青年会が好きだから。投稿572日目。

青年会が好きだから。投稿572日目。

9月1日から愛知教区青年会の事務局長を再び3年やることになりました。ただ正直、ハイと言いながらもどこか心の中で「本当のハイ」を受け入れられなかった。
理由としては、数多くの喜びもあるが、色んな思惑や葛藤、踏ん張らないといけないこと、調子が上がらないムードでも自分や相手を鼓舞していくこと。”愛知”という名前に求められる看板の大きさ、この2年やってみてそれをものすごく感じたからだ。正直、引き受けることに迷いは相当あった。ただ、必要とされる限り、体力や精神力の持つ限りは頑張ろうと思い、今回も引き受けさせていただきました。それぐらい誇りと重責があるポジションだと感じている。

もうボクにとっても、最後の3年間になるだろう。実際は、終わっても卒業まで残り2年ある。でも、もうこの1期だけと決めた。この3年に自分のすべてを出し切っていこうと思っている。出し切った先にきっと答えがあると信じています。

色々とああしたい、こうしたい、こうやっていきたいということもめちゃくちゃ考えた。そうして至った結論が目の前のことに全力で愛を出すこと!!
それしかない。それしかできないって言ったほうがいいのかもしれない。愚直だけど、コツコツやることの大切さを教えてくれたのは、ボクが出会ってきた人たちの存在。

ボクが最も尊敬する営業マンの一人だった、名倉さんはとにかく面倒見がよく、お客さんのところをコマメに回ってはお世話活動(営業活動)をされていた。こんなに時間をかけてやって成果が上がらないじゃんと思っていた。でも先輩のあとを引き継ぐと、よく分かった。会う人会う人が名倉さんのことをとても信頼してくれて、何か困ったときは一番最初に名前が上がるほどだった。

そういう自分には生きる教科書があった。ボク自身はあまり人を褒めることは正直得意ではないし、やる気を引き出すことにも長けていない。でも、自らが行動し続けるところを見て、誰かに多くの人に共感してもらったり、行動に移してもらえる人が一人でも生まれてもらえたら嬉しいって思ってます。

とはいえ、色々な事情から青年会を離れる人が多い。就職、結婚、自分の生活の変化。そして青年会に魅力を感じなくなったなど、理由は様々。でも必要な時に戻ってくると信じている。だけど、自分から離れた人は戻ってくるのにどうしたら良いか迷ってしまう。だからこそ、そういう人の受け皿を作って、もう一度輝けるようにしていきたい。教化部に来られなくても、生長の家の信仰を行っている人もいる。青年会の中心メンバーとなっていなくても、お願いしたり会いにいけば、快く迎えてくれて話してくれる。繋がりができたら、あとはその繋がりに任せたい。そこの仲間たちが中心となって、その方が輝くからだ。ボクの役目はそこまで繋いであげること。

繋がりができるまでは、相手のことを思いやったり、調整したり、辛抱強く我慢したりと色々とやり続けないといけない。一人でいたり、ちょっと距離が離れている人、輪に溶け込みにくい人。関係性を築くには時間もかかる。何でこんな骨が折れることをやっているんだ?と頭で考えてしまっているけど、、それを打ち消すのはやはり”行動”しかない。事務局として周りをまとめていくことも大切だけど、やっぱり一人の活動者としてもできるだけ行動していきたい!!
日の目を見るのはボクではなく、目の前の人。こういう人に再びスポットを当てて元気になってもらう。全員は難しいかもしれないけど、この3年でなるべくそういう人たちをたくさん作れたらいいなと感じています。

だから周りに結構心配されることもあります。顔色も悪いときもあったり、しっかりと一人ひとりにじっくりと向き合うことで自分の時間がほぼなくなることもしばしば。正直ストレスも溜まることもある。活動をやってくれるみんなに申し訳ないと思うこともあります。
それでもボク自身は何か全力に取り組むこと、我武者羅にやることでここまできた。こういう人生を歩いてきてしまったので、理解されにくいのは否めない。それだけ自分自身が一番青年会が大好きなのだろう。今あるところに人生をかける。こういう男なんだ。いつか分かってもらえるといいな。

みんなの笑顔があるから、ボクも頑張れる。

それでも弱気になってしまったとき、夜中にも関わらず、尊敬できる方からメールをいただいた。
「そのままでいいんだよ!無理しないで!ってきっと多くの方に声かけてもらってると思う。でもさぁ、自分が信じた通りにやってみたらいいんだよ。失敗を恐れずにさ、堂々と自信を持ってチャレンジしてみて。何かを成し遂げた時、結果はどうであれ、きっと大きく生長出来てると思う。」

分かってくれる人はいる。こういうのが信仰のチカラなんだろう。神様を信じ、己を信じ、目の前の相手を信じる。
未来への種まき。人と人とが繋がる種まき。いつでも誰でもどこからでも安心して戻ってこられる場所(青年会)を護り、そして生長すること。それがボクの使命。っていつも固すぎか(笑
明るく楽しく、笑顔いっぱい愛知教区青年会事務局長として、残り3年頑張ります。皆さん、宜しくお願いします(^^)


減量。投稿571日目。

減量。投稿571日目。

またブログ、書きたくなった。と思えるようになったのは、プロカメラマンの永谷さんの投稿が大きい。お仕事で取材したり、文章を考えて記事にしたり、投稿したり大変ながらも、すごく文章からは楽しそうな感じが伝わってくる。

”あ、こういう感覚忘れてた。”って言ってしまえば、それまでだけど、前は文章で青年会活動の喜びを伝えていたよな。と思い立ったので、パソコンに向かって書いてます。以前、5月から取り組み始めたと書きました。それは何かというと、食事制限。二言でいえば、「減量」というやつだ。

あんまり大きな声では言えないが、食事制限をはじめるまえは、昼間はラーメンと大盛りご飯、おかずを盛々食べて、夜は家のご飯を食べて、寝る前にソフトクリームを毎日食べながら、お菓子とジュースも飲んで寝るという、今思えば恐ろしいくらいの生活をしました。加えて、信徒さんからの愛念でお菓子をいただいたり、休みの日になると、リミットが外れて、これよりも倍以上に食べてしまう始末。そうしたら、体はどんどんと大きくなってしまったのは言うまでもありません。

4月の青年会全国大会で人にあったとき、「太った??」と言われたりビックリしたような顔で見られたのは鮮明に覚えている。そんな自分が一念発起して、減量にチャレンジ。ご飯類はもちろんのこと、お菓子、ジュース、果物、揚げ物は極力ダメ。食べていいのは、体にいいとされる青魚や野菜、豆類、ナッツなどの栄養素の高いもの。
太るのは本当に簡単だ。これの逆をやればすぐに太れる。でも痩せるのは本当にキツイ。これを毎日の生活に取り入れるのだから、最初は体の抵抗がものすごくあった。
まるで修行僧のような世界。これをやるために、自然と昼間は弁当生活が始まった。

こんな感じの食生活。

本当に必要なもののみを体に取り入れていくと、1週間か2週間後には体重もすっと落ち始めて、体のだるさが嘘のようになくなりはじめました。食えないのではなく、必要以上に取りすぎない。ただ、これだけ。もちろん運動もトレーナーさんに見てもらいながら、少しずつやりはじめました。
あとで勉強して分かったことだけど、お菓子やお米に含まれる糖質(糖分)は必要以上に取ると、血糖値がグングンと上昇し、気分が高揚するが、時間とともに急激に降下し、体だったり精神的なバランスがグッと低下してしまったりする。ジェットコースターと思ったら、納得されるかもしれません。白砂糖は、マイルドドラッグとも呼ばれるほど中毒性が高いもの。しかしながら、それを完全に避けるのは本当に難しい。

会合や打ち合わせ、来客などでどうしても出されるときは仕方がないが、コンビニやスーパーなどで販売している砂糖どっぷりのあまーいお菓子や菓子パンには誘惑が
たくさんあります。美味しいものほど、裏側には体にとって危険なものがたくさん含まれています。本当に自分に必要か?ストレス食いでコントロールを失っていないか? など、見極めて、自分の体にとって必要なものは何かを考えるときも時には必要です。

ストレスによる、どか食いはマジで危険です。健康は一生の宝物。少し軽くなった体が喜びを感じるのは、自然のモノを自然に取るようになったから。ホントこれに尽きます。一度、皆さんも食生活を見直してみてはいかがでしょうか??


光明実践委員の喜び。投稿570日目。

光明実践委員の喜び。投稿570日目。

7月突入しましたね。自分磨きのこと、大きく変化がありました。今まで臆病になってやらなかったことも、一歩踏み出してやればどこかで形となって現れてくる。5月中旬から始めたことが思ったよりも自分を前向きに変えてくれています。休日は予定がない限りはダラダラしてしまうことが多かったのですが、しっかりと自分の予定をつくり、自分の足で行動する。やることが増えて、充実した生活を送れています。もちろん青年会活動も充実しています。

そういえば、嬉しいことがありました。先週日曜日の夜、人生2回目の出講(講話)を行ってきました。先月、ブログでも書いた通り、初めての出講で緊張のあまり何を話してよいか、何を伝えたらいいのかが分からず頭が真っ白になってしまいました。だから今回も正直いえば「次の出講できちんとできるかなー。という一抹の不安がありました。今回のテーマが先祖供養ということもあって、自分が父親に感謝できた話や、浄心行を通して得たことなどを伝えようと思いました。いつも通り、早めに原稿と話すことを準備しました。Uさん宅は、初めて行くところだったので、、ナビを使って行ったのですがまさかの家がない状態。(笑 同乗者の方に、サポートしてもらいながら到着しました。誌友会の前にご飯を食べながら、談笑。初めていくところだったのか、いつもの知っているメンバーだからか、すごくはじけてしまって、なぜかものすごくテンションあがりまくりました。(恐らく、普段のボクを知っている人は、え?こんなんなるのーーーと驚かれるくらい)

しかし、ご飯を食べ終わったあとは、原稿を見ながら、こうやってこうして喋ろうと頭のなかでグルグルグルグル状態。参加者の方に、「とても楽しみにしてますよ!!まっさー大先生」と言われるたびに、「やめてよー。」と笑いながらも緊張感マックス。
席について、近況報告を一通りやったあとに自分の講話の時間がやってきました。今まで和気あいあいだった雰囲気が一気にしーーーんとなって、「あー、これから頑張って話して、、、しっかりと伝わるかしら。」など漠然なままスタートしました。普及誌を使って読んでもらったあとに講話を始めました。最初は、原稿を読みながら頭で話そう、話そうとしていたのですが、出だしはうまく行かず変な空気が流れてしまいました。ところが黒板を使いながら段々としゃべっていると、最初考えていたことと違うことが浮かんで言葉がどんどんと出てくるようになりました。体験談は包み隠さずに話しました。20分くらいは使ったかと思います。それでもリアルな自分を知ってもらいたくて話しました。最終的にどうまとめたか覚えていないくらい、キレイに着地できました。

今回は先祖供養についてお話ししました。

終わったあとに感想や質問の時間がありましたが、高校生の女の子から「分かりやすくて良かった。」と率直に感想を言ってくれたことがとても嬉しくて、他の参加者の方からも、おおむね好評をいただけました。本当に頑張った甲斐がありました。マジで嬉しかったです。
誌友会が終わって雑談をしているときに、初めて光明実践委員になって良かったなと心の底から思えました。自分の中でうまくできた喜びが湧き出でました。
講師会に所属していて、出講するのが嫌だ。ということを耳にします。その方の気持ち今ならすごく分かります。自分で考えてきたことが伝わらなかったり、全然違う流れになってしまってどうしようとなってしまうこともあるでしょう。特に1回目のボクがそうだったように、不安になってしまうこともあるでしょう。それでも経験していくしかないと思います。自分が誌友会を初めて開催したときも色々とうまくいかないことが多かったです。青年会活動にも身が入らなくて辞めてしまいたいこともありました。でも頑張っていくうち、人と向き合っていくうちに少しずつ自分自身が出せるようになりました。人前で話すのは今も得意ではありませんが、、まぁこれからもコツコツと頑張っていきたいと思います。

7月13,14日の中四国青年一泊見真会にお手伝いで行くことになりました。知らない方が多いと思いますが、、自分の経験や体験、想いを通じて少しでもお役に立てられたら幸いです。


誌友会に初出講しました。投稿569日目。

誌友会に初出講しました。投稿569日目。

こんばんは、まっさーです。自分磨きも1か月目に突入。先週から休みの朝に、1週間の振り返りというものをやり始めました。1週間を通して振り返ってみると、自分が忘れていたことを思い出したり、来週にむけてどうやっていこうかと考えたりととても充実した時間を見つけることができました。何もない休みの日を朝から有効活用できています。
昨日、初めて青年誌友会に本講師として、出講しました。15分の前講を終えましたが、一人でみんなの前で話すのは昨日が初めて。1か月以上前から会場リーダーとこういうテーマで話してほしい!!と打ち合わせをしました。こんな感じでいいのかなー?ここはこうやって説明したら分かってくれると思うかなと想像しながら作りました。家庭訪問や個別で会ったときは、その場で話を聞いてアドバイスを出すことができるのですが、いざ自分が人の前にたって話そうとすると、ちゃんと事前に準備しないとテンパってしまい、来てもらった参加者に伝わらなくなってしまうと思っていたからです。

テーマは人間関係(主に仕事における人間関係について)でした。ボクが前職で行った経験や苦しさがとてもマッチしていて、これをしっかりと伝えることができたらきっと日々の仕事や生活も変わる!!それぐらい自分では自信を持っていました。
仕事終わりに時間を計って、講話の練習もしました。恐らくこんな感じで進んでいくんだろうなーという予想をしながらやりました。

しかし、実際に出講してみると、参加者一人一人思いがあり、話す内容も様々。自分が考えてきた内容は本当に大丈夫なのか?ととても不安になりました。一番困ったのが、こんな質問があったときに講師としてどうこたえていけばいいのだろう。ことでした。黙って色々と聞いていましたが、筋違いのことを言ってしまったら会場がおかしくなってしまうだろうなと思っていてもコトバに出せませんでした。話の途中で、似たような境遇のことが聖典に載っていたのを思い出して、「じゃあ、ここを読んでみようか。」とみんなで読み終わった後も、じゃあ、この後どう繋げていけばいいのか、まったく思いつかずにしどろもどろになってしまいました。自分が事前に準備して考えたところで、ここはたぶん伝わるだろうと思って、「これがこうなって、こういう風に考えたら気が楽になるよ。」と説明をいれても、ピントがずれてしまったのか、「うーん、そうならない!!」と言われてしまいました。

え、こんな状況想定してないんですけど・・・。と頭が固まってしまい、次に出てくる言葉が「え、、、っとだから・・・」とフリーズ状態。一体どこから説明していいのやらと完全に困ってしまいました。毎月ボクの誌友会に来られる講師は、近況や体験からうまく引き出して、それを講話を繋げているのですが、いざ自分がやってみると本当に何も出てこない!!!(笑 俺ってこんなに喋れなかったっけとちょっとブルーな気分になりました。

幸い、参加してくれているメンバーがほとんど知っているメンバーだったので、盛り上げてくれたり、話の途中で「ごめん。最初から話しはじめるね。」と言えたのですが、これが初めての参加者がいるところだったら、どう思われてしまったのだろうか。次につながる誌友会を心掛けているボクにとって、とても苦い経験でした。最終的には参加者の一人の方の悩みをみんなで聞いて、シェアして、着地点を見出すことができました。嬉しかったことは、自分の思わず言った一言がよくて、「まっさーさん、それでいいんですよ。そのどっしりさがいいんですよ。」と言われたことです。これならいつもボクがやっていることだから、こうやっていけばいいのかと次へのヒントが見つけられたことは大きな収穫でした。

また7月初めの誌友会と7月の中高生練成会でも講話を行う予定です。生長の家の講師になる!!と決めてから、4年。ほろ苦いデビュー戦ではありましたが、自分がどんどん話していくスタイルよりも、みんなの話を聞いて、そこから夢や希望、毎日の生活に活力が湧くような講話ができるといいなって思います。まだまだ新米なので、みなさん温かいココロで私をお迎えください(笑

日曜日に結衣子様が参上!!全員分かった方はすごい(ボクと亀ちゃん以外はわからなかった)

深い愛を学びに来ませんか? 投稿568日目。

深い愛を学びに来ませんか? 投稿568日目。

気が付くと、5月は誕生日の決意表明を一回書いただけで、ほとんどブログを更新することができませんでした。いつもの言い訳です。すみません(笑
今、ボクが目指している目標が思ったよりも大変で、ココロと体が慣れるのにこの1か月苦労しました。自分を変えることは簡単ではありませんが、みんなから、まっさーは変わったと思ってもらえるように頑張っていきます。

さて、7月26日~28日に中高生練成会を開催します。練成会とは泊りがけで真理を学んだり、周りの仲間との交流を深め、人間神の子の教えを学ぶ合宿みたいなものです。今回、いつも事務局ポジションであったボクがはずれて、カープ大好き亀田さんが事務局長をやってくれることになりました。ちなみにボクがどこを担当するかと言うと、班長です。思えば、31歳のときに生長の家に触れて入ったものの、だいたいの役割は事務局がほとんどでした。縁の下の力持ちポジションでみんなの様子を陰で支える側。しかし運営委員長である鈴木さんの強い後押し!?もあり、班長をやることになりました。35歳、初めての班長です。「俺にできるのかーーー?」と内心、不安はよぎりましたが、一人一人と向きあっていくことには変わりありません。多少のジェネレーションギャップは感じると思いますが、誌友会や家庭訪問で接しているようなフランクな感じでやっていけたらなと思います。

今回のテーマは「深い愛」。”愛”と聞くと、とてつもなく広く大きなものを想像するかと思いますが、たとえば友達への愛、家族への愛、周りの方への愛など多岐にわたります。生長の家の信仰を通して、参加してもらう中高生が日々の生活の中で愛を出していってもらえたら嬉しいです。ボクが中学生、高校生のとき、話ができる友達はいましたが、深く話せる親友はいませんでした。なぜかと言うと人付き合いというものがすごく煩わしかったからです。小学生のときにいじめられていた経験から、別に自分のことを分かってくれなくても、俺は一人で大丈夫!! とすごく強がっていました。結果、どうなったかというと今、ものすごく後悔しています。もっと人のことを頼ったり、相談できる人がいたら、もっと人生違っていたのではないかと。今は慕ってくれる人や頼れる人がボクのなかにでもいます。だからこの経験を伝えることも私の役目だと思っています。後悔だけはしてほしくないので。中高生のときにできる友達は一生の友達です。仲間です。この時期にしか出会えないご縁もあります。一人でも多くの中高生が目の前の相手へ優しさ、愛を出せるようになってくるよう頑張っていきます。

中高生練成会チラシ。鈴木くんの想いがたくさん詰まっています。ぜひ一読ください。

中高生の皆さんのご参加を心よりお待ちしてます(=^・^=) 


挑戦。投稿567日目。

挑戦。投稿567日目。

5月16日に35歳になった。
これを機に、今まで諦めていたことにもう一度挑戦しようと思っている。というかチャレンジをスタートした。実を言うと・・生長の家の活動以外で、自分の私的なことを頑張ろうと決意したことはあまりなかった。もちろん青年会活動も大事だけれども、すべてを犠牲にするのはもう辞めようと決意した。具体的に何をやり始めたかは、まだ言えないが、目標達成に向けて、諦めずに頑張っていこうと思います。

色んな人から言われ続けたことに対して、重い腰をあげてようやくやる気になったことが嬉しい。本当にそろそろ、やらなきゃ。いつかやろう!!と思っていても、キッカケをつかむことができなかった。元々ボクは変化をあまり好まない人間で、常に自分なりのルーティンを持っていた。例えば、朝は何時におきて、トイレにいって、きちんと時間通りに出る。それがちょっとでもずれてしまうと、「あ、今日は何か違うな。」とブルーになるくらい。それぐらい繊細なイメージ。それが、ちょっと見方と方向を変えることで、今まで出会ったことのない世界に目を向けることができた。それは誰かの一言とかが、ずっと心に残っていて、ようやく芽が出てきたのだと感じました。

先日も、誌友会で他人の為に動くことはいいけれど、自分をあまり大切にしていないのではというコトバに、竹を割ったような感じがした。自分がシアワセになる、心からのシアワセって一体何なんだろう!!って思ったときにこれだ!!と改めて気づかされた。自分を大切にし、心から願うことで周りもシアワセな雰囲気につつまれる。真理は頭ではなく、自覚。自分から覚ることで体得できると聖典にも書かれていた。

これから時間をかけて、新しい自分に生まれ変わるために、苦しい道のりになるかもしれないが、きっと今よりも素晴らしい自分になっていると信じて。

先日、お土産でいただいたもの。ココロ優しきベイマックス。誰からも愛されるキャラでいよう。


青年会全国大会を迎えるにあたり。投稿566日目。

青年会全国大会を迎えるにあたり。投稿566日目。

先ほど青年会の秘密のページにも書きましたが、ブログにも書こうと思います。もう秘密事項じゃなくなりますね(笑
ありがとうございます。愛知教区の秋元雅晴です。今、感じていることを書きたいと思います。私は、昨年の青年会全国大会、受けることができませんでした。4月中旬から5月の前半まで、体調不良と精神的にきつくなってしまい、職場にすら行くことができませんでした。まさか生長の家を学んでいる自分が・・とショックを受けたたくらいでした。

青年会全国大会当日も、早く終わってほしい!! もう青年会には関わりたくない、教化部も辞めようと思っていたほどでした。それぐらい自分が追い込まれていることに気が付きました。幸い、色々な方のサポートやフォローを経て、復活することができました。そこからの一年は、ありがたいことに、さらに新しく出会った方や普段お話することの少なかった会員さんともお話する機会も増えました。あの時、辞めてしまっていたら、新しく出会った方との交流や活動の喜びに出会うことはありませんでした。それぐらい充実することがたくさんあったからです。

そこを乗り越えて、迎える青年会全国大会。とはいえ、4月の前半は、かなり精神的にきつく起き上がれないときもありました。頑張らなきゃと思えば思うほど肉体が苦しくなったりもしました。布団から一歩も動けないときも正直あったほどです。でも、今年は乗り越えました。何だそんなこともできないのかと思うかもしれないけれど、昨年のトラウマを乗り越えた自分にとっては、大きな前進です。

今回初めて参加される方がたくさんいます。青年会全国大会に参加して、何か一つでも得られるものがあったら嬉しいです。私自身も何年か前の全国大会で、生活に役立つヒントを得ました。今回は引率の責任者ではありますが、一参加者としても久しぶりの青年会全国大会を楽しみたいと思います。当日、どうぞよろしくお願いします。

パンダのような愛くるしさも当日持っていきます(笑