誰よりもアツい人。投稿603日目

誰よりもアツい人。投稿603日目

昨日のブログが、いいね94という数字を出した。自分が一番ビックリしている。それだけ、皆さんに見ていただけたこと、たくさんの反響をいただいたことが、とてもありがたい。発信ってものすごく力を持っていることが伺える。

幹部研修会の最後に、金内会長からの挨拶があった。思わず涙ぐむ姿を見て、
不覚にももらい泣きしてしまった。最近、涙もろくなってしまった。

出師(すいし)の表。三国時代、かの有名な諸葛亮孔明が北伐(魏への遠征)に出発する前に、国に残す若い皇帝劉禅に向けて書いたものである。これを聞いて涙しないものは、人間ではないと言われた名文だ。

会長からのメッセージは、出師の表に似ている。ココロの底から震えるものがあった。本当に信仰心を持っていないと、あそこまで響いてこないだろう。

よく言う本社と現場には隔たりというものを感じると世間ではいう。
確かに教化部には信徒さんや生長の家が好きな方が来られるので、まだ必要とされている感がある。しかし本部は尋ねてくることも少ないと思うし、こちらを指導する立場。なかなかこちらに対しても接するのが難しい場面が見え隠れする。

人間味の部分が見えないと、温度や感情がないのではないかと思ってしまう。結局、人を動かすのは、人。そういう意味で、今回の幹部研修会で中央部の皆さんのハートの部分を感じることができた。

数や〆切を追えば、言われなくても分かっていると言いたくなる。そうじゃない。教区青年会が頑張ることで、きっと本部にも伝わり活性化するはずだ。人だろうが組織だろうが、結論は自分。自分がやらないと変わらない。

魂のこもったメッセージというものはこういうものなんだろうな。
誰よりもアツい気持ちを持った人なんだと、この研修会で改めて知った。これを会長には書きますと伝えていない。でも書きたくなったから伝えたい。

金内会長の熱意に感動しました。とにかく自分がやれることは限られますが、一人の愛知教区青年会員として、喜びを伝えてまいります。本当に2日間ありがとうございました。


必要とされる場所がここにある。投稿602日目

必要とされる場所がここにある。投稿602日目

昨日書いたとおり、青年会幹部研修会で、活動事例を発表させていただきました。内容は誌友会について。4分半という限られた時間の中で、この4年の取り組みを伝えるには難しい!!と感じていました。
飾ったコトバは使わず、もう気持ちをぶつけよう。色々と試行錯誤して作りました。今まで一番大変でした。でも一番、魂を込めた内容かもしれません。

今回は、全文とスライドを公開します。この内容を通して色んな方に誌友会の大切さ・素晴らしさが伝われば幸いです。

ありがとうございます。愛知教区青年会の秋元雅晴です。誌友会を開催し始めてから、もうすぐ4年。なぜ、誌友会を開催しているのか?

振り返ってみると、誌友会が好きで、みんなのことを楽しませたい・喜ばせたい・笑顔になってもらいたい。そういう気持ちが強いからだと思います。最初からこんな気持ちでやっていたかと言うとそうではありません。
教化部職員である私が、誌友会を開催していないのはマズイ。そんな理由でした。誌友会を始めた当初、どうやって進めていったら良いか分からず、本当に苦労しました。

場をなごませようとして、なぜか若かりし頃にキャバクラの女の子にハマってお金につぎ込んだ話をして、会場が凍りついたり、悩みを抱えて来てくれた誌友会初参加者に対して、黙々と写経をやってお通夜のようになってしまったこと、参加者のお世話を別の方に任せすぎて、二人とも連絡が取れなくなってしまったことなど、今思えば色んな失敗をたくさんしてきました。

そんな私が大切にしている信念があります。「毎月来たくなる青年誌友会を開催する」です。ボクの誌友会は平日の夜に開催しています。仕事終わりや30分しか参加できない子もいます。それでもボクに会って元気をもらえた。誌友会に来てよかった。そう思ってもらえるような雰囲気を心がけています。

だから、来てくれた参加者に対しては全力で接します。相手の良さを知ったり、ボクのことを知ってもらう。ある意味、ファンをつくることかもしれません。誌友会やボクのことを好きなってくれたら、また行こうと思えるようになるからです。関係性づくりに時間はかかりますが、毎月の積み重ねが誌友会の活性に繋がります。

ただ、どんなにいい誌友会を開催できたと思っていても、しばらくすると人は忘れてしまいます。私はアフターフォローを大切にしています。誌友会に来られない・足が遠のいている方に対しては、個別でメールや訪問して話を聞くなど、交流を絶やさないようにしています。自分が誘った以上、最後までお世話をしたいという気持ちもあるからです。

私がそこまで頑張れる理由は、誌友会を心待ちにしている方の存在が大きいからです。実はたった1回だけ誌友会を中止にしたことがありました。気持ちがどうしても上がらずに面倒くさくなったからです。
そのときに、「何で誌友会を開催しないんですか??私、すごく楽しみにしていたのに。ショックです。」と怒られました。たった1回。されど1回。でもその1回の誌友会にこんなにも思いを寄せる方がいる。それからは何があっても続けよう!!と心に誓いました。

発表前に、参加者になぜ来てくれるのかを聞いてみました。
ボクにしつこく誘われたから、1ヶ月のモチベーションになっている・そして秋元さんだから行く。という嬉しいコトバだらけでした。

そのおかげか分かりませんが、誌友会から青年会へ4名入会。青少年練成会や青年練成会で班長や運営もやってくださる方も何名か現われました。新しい誌友会会場リーダーが誕生するなど、誌友会参加者が、今度は必要とされる側となって活躍していく姿がとても嬉しいです。

必要とされる場所がここにある。誌友会は絶対に必要とされています。続けていれば、素晴らしい青年との交流や喜びが必ず生まれます。ボクの体験を通して誌友会の大切さ・素晴らしさが、もっともっと伝われば嬉しいです。以上で発表を終わります。神の子の皆様、ありがとうございます。

実は、発表の途中で、思わず感情が高ぶり涙が止まらなくなりました。ボクにできることは、この4分半をすべてを出し切ること。この場で自分がやってきたすべてを伝えよう。ギリギリまで原稿の順番や内容の調整をしてきて、本当に良かったです。
この場を借りて、私の原稿に最後までアドバイスと喝を入れてくださった、青年会中央部の金沢健二さんにお礼申し上げます。おかげさまで、発表後にたくさんの方から嬉しいコトバをかけていただきました。これからもコツコツと喜びを伝えられるよう頑張ってまいります。


青年会幹部研修会2日目。投稿601日目

青年会幹部研修会2日目。投稿601日目

二日間に渡り開催された、青年会幹部研修会が終わりました。
正直な感想を言おう。昨年よりも良かった。今回のプログラム、事例発表→ディスカッション→共有→講話→振り返り。という流れで大きく分けて4つ行った。
また練成会にあるような、班長・副班長システムも入り、より出会った方と話す機会も格段に増えました。

2日目の研修は、『頻発する自然災害とどう向き合うか』・『ヴィジョン実現に向けてわたしたちは何ができるか』の2つを大きく学びました。

事例発表では、大阪教区のKさんと新潟北越教区のIさん。それぞれ2018年の台風21号の上陸による停電に対して感じたことや都市部の防災対策・2019年の台風19号による深刻な被害の中で、災害支援活動を教区青年会の仲間と行った内容を紹介。

Kさんの発表で、テレビの情報は都市部に集中しており、本当に必要な情報が入ってこず、困っている。近隣の方との日頃のコミュニケーションの大切さが重要。Iさんの発表では「1人で10をするのではなく、100人が1をする取り組み」「自分の1を軽く扱わない→1が拡がる可能性を信じる」ことがとても印象に残りました。

次の研修Ⅳの『ヴィジョン実現に向けてわたしたちは何ができるのか』では、ヴィジョン実現に向けて、具体的にどのような行動を起こしていけばよいか。仲間と取組んでいくことは何か。を学びました。

事例発表では、埼玉教区のTさん、山梨教区のMさん、千葉教区のAさんと私の4人で行いました。埼玉教区はクリーンサイクリングがさかんで、積極的に活動されているが、Tさん自身なかなか参加できないことが多かった。そこで自転車通勤を始めることで、PBS活動に取り組むことができ、たくさんの喜びが生まれました。

Mさんは、便利さに頼った生活から、生長の家の信仰に基づいた低炭素のライフスタイルへというテーマで、食事・日用品・手作りという3つに絞りご自身が取り組んだことを発表されました。

またAさんは、組織や教区の垣根を超えたことで、ブロックごとのライングループが実現。また中高生練成会の参加をきっかけに、中高生誌友会の開催に繋がったりと素晴らしい事例を発表してくださいました。

ボクの事例については、明日全文アップします。実は神奈川教区のTさんが発表を楽しみにされていましたが、ご事情により聞くことができませんでした。昨日の夜、色々と気にかけてもらったことがとても嬉しかったことと、そのご恩を返したいという思いからです。

そして、最後に会長が結語でお話してくださったことは、とても勉強になる箇所が多かったので、復習の意味も込めて、明日まとめて書きたいと思います。

帰りは何と5教区合同になりましたが、新幹線内も盛り上がり、今回の感想を動画に収めることができました。編集長のゆいこさんに編集してもらいます。何はともあれ、2日間無事に引率できて本当に良かったです。ご参加してくださいました皆さんありがとうございました(*^^*)

みんな、参加してくれてありがとう!!

青年会幹部研修会1日目。投稿600日目

青年会幹部研修会1日目。投稿600日目

青年会幹部研修会、1日目が終わりました。
名古屋から新幹線と在来線を乗り継いで3時間。飛田給本部練成道場に到着。昨日のブログでも書いたとおり、明日まで青年会幹部研修会に参加しています。

青年会幹部研修会がスタート

今回も愛知に加え、岐阜・三重・大阪の青年会の皆様と一緒に来ることになりました。新幹線の中で教区・年齢・最近の信仰や、活動の喜びをシェアしよう。最近の生活を振り返って、自分の伸びしろをシェアしよう。幹部研修会でどんな学びが得られるか、などを雑談を交えながら話ししました。

違う教区のお話を聞くことで、「あぁこういう考え方もあるのか。」「え?そんな風にやっているのかー」など違った視点から物事を考えることができました。
おかげで到着する頃までには交流も深まり、とても楽しい2時間を過ごすことができました。

さて青年会幹部研修会の中身、特筆すべきは素晴らしい体験談が多かったこと。
初日は、4名の方が発表されていました。

神奈川教区のTさんの発表。驚いたのが、今年の3月で198回の誌友会を開催になること。平成15年から開催されているので、約16年。毎月続けられています。今年青年会を卒業されることでしたが、相愛会の先生に「あと2回青年誌友会をやらせてほしい。そうしたらキリが良い200回となるから」とお願いしたそう。それだけ誌友会にかけている情熱にすごく胸が熱くなりました。

大阪教区のTさんの発表では、中学生の担当を引き受けたものの、職場で厳しい先輩に仕事のことで、色々と言われ大変な思いをされたそうです。そのときに青年会の先輩方が親身になって聞いてくれたり、色々とアドバイスをもらって元気になり、今では厳しかった先輩と一番仲良く仕事をされていることを話されました。青年会活動も熱心に取り組んでおられます。

宮崎教区のSさんは教区で青年会活動がなく、委員長も不在だったが、教化部長の勧めもあって青年会行事に参加。そこから色々な行事を経て青年会委員長になられたとのこと。また白鳩会・誌友会や家庭訪問、生命学園にも顔出ししたりとして精力的に活動していきたいというお話をされていました。
原稿も見ずにリアルな気持ちをストレートに出されていたのが印象的でした。

山梨教区のKさんは、事情によりZOOMでの発表。教区青年会委員長のお役を再び受けられて活動。会員数も伸び、青年誌友会を開催したら、教区の新聞に「救世主あらわる」とババーンと書かれたそうです。それだけ青年会に期待するものがとても大きいと話されていました。お子さんが映り込むハプニングもあり、面白かったです。

研修会ではあまりお話することがなかった方とも交流することができました。
以前までは受けさせられる研修会だったけど、今回は色々と考えて自発的に意見を述べるスタイルに変わりました。素晴らしい一日目でした。

あ、明日は発表があった(笑 ブログ書いている場合じゃないーーーーー。
でも毎日書かないと寝れないので、ちょうど休憩スペースを見つけて書いている途中、発表されたTさんとアツい話に。お互いに誌友会について色々と語ってしまいました。熱量ハンパなかったー。Uさんへのバームクーヘンよろしくおねがいします。

何だかんだ言って通算600日を達成。今のところ21日間習慣化プログラムも無事に続いております。よし書き終わった!! 寒い、もう寝よう(笑


青年会幹部研修会前夜。投稿599日目

青年会幹部研修会前夜。投稿599日目

明日から明後日にかけて東京へ行ってきます。生長の家青年会幹部研修会が行われるからです。もう知っている方はいるかもしれませんが、日曜日に発表することになりました。テーマは誌友会について。

実は誌友会について話すのは、何回もやっている。
依頼を受けた時、今さらこれ以上に伝えられることはあるのか?
もっと他の方に良い方がいるのではないか?と断ろうと思っていたくらい。

でも「まっさーさんにやってほしい!!」と夜な夜な電話がかかってきたことと、愛知出身で同じ教化部で働いていたKさんの頼みでは断れず(笑
心の中で、しゃーねぇなーと思いつつ「やらせていただきます。」と答えました。

今もブログ書きながら練習中(笑

そこからが地獄・・・いや天国だった。
期日の原稿を書いて出しては、ダメ出しという名のアドバイス。もうこれ以上書けないよ。と半分イラつきはじめたところに、さらに追い打ちをかけるように、「まっさーさんならここもっと掘り下げられますよ。参加者に伝えてほしい!!」と抉られる始末。

オレの何がわかるんだよ、くそー。と思いながらも、ここから負けず嫌いのボクと踏ん張りを見抜いていたかのような展開に舌を巻きつつも、ほぼ意地と気持ちで頭から絞り出しました。ブログではこんなことないのにな(笑

とはいえ、ヒイヒイ言いながら書く姿は、さながら卒論前の大学生のよう。結局、今日の深夜1時くらいまで原稿と格闘し、朝起きてからも仕事が始まるまでの時間を使って原稿を修正しました。

久しぶりにこれでもか!!というくらい書いては直し、書いては直しをやりました。あとは、自分のリアルを伝えるだけ。ありのままとにかく、等身大の自分を伝えよう。そう思う。コトバがつまっても気持ちで押し通します。

他の発表される方もボクと同じ気持ちなんだろうなーと感じつつ、明日・明後日の研修会で他教区の青年と会えることを楽しみをしたいと思います。

さて、今から寝るまで、練習だーーーーー。


優秀な助手。投稿598日

優秀な助手。投稿598日

これから誌友会。開催まであと1時間しかないのにブログを書いている。
深夜にガッツリとブログを書く時間がないので、今書いている。ちょうど今、誌友会の準備を終えて、みんなを待っている状態。この時間が一番ワクワクというか緊張する。

この時間からブログをかけるのは、頼れる相棒がいるからだ。みんなのTちゃん。安城青年誌友会を支えてくれる優秀な助手だ。
知り合ったのは、彼女が高校生ぐらいだろうか。初めは全然話すこともなかった。近くによってもあまり喋ってくれなかったと記憶している。あれ、オレ嫌われているのかな?というくらい話せなかった。それが今では話せるようになり、慕ってくれるからありがたい。

恒例のお絵かきタイム。

実はひょんなことから、ボクと同じ地区へ住むことになった。
理由は学校に通うために下宿するため。それからボクの誌友会に参加するようになった。今では誌友会前に彼女を迎えに行って、一緒に準備している。黒板に書いているのは、絵がとても上手なので、毎回歓迎の意味を込めて描いている。

書きながら、「今日のブログのタイトルは、優秀な助手にするよー。」というと「やめてー」と叫ばれたが、もう終盤まで書いてしまったので、このままアップしようと思う。ごめんなー。ぜひ紹介したかったので(笑
毎回、安城青年誌友会が素晴らしいものになるのは、彼女のおかげだと思っている。

そんな彼女も4月から就職で愛知を離れてしまう。正直彼女がいなくなるのは誌友会にとっても、愛知にとっても痛手となる。でも自分が希望した仕事に挑戦するということで、頑張ってほしい。

いつもありがとう、つゆりん。これからもよろしくね。


生き様。投稿597日目

生き様。投稿597日目

またも衝動買いしてしまった。理由は読みたくなったから(笑
この人が本を書いたらいいなと思っていたら、年末に発売。
Amazonの評価が☆5つばかり。こんな本は、なかなか無い。

奥ノ谷圭祐著『いいねを購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方』

短パン社長こと奥ノ谷圭佑社長の存在を知ったのが、営業マン時代のとあるセミナー。取引先のお客さんに「なかなか忙しい方で滅多に刈谷には来ないから、おいでよ。」と言われたことだった。

取引先のお客さんは、エクスマという藤村正宏先生が主催している塾生さん。
エクスマとは、エクスペリエンスマーケティングの略。簡単に書くと、ただモノを売るのではなく、自分の体験を通して伝えたり、お客さんとのゆるいコミュニティーを形成して関係性を生み出す。というもの。

今だから書けるが、取引先のお客さんのことを正直好きではなかった。行くといつも値段の話と価格交渉でげんなりしていたからだ。ただ色々と勉強していて、雑談のなかで、エクスマのことを聞いた。

セミナーの内容は正確には覚えていないが、共感性を生み出すこと、発信をすることの大切さ。は覚えている。発信しないことは自分が存在していないのと同じと言っていた。

その藤村先生のお弟子さんが、短パン社長。アパレルメーカーの社長さんでもありながら、形にとらわれない手法で服以外のものも販売している。驚いたのがビールやカレー。短パン社長が発信したら瞬く間に売れてしまう。SNSで彼のブログを見ていると業種は違えどワクワクする。突き刺さる内容もたくさんある。

特筆すべきは、ブログを10年間、1日も休まずに続けていること。ボクも400日までは頑張って続けたことがあるが、限界を感じてやめてしまった。だからクオリティを落とすことなく書き続けているのはすごい。自分もこうなりたい。

そんな彼が書いた本だから、面白くないわけがない。今日は久しぶりの徹夜かもしれないな(笑