タグ: 生長の家

夜の会話。投稿629日目

夜の会話。投稿629日目

冬季中学生・高校生練成会2日日。リアル更新ができず、事前に書いたものになります。ご了承ください。

「なんていうか、内容がイキイキとしていますね。」
中高生練成会の前夜。時刻は既に22時を回っている。隣でTくんが一所懸命準備をしていた。中高生練成会の事務局長として最後の大詰め。お互いに明日の段取りを考えている途中、話題はボクのブログの話になった。

「感謝シリーズにしてから、わりとバーっと書いているような気がする。」「色々とエグい部分というか、リアルな部分が出ていて、すごい(笑」
「でもあれが自分の体験なので、どれも本物だよ。見返すと確かにやばい。」

続けて、「ブログを書いていて、ボクにはやりたいことが見つかったんだよね。」「何ですか?」「〇〇することなんだよね。きっとこれをやったら面白いし、新しい挑戦にもなると思う!!」「絶対に面白いですよ!! やりましょう。」と意気揚々と乗ってくれる。

「でも感謝シリーズもあと2日で終わるけど、この先どうしようかとちょっと迷っているよ。」「えー、続けたらいいじゃないですか。以前のブログよりも今のほうが感情が乗っていて、すごくいい感じですよ。」「おお、嬉しいこと言ってくれるじゃん!! 」

Tくんはボクのブログをマメに読んでくれているようで、ある特徴に気がついたらしい。「秋元さんのブログ、誰かを意識していませんか??」「もしかして、Nさんのこと?」と答えると「そうそう。めっちゃ似雰囲気似ている!!」と興奮気味に話ししてくれた。

Nさんのブログはボクも好きだし、参考にしているところはすごく多い。文章がうまくなるにはどうしたらよいか。と考えているなかで、知らず知らずのうちに書き方が似てしまったかもしれない。長くなりすぎなところを短くしたり、言い切ったりと今までは表現してこなかったことをブログで書くようになった。

Nさん。ストレートに気持ちを表現しているNさんのブログ熱を気が付かないうちに取り込んでいました。決して真似はしていませんので、どうかお許しを〜。

これが投稿されている頃は、練成会の真っ只中。Tくんはめちゃくちゃ忙しいポジションだが、彼が事務局長をやってもらえることで、中高生練成会は円滑に進んでいく。縁の下の力持ち。ボクも頼りにしています。
最後まで楽しんでいきましょう。いつもありがとう!!

メガネの奥に光るステキな眼差し。

深愛(しんあい)。投稿627日目

深愛(しんあい)。投稿627日目

水樹奈々さんの曲を聞きながら書いている。彼女は言わずと知れた声優界のレジェンド。にわかファンなので、分からない曲も多いが、とにかく彼女の歌声を聞くと元気が出る。『深愛』はNHK紅白歌合戦でも歌われたので、知っている方も多いだろう。

深いというコトバには、”物事の奥底まで考えられている”という意味がある。話は変わって、昨日安城青年誌友会を開催しました。 青年会幹部研修会で発表させていただいたボクの誌友会です。

どんな思いで誌友会を開催しているかはこちらをご覧ください。 http://moon-phase.net/archives/3922

そこに久しぶりにUTくんが来てくれた。安城青年誌友会が立ち上がったときの初期メンバーの一人。

彼はボクのことを、社長と言う。理由は遊戯王シリーズに出てくる海馬コーポレーションの海馬社長から。もちろんボクに社長の肩書はないし、雰囲気もない。それでも会うと社長!!社長と声をかける。

誌友会のあだ名だけで2つある。くまさんと社長。プラス普段呼ばれている秋元さんと雅晴さんを加えると4つになる。呼び方は違えど、全部ボクだ(笑

彼は人懐っこくて、面白いことを言う性格の持ち主。物怖じせず、かる~くボクをいじってくる。あまりにも面白すぎて、「お前、面白いけどいい意味で面倒くさいな(笑。」と言ったことがあった。「そうなんですよ。調子乗ってしまうんですよ~。」と悪びれないところもご愛嬌。

訳あって誌友会に足が遠のいていたが、先週に彼からラインで「久しぶりに参加します!!」とメールが来た。あまりにも参加していなかったので、時間を作って会いに行ったこともあった。その時は「今は・・・行けないです」。コトバも少なげ。
それでも時が来れば、いつか絶対に来てくれる。断られながらも声をかけ続けてきた。そして昨日、彼が戻ってきてくれた。気がつけば1年。こんなにも嬉しいことはない。

当日は誌友会開始の1時間半前からやってきた。「あれー、めっちゃ痩せましたねー。」「バカヤロウ、お前が来ない間にしぼんでしまったよ(笑」と冗談をいいつつも、いつもと変わらない様子で雑談した。

いつ来ても、いつまでも変わらない場所がここにある。終わったあとに「みんな僕のことを受け入れてくれて、めっちゃ幸せな時間でした!」とメールをくれた優しい彼。そして彼を温かく迎え入れてくれた誌友会のメンバーの深愛(しんあい)に感謝します。ありがとう。

ステキな仲間の深い愛に囲まれて。


読書には未来を変える力がある。投稿626日目。

読書には未来を変える力がある。投稿626日目。

『鬼滅の刃』というマンガが流行っている。合同卒園式や家庭訪問したときに、今、学校で流行っているのは何?と聞くと同じ答えだった。今の流行に取り残されないためには、これを読むことだ。子供心を掴む何かがあるのだろう。

ボクが本と出会ったのは、小学校5年生。入院をしていたときに叔母が暇なら読んでみてと持ってきてくれたのが『豊臣秀吉』の伝記だった。正直、文字を読むのが苦手で最初は読む気がしなかった。

ただ、あまりにも暇すぎたので読むことにした。豊臣秀吉は知ってのとおり、農民から苦労してのし上がった人物。織田信長と出会い、才能を見いだされ活躍していく。特に寒い中、ふところで草履を温めているシーンは有名だ。

物語に触れていく中で、入院中はとても勇気づけられた。本ってこんなに面白いんだ。もっと読んでみたいという気持ちになった。中学生の頃は歴史にハマり『三国志』や世界の歴史が書かれている本などを読み漁った。国語の点数は良くなかったが、読書することは好きだった。

大人になっても読書することで助けられたことも多い。先日、青年会幹部研修会で発表をさせていただいた。そこでプレゼンを作るうえで参考にしたのも昔買った本だった。ネットから情報も引っ張れるが、絶対に本のほうがよい。思考を貼り巡らせることができる。こういう時はあそこに書かれている本だ!!と瞬時に引っ張ってこれる。

本が嫌いな人にぜひ読んでほしい一冊がある。喜多川泰著『書斎の鍵』
生前、親交が薄れれていた父が息子に遺した唯一の遺産。それが書斎だった。読書・執筆などをするための部屋のことだ。

自己啓発系の小説は数あれど、喜多川泰さんは違う。とにかく読みやすいのだ。
15ページは頑張ってめくってほしい。ここを超えたら、もう喜多川泰ワールドにハマる。本が嫌いな人がなぜ嫌いか。嫌いという習慣が身についているからだ。最初はやったことがないから拒絶する。でもそこを挑戦していくことが新たなスタートが始まる。好きへの転換の第一歩。

本嫌いの息子が、父の遺言状を通して、読書することの大切さ・面白さ・奥深さを知っていく内容。そしてこの本の最大の特徴は、中盤にページの色が違うところがある。そこにたどり着いた頃には、感動すら覚えるだろう。

今、ちょっとでも欲しいと思った貴方。決してKindleや電子書籍で買うな。ちゃんと手元に取って最初から読んでみてほしい。ボクの言っていることが分かる。読書したくなるから。そうすると考え方も変わり、人生も変わるから。読んだら変わる。ぜひ読んでほしい!!

『書斎の鍵』の終盤に、こんなコトバが書かれている。「読書には未来を変える力がある。」読書することで知らなかった世界と出会い、知らなかった未来が見えてくる。なんてステキなことだろう。

読書の面白さを伝えてくれた叔母に感謝したい。ありがとう。

ゆっくりと読書する。至福のひととき。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。 投稿625日目

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。 投稿625日目

今週土曜日から月曜日にかけて、冬季中学生・高校生練成会を開催します。
ブログはどうするの?と思われるかもしれません。ただ行事中は書けないので、今日の休みを利用して、事前に3日間分書きます。

近頃、分からないことを事前に聞かない人が多い。例えば「分からないことがあったら、ちゃんと聞いてな。」と伝える。すると「分かりました。また聞きます。」と返ってくる。

直前になって、色々とヤバくなると決まって出るのが、「こうなることを教えてくれなかったじゃんか。」「忙しそうにしていたので、聞いて良いのかどうか分かりませんでした。」というコトバ。まぁ、分からんでもない。ボクも経験した。

サラリーマン時代、一番苦労したのが相談することだった。初めて携わること、何も分からないが多い1年目~2年目。物事を進めていくためには、まずは先輩に相談して指示を仰ぐしかなかった。

「あの○○について相談したいのですが・・・。」
「おう、今忙しいからタイミングを見て、声をかけてこい!!」
「俺はもう帰るから、明日にしてくれ。」
と相手にされず、「分かりました。また明日にでも相談します。すみませんでした。」と次の日も同じように聞く。決まって帰ってくる答えは、同じだった。

逆に何も相談しないでいると、「何で相談してくれなかったんだ。」「ちゃんと話してくれたら、もっと早く対応できていたぞ。」と怒られる。相談しても相談しなくても怒られる。

あまりにもムカついたので、「てめぇ、この野郎。お前のタイミングで聞いてこいって言うから、待っていたのに。何だその言い草は。」と喉元まで出掛かったことがあった。というか出た(笑

誤解の無いように言うと、切れ味がするどいナイフのような人間ではない。我慢が出来なかった。今は多少マシになった。成長するためには、怒ってばかりいても仕方がないのだ。

忙しいときこそ、思いやる。それは大切。でも、思いやりすぎて聞かないのはもっとダメ。年下だろうが年上だろうが、グイグイいかないといけないときはある。分からないのを分からないで済ませると、しっぺ返しが来る。 ウザいくらい聞くくらいがちょうどいいのだ。取り返しのない失敗をするよりは。

やること・日程・段取りは決まっている。そこに向かっていくアプローチは、年上や先に携わっている人のほうがよく知っている。自分が分かる範囲は経験でカバーできるが、分からないことがあれば素直に聞いたほうが、物事はスムーズに行く。変なプライドなどいらない。とにかく聞け。

ボクもわからないことがあれば、年下だろうとバンバンと聞く。恥ずかしさはあるが、これも人生学校の訓練なのだ。何度も言う。ウザいくらい聞け。そうしないと前には進まない。

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥。
知らないことを人に聞くのは、そのときは恥ずかしいと思っても、聞かなければ一生知らぬまま過ごすことになるので、そのほうが恥ずかしい。 知らないことを恥ずかしがったり知ったかぶったりせずに、素直に聞いて学ぶべきだという教え。このコトバを聞くたびに、そうだよなって思う。

今日はちょっとマジメな内容になってしまったな。
そんなお前は、今日誰に感謝するかって? ウザいくらい聞け!!と叱ってくれた先輩達かな。

聞いたら分かる。聞かないと分からない。

ルーズボーラー。投稿624日目

ルーズボーラー。投稿624日目

机の上に目を向けると一枚の色紙が置いてある。大きく「秋元先輩へ」と書かれている。中高生の時はバスケ部に所属していた。入部したきっかけは、漫画『SLAM DUNK』の影響から。下手の横好き。決してウマくはなかったが、好きだったから6年間続けることができた。

特に高校生のときは、ほぼ怒られっぱなしの毎日。レギュラーになるどころか、スポットライトすら当たらない日々。それでも気合と勢いで続けてきた。そんな自分が唯一、褒められたことがあった。ルーズボールの練習時間だ。

ルーズボールとは、試合中にボールの行方が味方・相手チームどちらか分からなくなるときがある。そこで、全力でボールを追いかけて自分のものにするための行為だ。野球で例えるならば、高校球児がバットで打って、全力で一塁ベースへ走っていくことを想像していただきたい。

ボールをコートに落とさずに、連続10回キャッチしたら終了。一回でも落としたらやり直し。ボールが落ちるか落ちないかギリギリのところをコーチは狙う。左右に振られながら、全力ダッシュで飛び込む。擦り傷なんて1つは2つじゃない。

誰もが苦手としていたルーズボール。ボクはこれが何故か好きだった。理由は単純。小手先のテクニックやウマさが求められない。頑張ればできるからだ。これで一番になろう。とにかく一所懸命やった。誰にも負けないくらい必死にやった。

色紙には後輩からのメッセージが書かれている。
「先輩たちの中で一人とても輝いていた先輩。ルーズボーラー。クールかと思いきや笑いもいける秋元先輩。勉強だけではなく恋愛にも頑張ってください。」
「先輩のガッツポーズは忘れません。これからもどんどんとガッツポーズしてください。先輩のルーズボールは忘れません。」

ルーズボールのことばかり(笑
恋愛はともかく、笑いと粘り強いところは17年経っても継続している。この練習があったからなのか、頑張れば何とかなることを学ばせてもらった。諦めなければ絶対に良くなる。だから今を頑張ることはとても大切。あの頃に出会ったすべての人に感謝を込めて。ありがとう。

これからも全力で追い続ける。

忘れていた感謝。投稿623日目

忘れていた感謝。投稿623日目

感謝シリーズも15日目。改めて”感謝”の意味を調べてみる。
「ありがたく思って礼をいうこと。心にありがたく感ずること。 」
そのことを強く思わせる出来事があった。

昨日、30代のための青年誌友会を開催。講話の途中で、ある食品を製造・取り扱いをしている老舗会社のお話があった。来てくださった講師がそこの食品を長年愛用しているとのこと。「知っている方はいるかしら??」と聞かれ思わず、「もしかして、○○市にある、S社ですか??」と答えた。

たまたま知っていたのではない。その時は何も触れなかったが、実はボクにとっては因縁がある会社だった。そこで起きた出来事により、前の職場では左遷。結果的に仕事を辞めてしまうことになった遠因でもある。ただ大きな誤解をしてほしくないのは、Sは素晴らしい会社。左遷・仕事を辞めることになったのは、すべて自分が招いてしまったことと捉えてほしい。

S社は社員教育が徹底されている。会社の至る場所に、”ありがとうございます”と書かれているのが特徴的。従業員が立ち止まって、「ありがとうございます」と会釈をしてくれる。とても驚いたことを今でも覚えている。

創業者が生長の家の信仰でもされているのか?と思うくらい、会長・社長さんがいつも笑顔でニコニコされていると講師の先生は話してくれた。その姿勢はボクが担当していたときと全く変わっていない。営業マンをやっていた当時、間接的ではあるが、販売店を通してS社と取引を始めた。

燃料転換の大きな仕事をするなかで、自分の知識・経験不足からS社に大迷惑をかけてしまったことがあった。どうしようもできず、それをひた隠しにしていた。もちろん悪いことはいつまで経っても隠し通せるはずもなく、バレるのは時間の問題。結果的に会社に大損害を与えてしまった。

人生で土下座というものを初めて行ったのも覚えている。頭をこすりつけて相手がいいというまで詫びるのだ。思い返すとツラかった。その後、責任を取って私は子会社に左遷。今度は頑張ろうと心機一転したが、そこでも同じ問題にぶち当たり、うつ病に近い症状を患った。生長の家に出会ったことで元気を取り戻し、団体職員として第二の人生を歩んでいる。

生長の家では「天地一切のものに感謝せよ」との教えが根底にある。あの出来事がなかったら、生長の家に触れていなかっただろうし、このブログも書いていないだろう。当時は悔しくてたまらないイヤな出来事だったが、8年経った今はその出来事があったおかげで、たくさんの出会いに恵まれた。

過去のことを克服したつもりが、心の奥底にずっと感謝したくない気持ちが眠っていたのかもしれない。ふと表面に浮き出てきたのは、きっと感謝のコトバを伝えたほうが良いという神様からのメッセージだろう。改めて感謝の気持ちを伝えます。

S社さん、ありがとうございます。その節は大変ご迷惑をおかけしました。問題があった当初は夜も眠られなくなるほど、怒りと憎しみでいっぱいでした。自分が招いたこととはいえ、自分の人生を狂わせた矛先をそこにぶつけることでしか方法がありませんでした。本当に本当に苦しかった。

あれから8年。久しぶりにS社の名前を聞いたことは、今感謝しなさいとのお告げだったのかもしれません。感謝シリーズを書き始めたことも、偶然ではなくここにたどり着く布石だったのかもしれません。

今まで伝えることができず、すみません。そしてありがとうございました。また顔を出せるようになったら、S社の製品も買いに伺います。よろしくお願いします。

ありがとうは、世界を変えるマジカルフレーズ。


青年会におまかせください。投稿622日目

青年会におまかせください。投稿622日目

誰に対して感謝のメッセージを書くか。思いつきのときもあれば、前もって準備しているときもある。本日は、生命学園の卒園生の保護者に向けて、感謝のコトバを書こうと思う。

素晴らしい良き日、合同卒園式が教化部で行われた。14名の卒園生に対し、出席は11名。無事に卒園式が終わると、午後から青年会への架け橋を行った。卒園生と中高生で、おいなりさん作りとミニゲームの交流会。保護者と園長先生と青年会のメンバーで、ジュニア向けの説明会を座談会形式で行った。

保護者側では、参加者の自己紹介とお子さんの讃嘆、良かったことなどを共有。
生命学園で得られた喜びなどを話していただいた。途中、ボクの生長の家に入った経緯を交えながら、中高生の時に生長の家の真理を学ぶことの大切さを説明。合わせて、現在のジュニア活動の様子や雰囲気、そこから生まれた喜びを自信を持ってお伝えした。

卒園生と中高生側も、3班に分けておいなりさん作りを行った。班分けが絶妙だったらしく、お互いがすぐに打ち解けて盛り上がる様子があちこちで生まれたとのことだった。ミニゲームの様子は聞いていないが、戻ってきた子どもたちの笑顔を見たら、どれだけ良かったは想像に難くない。

中高生と育成メンバーのおかげもあり、1つの喜びが生まれた。今日来ることを迷っていた卒園生が、その場でジュニア入会に繋がったことだ。中高生に見守られながら、本人が申込用紙に署名していた。この光景も側で見ていた、おばあちゃんもビックリしていた様子。青年会への架け橋の時間が卒園生にとっては、とても心地の良いものだったと改めて感じました。

合わせて、5名のジュニア入会につながった。申し込みはされていないが、ジュニアに入りたいと言ってくれた子も数名いた。まだまだ喜びが生まれそうだ。

卒園生の保護者の皆様、本日はご卒園おめでとうございます。これから中学生に進み、色々な喜びや困難に出会うことと思います。生命学園で学ばれたお子さんにとっても同じことです。困った時、頼りたいとき、いつも身近にあるのが青年会です。

私達はお子様の成長を通じて、ご家庭も明るくなり、喜びに満たされた生活を願っております。ジュニア友の会に入会してくださった方も、これからという方も誌友会や中高生向けの練成会を通じて、卒園後も生長の家の信仰・素晴らしい大人になる架け橋を紡いでまいります。お子様の成長・喜びを一緒に作っていきましょう。青年会におまかせください。今後とも宜しくおねがいします。

新しい門出を祝福いたします。