
彼女のお母さんが出てくれた。

「あら、秋元さん。今日はどうされたのですか??」
「いつもありがとうございます。突然すみません。ちょうどこのあたりを回っていたのですが、Mさんのことが気になって。いらっしゃいますか??」
車で40分かけて彼女の自宅へ来たことはもちろん内緒だ。

「Mとは約束していましたか?」
「いえ、連絡はしていません。お会いできたらなと思って来ただけなので。お会いできなかったら大丈夫です。」
「ちょっと聞いてきますね。」
すると、奥からMちゃんが顔を出してくれた。
うつむき加減で、困惑した表情。
「おお、Mちゃん。こんにちは〜。元気してた??」
「・・・・。」会話が続かない。どうしよう。
2,3言、コトバをかわす。会えただけでもラッキーだったので、そろそろ帰ろうとすると、
「あ、ちょっとまってください!!」
彼女がそう言った。
「下の公園で話しましょう。待ってていただけますか??」
思わず二人で顔を見合わせた。
「おお、ありがとうございます。嬉しい!! 下で待っているね。」

公園で彼女と話す。最初はうつむき加減だったが、こちらが色々と話しかけると
明るくコトバを返してくれた。彼女自身のことをきちんと聞くのは初めてかもしれない。気がつけば、30分くらい話した。

「突然、来て迷惑だったよね?? ごめんなさい。もうノリと勢いで会おう!!と決めてきちゃった。」
「びっくりしましたが、私も来てくれて嬉しかったし、話せてよかったです。」
と笑顔を見せてくれた。
「Facebookでメッセージくれたよね?どうして連絡をくれようとしたの?」
「・・・写真の表情が優しそうだったから。信頼できると思いました。」

あの時、Facebookでメッセージを送って本当によかった。

ココロの雨も少しずつ止んできた。

ここから会うハードルがグッと低くなった。少しずつココロの距離が縮まっていくのを感じた。毎月1回、メールを入れて、お話を聞きに行く。
どうもボクが声をかけるときが、ちょうど彼女が話したいタイミングと重なるらしく、「私も話をしたかったんです。」と返信をくれることが多かった。

初めは気が付かなかったが、彼女の良いところがたくさん見えてきた。
話すと面白いし、コトバのセンスを感じる。言われたことを素直に実行してみる。今まで隠れていた素晴らしさが出てきた。一番ステキなのは、その笑顔。とてもカワイイ。会う人をとてもシアワセにしてくれる。

何度か話していくうちに、彼女もココロを開いてくれるようになった。連絡が途絶えがちになりそうなこともあったが、それでもボクを信頼してくれていることが、とても嬉しかった。

こういうやり取りを2年くらい続けてきたころには、普通に話せるようになった。毎月会いに行くのがとても楽しみになっていた。
そんなある日、突然彼女からメールが来た。「秋元さん、私、宇治の練成会に参加してきます。」

(・・・続く)


つゆりん泣かせようプロジェクト。投稿657日目

つゆりん泣かせようプロジェクト。投稿657日目

昨日のブログでも書かせていただきましたが、誌友会の終わりに、サプライズで感謝のメッセージ動画を流しました。

つゆりんは安城青年誌友会にとって、大切なメンバーの1人。
ボク自身も長い時間を彼女と一緒に活動してきました。

彼女のために、最後に何かやってあげたい。色々と考えていたが、動画も面白いのでは?という声があがり、その場で即断即決。誌友会メンバーに動画協力を仰ぎ、久しぶりに動画作成を行いました。
作戦名は、『つゆりん泣かせようプロジェクト2020』。壮大なテーマです(笑

動画を作る。どこか難しいイメージがありますが、ほぼ3つのステップで終わります。
・素材(動画)を集める。
・バラバラの動画を繋げて、不要なところがあれば、カットする。
・必要なところにBGMや写真・文字をいれる。

パソコンに慣れている方であれば、2~3時間あればできます。特にこだわりがなければ、これで完成。思ったよりもやれそうな気はしませんか?

今回は、MacBookの「imovie」を使用。Macに標準搭載されている動画編集ソフト。スマホでも最近は簡単に動画編集できるので、一度感覚を覚えてしまえば、編集は楽しいです。

編集の良さを伝えると
・動画の順番や構成を決めるのが楽しい。
・音や文字などの配置から、無限の可能性がひろがる。
・想いを形にでき、感動も生まれる。

この3つではないでしょうか。
ちなみに、動画編集するとこういう感じになります。

つゆりんへの想いがあふれています。

無事に映像公開も終わり、つゆりん泣かせようプロジェクトは大成功。
「秋元さん、本当にありがとう。」小さな声でつぶやく、彼女の目には光るものがありました。

頑張って本当に良かった。
県外へ行っても笑顔で頑張ってね。いつも応援しています(^^)


オンライン誌友会の舞台裏。投稿656日目

オンライン誌友会の舞台裏。投稿656日目

今週の木曜日に、地元で青年誌友会を行った。
コロナウイルスの影響にあって、ZOOM(映像通信)を使ったオンラインでの開催。途中参加も含め、 総勢11人の方が参加してくださった。

時は遡ること、数週間前。対面での誌友会自粛の要請を受けた。
対面で開催できない。どうしようかと頭をよぎったが、不思議と中止する選択肢はなかった。1ヶ月に1回の楽しみを無くしたくないと思いからだ。

すぐに誌友会のグループラインに「今回は、オンラインで誌友会を開催するのでよろしくお願いします。」と伝えた。ただ、お願いしますと言っても誰もやらないのは分かっていた。
個別でもメールを送って、オンラインへの理解を示してもらったりもしました。

ZOOMという聞き慣れないソフトを入れる抵抗感。
そこが一番の問題だと感じていた。ただ幸いなことに、うちの誌友会メンバーは、後ろ向きな発言をする人が全くといっていいほどいなかった。

「難しそうかもしれませんが、ZOOM入れてみますね。」
「ラインしかやったことないですが、説明をみながら頑張ってやってみます。」
「当日、どんな感じになるか楽しみです。」

こういう状況でも協力・理解してもらえたことに本当に感謝した。
これだけでも、誌友会を心待ちにしてくれることがすごく伝わってきました。

開催当日、ボクが一番心配していたことが1つあった。
”いつもどおりの青年誌友会を開催できるか”ということ。
いくら知っているメンバーが多いとはいえ、対面と映像。慣れない部分も多い。
もしも盛り上がらなかったらどうしよう。
開催当日までタイムスケジュールとイメージを頭の中で描いていた。

平日の夜なので、皆さん学校や仕事などもあったが、時間が近づいてくると、続々と映像に繋いでくれた。

初めて来てくれた中学生のMちゃん。音が入らないトラブルがあったが、みんなでフォローしてくれたおかげで、スムーズに入室。
「Mちゃん、いらっしゃ~い。よく来てくれました。ありがとう」と感謝のコトバを伝えると、「今日は楽しみにしていました〜。よろしくおねがいしま〜す」と初々しく笑顔で手を振ってくれた。

安城青年誌友会は、ゆる~く雑談しながらスタートするのだが、オンラインだともっとゆるかった。家にいながらできるので、なぜかボクの高校時代の写真や、イケてる20代の写真をカメラ越しに見せて、「え、ヤバーい。わかーい。」「マジですか~」など、面白おかしく会場を沸かせた。

近況報告では、相手に振っていくということに加え、映像ならではやり取りがありました。

学校を卒業する女の子が卒業証書を見せてくれて、みんなで祝う。
昔なつかしいKくんの名刺が出てきて、それについて語る。
同時中継だからこそできる盛り上がりを見せた。

極めつけは、先程紹介したMちゃんの近況報告。話のなかで、弟さんがケガしてしまったことを聞いた。「え、大丈夫??今、落ち込んだりしていない?せっかくだから、画面に登場してもらおう!!」と無茶振り。

「ちょっと待ってて、くださいね。弟を呼んできま〜す。」と本当に出ていってしまい、数分後に弟さんとさらに妹さんまで現れた。
「足は大丈夫?」「今日は何をしていたの〜?」など聞いて励ましたり、はにかむ様子をみて、こちらもほっこり。生中継のハプニングみたいで、これまた面白かったです。

楽しい近況報告が終わると、内田光実の講話がスタート。画面を共有しながら、講話を聞く。事前に参加予定者の方に、普及誌などを郵送で送ったりもした。
しかしながら、画面を見るだけでお話が聞ける・イメージできるのは斬新。
参加者も同じ画面を見ながら学ぶことができる。思いのほか、良かったです。

また、ZOOMにはブレイクトークという機能があります。
同じ部屋にいながら、2対2とか、3対3にわかれて、グループ別座談会のようなことが可能。
いつもは聞く中心が多かったのだが、あえて強制的にグループ分けすることで、参加者の皆さんの話す時間がうまれ、感想や喜びをシェアできたりと新たな交流が生まれました。

最後は4月から県外へ就職するTさんのために、ここ数日かけて作成した感謝のメッセージ動画を流した。
先ほども書きましたが、ZOOMには画面共有機能があり、一人の画面をみんなが見ることができます。有志のメンバーがTさんに語ったメッセージを見てもらいました。
それを見た彼女は、涙していた。「最後、何かやってくるだろうなーと思っていたけど、動画は分からなかったー。でも嬉しかった。ありがとう。」と笑顔で伝えてくれました。

対面で直接メッセージを伝えることはできませんでしたが、オンラインを通じて、心温まる場を提供することができました。Tさん、今までありがとう。

オンライン誌友会ってどこか取っつきにくい部分があります。
わざわざパソコンやスマホに繋がないといけない難点も。
対面で会えない制約はありますが、工夫次第でいくらでも盛り上げることができます。 画面越しにでも喜びは生まれます。 事実、中学生のMさん以外に初めてきてくれたメンバ-も2名いましたが、それぞれが喜んでくれました。

ただ、中には対面のほうが良かったり、ZOOM導入が難しい方も見え、いつも来られる方が参加できないデメリットもありました。ここは繋がりを絶やさず、次回以降参加しやすいように、フォローしていきます。

何よりも参加してくれた皆さんが笑顔で喜んでもらえたのが、嬉しかったです。慣れない中でも楽しんでくれてありがとう。またお待ちしております〜(*^^*)

こんな状況でも参加してくれた皆さんに感謝!!