あきもっさん、おかえり。投稿536日目。

あきもっさん、おかえり。投稿536日目。

お久しぶりです。まっさーです。まーどこから話しましょうか・・・。
なにせ1ヶ月ぶりのブログ更新ですから、今までどうしていたんだよーと思われるかもしれません。ようやくブログを書く気持ちが沸いてきましたので、書いていきます。
実は4月の後半から、5月前半まで体調不良でしばらく仕事もお休みしていました。先々週の日曜日から仕事復帰してます。その間、色んな方から生存確認のメールやご心配、励ましの連絡をいただいたりしました。ご心配とご迷惑をおかけしました。

仕事を休む前から、体に色んな痛みが走っていました。足や首、肩、お腹や心臓あたりなどが早い話が全身がズキズキと痛みまくり。さすがにこれはおかしいと言う状態が続いたので、病院へ直行。
しかし、色んな病院へ検査しても異常なし。「あなた、どこも悪くないですよ。」 「え、そんなことはないでしょう。もっと調べてください。」「とりあえず様子を見ましょう。健康体そのものですよ。」

だから職場に電話するときも、苦渋の決断でした。「どうしても、体が痛くて教化部向かないんです・・・。本当にすみません。」どこも悪い病気はないのに、無気力な状態。「しばらく休みなさい。」と言われて、とりあえず休みを取りました。
あーボクは一体何やっているんだろう・・・。職場へ向かう途中のコンビニで、ひとり涙を流したりもしていました。

休んでいるときは、それは色んなことを考えました。
「この仕事を辞めて、新しいところへ行こう。」
「こんな体力と気持ちのまま、青年会を続けていても仕方ない。」
「ボクがここにいる価値って何なんだろう? 事務局長なのに、こんなんでいいのか。」

休んでいる時は、朝、ゆっくり起きてボーッとして、わけの分からない未来のことや過去のことを考えては悩んだりの繰り返し。布団の上で、天井を見つめながらボーッとする。普段の自分とは180度違う自分。
あれだけ毎月開催していた誌友会ですらも、もういいやって状態でした。中止の連絡をすると、毎月来てくれる女の子から「なんで今月誌友会を開催しないんですか?」と涙入りのアイコンが入ったメッセージをもらった時は胸に突き刺さるものがありました。あぁ、ボクはなんでこの子たちの為に誌友会をやらずに、家に閉じこもっているんだろう。と唯々申し訳ない気持ちと情けない自分をさらけ出したくない気持ちでいっぱいでした。

さらに青年会全国大会の開催の時も、なるべく時計やスマホを見ないようにして、ただひたすら時を過ごすのを待っていました。この日が早く終わって欲しい。でも全国の子がみんな頑張って発表していたり、交流したりしているのに、なんでボクだけが自宅で寝ているんだ。結局ボクがいようがいまいが、関係ないんだ。とにかくこれが終わってしまえば、もう青年会に関わることもなくなるだろう・・・なんてことも思っていました。それぐらい体力も気力も落ちきっていました。

5月に入って、体力面や自分が思っていることなどを相談しました。正直言えば、教化部も青年会も辞める決心もして向かっていました。思いのたけをぶつけてみると・・・こんなことを言われました。
「今、辞めたら中高生の子が悲しんでしまう。その中高生たちはどうなってしまうのか?分かるかな? 色々とあるかもしれないが、今が踏ん張りときだ。君がいるから、青年会が落ち着いている状態。だから事務局長を続けて欲しい。」これを聞いたときに、グッとくるものがありました。でも人が一人いなくてもきっと大丈夫だろう。自分の中で気持ちがブレブレの状態で、戻って今までどおりできるのかと葛藤がありました。
それでも「休み明けに元気な顔で待っているから。頑張って来なさい。」と教化部長が背中を押してくれて、とりあえず前にだけは進まなきゃと思うようになりました。

ゴールデンウィークの3日間が経ってから、久しぶりにスーツを着て教化部に向かいました。いざ近づいてくると思い切りがつかない。車で教化部の近くを何度も近くを行ったり来たり。今日行かなかったら、一生行けないだろうなと思い切って駐車場の中へ。青年会の幹部に会うのも久しぶりな状態。一体どんな顔して会えばいいのかなーと内心、不安だらけ。それでもいつもと変わらない普段通り接してくれたのがどれほど嬉しかったことか。 「あきもっさん、お帰りなさい。」と。

復帰して一週間ほど、仕事や会員さんと接していて、ここに戻ってきて正解だったのではないかと思います。休んだことで気がついたこともあるし、この人はこんな一面があったんだなぁなど新たに発見できたこともありました。
何より中高生や普段接している子どもたちの笑顔がとても嬉しそうだったような気がします。家でモンモンとしていたことが何だか馬鹿らしくなりました。自分の見方が変われば、世界が変わるんだって。

休んでいる間も色々とサポートしてくれた皆さん、励ましのメールくれた皆さん、復帰してからも変わらない愛で包んでくれた信徒の皆さん。そして、いつも通りに接してくれた青年会のみんな、ありがとうございました。メッセージや電話など返すに返せなくて、ホントに多くの方から温かい言葉をいただきました(*^o^*)
たぶん色んなものを抱え込みすぎて知らず知らずのうちに、取り返しのつかないくらい参っていたのかもしれません。特に自分が忙しいとき、生長の家の信仰を頭の中でやっていても行動が正反対の方向を向いている。気がついているようで気がつかないんです。これは本当に怖いこと。無理に自分以上のものを出さずに、頼れる仲間や環境を整えていく。 これホント大切です。私は少しつまずいてしまいましたが、これが分かっただけでも良かったと思います。

話は変わりますが、先週の土曜日に青年会の有志でそば打ち体験を行いました。

そばうちの様子はまたアップします。

その帰りに、さえちゃんからとても大きなプレゼントをもらいました。「いいから、開けて見てみてよー。」
そこには、くまのぷーさんのアルバム。え?何だろうと、開いてみると、たくさんの青年会の方からの温かいメッセージと誕生日のお祝いが書かれていました。おいおい泣かせてくれることするなよ・・・。
もらった時は、みんなに見られないように顔を下に向けていたけど、ホント、泣きそうになった。一所懸命頑張ってくれたんだろうなーって言うのがすごく伝わってきました。あぁ、まだまだこの子たちの為に笑っていなきゃいけないな。と考えさせられました。ありがとう。来年は全国大会もちろん参加しますからねーーーーー。

いうわけで、私、まっさーは青年会事務局長、そして生長の家青年会員としてまた笑顔で活動していきます(*^o^*) 

みんな、お待たせ。


自然の恵みフェスタ開催。投稿535日目。

自然の恵みフェスタ開催。投稿535日目。

先週の日曜日に、愛知県教化部にて自然の恵みフェスタを行われました。

自然の恵みフェスタスタートです。

会場にはたくさんの手作り作品が並びました。ここに紹介するのは一部です。

手作りの小物

練成会のお誕生日月にも配られるNさん作の手作りスタンド。
たくさんの人が詰めかけました。

青年会のメンバーも各所でそれぞれの特技をいかした出し物を提供してくれました。

昨年に引き続き、大好評のおみきとおみほのお抹茶コーナー。

自転車の良さを紹介してくれた良平くん。
自転車の良さを紹介してくれた亀田くん。コスプレがよく似合う。
これは反則ですね(笑
ノーミート(肉なし)の料理コーナーも充実してました。
隆史くんが一所懸命料理を作っていました。
女性青年の皆さんも、美味しい手料理に舌鼓をうっていました。
そんな皆さんの様子を聞いて回ったのが、司会の太田さんと進行役のたっちゃん。
バスボムを作って説明するひなちゃん。楽しそうです。

午後からは「縁-JOY発表会」と題して、この日の為にたくさんの方が出し物を練習していました。

舞台上でスタンバイする中高生達。これから一体何が始まるのでしょう・・・。

さー元気よくいくぞーーーーーー!!!!!

よさこいの始まりだーーーー。

実は、中高生のメンバーは春休みを利用して教化部に練習。中学生でよさこいが上手に踊れる女の子に教えてもらいながら、ぐんぐんと上達。

発起人の一人であるさえちゃん。こんな感じでノリノリです。

創作童話の朗読もありました。

そんなこんなで各所は大盛況のうちに幕を閉じました。参加者も昨年より増えているということでした。ありがたいことです。

何のコスプレか当てたあなたはすごい(笑。


4月になっちまったよ。投稿534日目。

4月になっちまったよ。投稿534日目。

おはようございます、まっさーです。えーと気がつきましたら4月に突入しておりました。先月のブログ投稿の頻度を見ていて愕然。3月は4回しか投稿していなかったのですね。あぁ、ホントにごめんなさい。週刊雑誌の漫画家なら即、クビレベルの怠慢ぶり。そんな、だらしない自分に喝を入れてくれたのがこの本。

谷口雅春先生著『幸福をひらく鍵』

著書の中にこんな言葉がありました。

たとい、あなたの環境が耐えがたい困難なものであっても、その環境に感謝しなさい。それはあなたの過去の心の影を映して見せてくれていてくれるものであり、あなたの魂に反省の機会を与えてくださるものであり、あなたの「我」が行詰ることによって、神の方へ心を振り向ける契機となるのであるからである。

これを読んでいると不思議と心の底からやる気が湧き出てくるんです。ちょっと違う方向を向いていたんだなと気づかせてくれる。自分でも気がつかなかったけど、本当に困った時は手を差し伸べてくれる人がいるってこと。それを忘れちゃいけないな。

とはいえ、社会人13年目。やるべきことはきちんとやってますからね(笑 毎月作っている「浄円月通信」。その4月号が完成しました。

乙女チックなデザインになってしまいました。

裏面は2月に行われた青年会中央委員会で料理を作ってくれたことや合同誌友会の様子を書いてみました。

今見ても楽しい雰囲気が伝わります。

青年会の全国大会も近くなってきたので、参加の確認や行程表も作っているのですが、思い出に残る1日にするにはどうしたらいいのかなって考えていたときに、手元に思い出がいつまでも残ったらいいよなーって浮かんできました。そうしてできたのがこれ。

全国大会のしおり。編集、構成、印刷、総合プロデュースもやってます(笑。

まっさーの4月はこんな感じでスタートしました。末長く温かくブログも私もを見守っていただけたら幸いです。よろしくお願いします( ´ ▽ ` )


青年会への架け橋。投稿533日目。

青年会への架け橋。投稿533日目。

先週の日曜日に生命学園合同卒園式が行われました。生命学園とは小さい頃から生長の家の真理を学び、そして子供達が伸び伸びと成長していけるよう学べる場所のことです。小学校6年生となった子供達は、それぞれ学んだ生命学園から卒園して、新しい門出を迎えます。合同卒園式が終わった後、中高生が卒園生たちを笑顔で迎えるイベントが行われました。

司会は、連盟委員長のゆいちゃん。

笑顔で子供達に語りかけます。

最初に行なったのは神の子さんゲーム。
このゲームは、「神の子さん、神の子さん、○○してください。」と1回目に言った時にはその通りに行う。だけど、2回目に「神の子さん、神の子さん、××してください」と言った時にはその言葉通りにはやってはいけないという単純なゲーム。

ゆいこ、亀田くんコンビが説明。

最初はゆっくりと行なっています。まだまだみんなついてこられます。
みんな楽しそうです。

だんだんと、スピードアップしてきて「神の子さん、神の子さん、××してください!!!!」
じっと我慢(笑 危ない危ない。

ゲームで場が少し和んだところで、お互いに自己紹介を行いました。

円になって卒園生を歓迎します。

さえちゃん
寺島くん。
たっちゃん
たにさん。
育成指導部長の鈴木くん。

その後、ジュニア友の会について、佐愛子ちゃんが説明を行なってくれました。
実はこの時、ちょっとしたハプニングが起こりました。なんと準備していたプロジェクターが突然消えてしまって、動かなくなってしまいました。
ちょっと不安そうに見つめる、さえちゃん。会場の子供達もどうしたのかなーと見守る感じ。直している自分もちょっと焦り気味。でも中高生や育成の子達が機転を効かせて子供達に声をかけて場を和ませます。ホント、頼りになります。プロジェクターの調子も戻り再開です。

活動を発表するさえちゃん。

ここからどんな風にお話してくれたのか、ちょっと抜粋して書いてみます。(さえちゃんがしゃべっている雰囲気は想像してくださいませ。)

ありがとうございます。私たちは、月に1度日曜日に活動しています。まずは、私がそこでどの様なことをしているのかをお話します。初めに普段の活動を紹介します。1つ目は生命学園訪問です。生命学園訪問に行くことで、練成会などに繋げることができます。2つ目は、誌友会です。誌友会は生長の家の教えに触れることができる場所です。わかりやすく言うと中高生にとっての生命学園みたいな感じです。生命学園が終わった後、中高生とその生命学園の5・6年生を交えて行っています。私の家とゆいちゃんの家でも行っているので、興味があれば声を掛けてください。私の誌友会には、小学生の子もいっぱい参加しています。「兄弟いることかは一緒に参加もありかも・・」

次に不定期に行う活動についてです。

1つ目は、家庭訪問、電話推進です。緊張するけど仲間との会話が楽しかったり、たまにしか会えない子と会えたりするので頑張れます。2つ目は、クリーンウオ-キングです。教化部周辺を歩いてゴミ拾いをします。地域の方々に暖かい言葉を頂いたり、きれいになった道を見るとスッキリします。3つ目は、青少年練成会の班長さんです。小学生練成の班長さんは、仲間との交流を深めるだけでなく学校では、学べないことを学び体験する事ができます。わたしにとっては年の最大行事ですね!!

そして、この合同卒園式ではこれからメンバーになる子としっかりとふれ合います。谷合さーん!!この合同卒園式ってどんなことするの~??

しっかりと答えるタニーさん。

そのあとにみんなのことをお世話してくれるメンバーの紹介などを行なって座談会へ移りました。ちなみに私は、パソコンとにらめっこしているくまさんだそうです(笑
さえちゃん、しっかりとお伝えしてくれてありがとう。
グループに別れて、卒園生の子供達と話し合いました。

質問は、自分の興味・関心ごと・今、はまっていること・12年間生きてきて印象に残っていること・自分自身を漢字一文字で表すなら・好きなお菓子・テレビ・歌手などなど。

笑うゆいちゃんと子供たち。
笑顔で子供の声に耳を傾ける寺島くん。
子供の興味の話を引き出す亀田くん。
うーん、そうかなるほどなぁという感じで優しく話す鈴木くん。

卒園予定は10名で、そのうち4名の子供が参加してくれました。少人数ながらもすごく温かい雰囲気に包まれました。また別の場所では内田委員長と太田副委員長が保護者の方とお話をしてくれて、ジュニア友の会に入ったらどんなことを行うのか、子供達にどうなってもらいたいかを説明してくれていました。予定では参加してくれた卒園生は青年会へ入会してくれるそうです。さらに良かったことは、卒園生で来ていた子のお姉さんが青年会員になっていないことがわかって、今回入会へと繋がりました。その子は高校生で、ゆいちゃんやさえちゃんも自分のことのように喜んでいました。ホント、良かったね( ´ ▽ ` )
子供達と中高生、そして新しい方達との架け橋が繋がれた一日でした。


数字では分からない、誌友会の雰囲気。投稿532日目。

数字では分からない、誌友会の雰囲気。投稿532日目。

ご無沙汰してます。先週の土曜日に前々から約束していた誌友会に初めて参加してきました。日進の小川さんのところで開催している青年誌友会。一度は行ってみると言いながらも、都合が合わず昨年いけなかった会場です。今年は自分の中で、愛知の開催している誌友会に一度は全部参加できたらなと感じています。みんながどのような雰囲気で誌友会を開催しているのか、名古屋からも安城の青年誌友会に来てくれる方がいるので顔を出してみようと思ったことがきっかけです。

今回行った、日進青年誌友会の特徴は会場リーダーのお母さんが作ってくれる料理が自慢です。

旅館の定食のようでした。お代わりしちゃうくらい味しかったなぁ。

会場リーダーになって、思うこと。それは参加してくれる方の笑顔をみること。人数が少ないから誌友会をやらないとかすごくもったいない気がします。会場の雰囲気がよかったら集まった仲間内で盛り上がればいい。ボクは青年会の事務局にいるので、どこの会場が毎月どれぐらいの参加者がいるかを把握しています。大勢のところもあれば、一人や二人の参加者もいらっしゃいます。誌友会に参加してみて思ったことは、数字じゃ見えない部分もあるってこと。正直なところを言えば少ない人数で盛り上がるのかなーと心のどこかで思っていた時期もありました。

誌友会の途中から、外に出て夜間のインタープリテーション(自然観察)を行いました。

暗くてこんな光景は見えなかったけど(笑
 近くの公園で5人で耳を澄ましてみる。聞こえてきたのは残念ながら車の走る音や帰宅を急ぐ足音。それでも参加したメンバーからは「よく耳を澄ましてみると、そこに立っている時計の針の音が聞こえる。」など自分では気がつかなった音などを聞いている方も見えました。真理を学びながら、自然体験もしてしまうミックス誌友会でした。それでも集まったメンバーとどんなことに気がついたか、どんなことが良かったかなどをシェアして一体感の雰囲気を味わうことができました。参加するのもやっぱり悪くない。
さて、今日は安城青年誌友会の開催日。どんな雰囲気になるのかなーー。みんなの笑顔が今日も弾ける様子が目に浮かびます( ´ ▽ ` )


生長の家講演会での再会。投稿531日目。

生長の家講演会での再会。投稿531日目。

先週の土日に生長の家の講演会が行われました。土曜日は名古屋・一宮、日曜日は豊橋・岡崎。私は準備のため、日曜日に参加してきました。
生長の家の講演会とは、生長の家の講習会に来られた方や、教えに触れて間もない方に分かりやすく講師がお伝えしていただける機会です。今回、来て下さったのは宇治別格本山の岡田浩二講師。宇治の研修生をやっていた人なら分かる、あのお世話係の岡田さんです。
「そのうち愛知に行きますからね-。」といつも聞かされていたものの、まさか講演会の講師として来ていただける日が来るとは感無量でした。

岡田講師。宇治の練成会を思い出してしまう。

講話の中で、行動が大切だが、表現しなければならない。表現したときに威力を発揮する。「迷いの本質は人間が肉体であるという観念、そういう観念がいかんねん」とまさかの長田先生の名言も出たりと自身の体験を踏まえてお話しくださいました。久々に宇治を思い出したわー。

ステキな体験談を語る、亀田副委員長。10分時間を間違えてお話ししていたのは内緒です。
 

どちらの会場も大盛況。

豊橋会場では、白鳩会の伊藤さんがジョギング中の方に声をかけて、「生長の家のいいお話しが聞けるから、ぜひ来てみてください。」と優しく声をかけて、その方が「じゃあ、1時間だけなら・・。」と返答。最終的に最後まで受講されて、岡田講師のお話に感銘をうけて帰っていかれました。

岡崎会場には、いつも誌友会に来てくれるメンバーが参加してくれました。たっちゃん、ゆいちゃん、なおちゃん。ありがとう。私の母親も岡田講師のお話を聞きに参加しました。
そして、講話が終わって質問事項を記入し、講師が質問に答える時間がありました。質問を読んでいく途中、こんなことがありました。
まっさーの母です。息子がいつもお世話になっております。研修生の時はお世話に・・・」 おいおいこんな大勢の中で言うのかーーと思いました。そしてうちの母親は何を書いているんじゃあああと冷や汗をかいてしまいました。

すると岡田さんは、「ボクもお世話になりました。あのときのまっさーさんは泣いてばかりでした(笑」とほぼ事実のことを話してくれて会場は大爆笑。確かに研修生のときは、色んなことで泣いたし、泣かされたし、泣いてしまうことが多かったです。ホント、お世話になりました、色々と・・。また宇治に遊びにいきたいと思いますので、その時はよろしくお願いします( ´ ▽ ` )


3月の安城青年誌友会の告知。投稿530日目。

3月の安城青年誌友会の告知。投稿530日目。

いい広告やお知らせは何回見てもステキだな。先日Facebookのページで山梨教区青年会が作った中高生向けの案内がとてもわかりやすく、目を引くものだったのでこれは取り入れたいと思い、誌友会の案内をその日のうちに作り上げました。
最近作っていたものは、同じファイルをコピーして、ただ文章だけ変えるだけになってマンネリ化していたので、すごく温かみのある案内でした。それを参考に作ったのが・・・こちら。

安城青年誌友会の雰囲気が分かるように作ってみました。イメチェン成功!?

山梨教区青年会の方が作った中高生向けの案内は、前回を振り返りながら今月はどんなテーマで勉強していくかと内容だったかと思います。こうしたら前回どんなことを話したか分かるし、また来てもそのままの雰囲気で溶け込める。すごくいいアイディア。手書きで丁寧に一枚のお知らせを作っていた跡が見受けられました。もらった方はすごく嬉しいでしょうね。

私はれっきとした男子ですが・・・これは女の子が作ったかのように見えますね(笑 女子力がますます上がって大変。でもおかげで新境地を切り開くことができました。3月の誌友会・・何となく新しい人が来てくれそうな予感があります。でも毎月感じている予感です。このブログを見て、誌友会にいきたーーい。誌友会に参加したーい。という方が実際に参加して喜んでもらえる日が来ることをいつも願っています。あなたのご参加が青年誌友会を盛り上げます。ぜひボクたちの誌友会に新たな風を巻き起こしてみませんか?

安城青年誌友会
日時:3月22日(木)19:00~22:00
場所:安城市民会館 第五会議室
場所:愛知県安城市桜町18-28
講師:遠山裕美 光実
テキスト:如意自在の生活365章
参加:無料。どなたでも参加可能です。