タグ: 喜び

深愛(しんあい)。投稿627日目

深愛(しんあい)。投稿627日目

水樹奈々さんの曲を聞きながら書いている。彼女は言わずと知れた声優界のレジェンド。にわかファンなので、分からない曲も多いが、とにかく彼女の歌声を聞くと元気が出る。『深愛』はNHK紅白歌合戦でも歌われたので、知っている方も多いだろう。

深いというコトバには、”物事の奥底まで考えられている”という意味がある。話は変わって、昨日安城青年誌友会を開催しました。 青年会幹部研修会で発表させていただいたボクの誌友会です。

どんな思いで誌友会を開催しているかはこちらをご覧ください。 http://moon-phase.net/archives/3922

そこに久しぶりにUTくんが来てくれた。安城青年誌友会が立ち上がったときの初期メンバーの一人。

彼はボクのことを、社長と言う。理由は遊戯王シリーズに出てくる海馬コーポレーションの海馬社長から。もちろんボクに社長の肩書はないし、雰囲気もない。それでも会うと社長!!社長と声をかける。

誌友会のあだ名だけで2つある。くまさんと社長。プラス普段呼ばれている秋元さんと雅晴さんを加えると4つになる。呼び方は違えど、全部ボクだ(笑

彼は人懐っこくて、面白いことを言う性格の持ち主。物怖じせず、かる~くボクをいじってくる。あまりにも面白すぎて、「お前、面白いけどいい意味で面倒くさいな(笑。」と言ったことがあった。「そうなんですよ。調子乗ってしまうんですよ~。」と悪びれないところもご愛嬌。

訳あって誌友会に足が遠のいていたが、先週に彼からラインで「久しぶりに参加します!!」とメールが来た。あまりにも参加していなかったので、時間を作って会いに行ったこともあった。その時は「今は・・・行けないです」。コトバも少なげ。
それでも時が来れば、いつか絶対に来てくれる。断られながらも声をかけ続けてきた。そして昨日、彼が戻ってきてくれた。気がつけば1年。こんなにも嬉しいことはない。

当日は誌友会開始の1時間半前からやってきた。「あれー、めっちゃ痩せましたねー。」「バカヤロウ、お前が来ない間にしぼんでしまったよ(笑」と冗談をいいつつも、いつもと変わらない様子で雑談した。

いつ来ても、いつまでも変わらない場所がここにある。終わったあとに「みんな僕のことを受け入れてくれて、めっちゃ幸せな時間でした!」とメールをくれた優しい彼。そして彼を温かく迎え入れてくれた誌友会のメンバーの深愛(しんあい)に感謝します。ありがとう。

ステキな仲間の深い愛に囲まれて。


くまさんと呼ぶ女の子。投稿620日目

くまさんと呼ぶ女の子。投稿620日目

教化部に入ってから約2年。中高生のお世話をする彼女と出会ったのは、その頃だったと記憶している。最初はほとんど話すことはなかった。ただ、段々とボクの体型がクマに近づいてきたこともあり、「くまさん」と名付けられた。自然の流れで彼女からも「くまさん。」といじられるようになった。

彼女は、中高生のお姉さん的存在。周りにも気を配り、時間がない中で一所懸命やっていた。正直、10代であそこまでできる人は、なかなかいなかった。

3年前の青年練成会。行事が終わり下の事務所で作業をしていると、彼女がひょっこりがやってきた。特に話かけてくる感じではなかったけど、話したそうな雰囲気を出していた。

「どうしたの??ちょっと話そうか?」と尋ねると、「うん。」と頷いた。
話しているうちに「何で活動をやっているのかがよく分からない。」と呟く。

深夜0時。静寂が辺りを包み込む。カラダも疲れていたが、一所懸命彼女が話すコトバを聞き漏らさないように、耳を傾けていた。その時に、どうやって答えかは覚えていない。一つ言えることは、彼女に寄り添った答えを出せていなかったことだ。しばらくして、青年会に来なくなってしまった。

今、思えば学校やバイト・青年会活動とあるなかで、かなり負担をかけさせていた。気がついていたはずなのに、気がついてあげられなかった。どうしたら良いか、その時のボクは本当に分からなかった。きっと親身になって話を聞くだけでよかった。できなかったことの後悔が大きい。

青年会は無理をさせるところではない。喜びを表現するところだ。今なら分かる。彼女に対して、こうしていたら、ああしていたら、状況は変わっていたのかもしれないと感じた。あのときの情景は今でもフラッシュバックする。

青年会事務局長になったばかりで、育成に対して、どうアドバイスをしてよいか分からなかった。自分が経験したことのないポジション。聞かれても分からない状況。だから任せっきりになってしまった部分もある。10代の頑張りに応えることのできなかった自分を悔やんでも悔やみきれない。

なるべく個別で会って、話をしたこともあった。ご飯を食べながら思い思いのことを語る。短い時間でも、彼女の笑顔に接することができて良かった。たまにひょっこりと教化部に来てくれることもある。その時は、いつも嬉しくなる。

会えなくなった。離れてしまったから関係ないのではない。いつも気にかけている。出会った人・これから出会う人すべてに言えること。このブログを見ているかは分からないが、感謝の気持ちを伝えます。

「あの時は、本当に寄り添えなくてごめんなさい。学校卒業が近づいていると思うけど、どんな進路になったとしても、あなたの人生には絶対にプラスになる。正解なんてない。思った通りに進めばいい。今は会うことが少なくなってしまったけど、MHちゃんのこと信じてる!! 明るくボクをいじるくらいの感じが、ちょうど合ってます。偽りのない、いつものMHちゃんでいてね。また教化部に来るのをまってます。」

「くまさん!!」そう呼んでくれる笑顔の彼女に再び、会えることを信じて。

ボクは、いつでも来るのを待っているよ~。

だから好きになる。投稿618日目

だから好きになる。投稿618日目

慣れないことをやると、人は壁にぶちあたる。今回、中高生練成会の司会進行係長をやることになった。事務局・班長はやったことがあるが、この部署をやるのは初めて。初めてなのにまとめ役。これだから人生は何があるか分からない(笑

ただ、そこは社会人経験15年目。過去の司会資料から引っ張ってきたり、色々と人に聞いたりしながら、ベースをつくる。自分という人間と向き合い、これぐらいにはできるだろうと見極めていく。できない、やれていないという失敗はこの歳になってからさすがにできないからだ。

先日、タイムプロの打ち合わせをしていた。するとKくんが「もし良かったら、まっさーさんの作っている司会原稿を見ますよ。」と言ってくれた。思わず「ホント?めちゃくちゃありがとう!!助かる。」と答えた。思いがけない救いの手が来たのは素直に嬉しかった。

司会といえば、Kくんというくらいイメージが浸透している。だから青年練成会や他の行事のときもよく彼に頼んでいた。ボクは事務局をやることが圧倒的に多かったので、タイムプロを渡して、これぐらいの期限にはできるでしょという感じで、いつもを依頼をしていた。

しかし、これが予想以上に大変だったということを自分自身が初めてやって分かった。土壇場に、内容や細かい変更を後からお願いしたことがあった。同じ立場で今、同じようなことをやられたら間違いなくブチギレてしまいそう。いやキレる(笑

それでもよくキレずにやってくれたなと今では感謝の気持ちでいっぱいだ。思わず、教化部で彼に会ったときに「今までこんなに大変なことをやっていたとは気が付かなった。君の気持ちがよく分かったよ。すまん」と思わず言ってしまったほど。『百聞は一見にしかず』実際に見るのとやるのではえらい違いがある。

そんな彼から自発的に声をかけてくれることは、ありがたかった。以前は、あまりこういうやり取りがなかったような気がする。それか自分が感じていなかったのか。それでもKくん自身の行動から成長を伺えた。

中高生の参加者に「練成会に一番来てよかったことは、Kくんに会えたこと。」と言われるほど、中高生のココロを掴むのが得意。同じようにボクが中高生に接すると、きっと怖いクマさんで終了になる(笑

それくらい人のココロを掴むのがウマい。それ以上に地元のことを大切にしている。ボクの誌友会にも来てもらったり、誌友会のメンバーを迎えにいってもらったりと色々と協力してくれる。見えないところでも陰ながら頑張っている。だから好きになるメンバーも多いと思う。

マイペースなところもあるが、それを差し引いても彼にはたくさん良いところがある。面と向かっては恥ずかしいので、Kくんと安城青年誌友会メンバーにしか分からないコトバで締めたいと思います。「いつもご苦労!! 二拍手。」

いつもありがとう、Kめちゃん。



感謝の21人。投稿609日目

感謝の21人。投稿609日目

昨日の投稿を、ゆいこ編集長に見てもらった。書いた本人に見てくださいというときほど、緊張しないことはない。数分後、本人から喜びのラインが来たので、書いて良かったなと心から思いました。

青年会のグループページで、新たな21日間習慣化プログラムがスタート。今度は何を継続しようか。仕事中にパッと浮かんだことがあった。
ブログでゆいちゃんの良さを書かせてもらった。すごく喜んでくれた。これを毎日誰か1人にフォーカスして書いたら面白いのでは。讃嘆にもなるし、普段言えないようなことも素直に伝えられる。

ということで、今回の21日間習慣化プログラムは、生まれてから今日までに出会った、21人に感謝のブログを書きます。 生長の家の方でもそうでない方でも限定はしない。もしかしたら過去の記憶に忘れている人もいるかもしれない。そういうのを思い出すきっかけになる。もし書けなかったら、いつものスイーツ男子のブログになります(笑

初めは、私を生んでくださった、両親。生長の家の信仰・青年会活動・元気に行動できるのも、父と母がいなければできないこと。本当にありがとう。

前の仕事を辞めて、教化部に入るとき、99%反対された。宗教団体の職員になることは並大抵のことではないからだ。「やめとけ」「お前頭おかしくなったんじゃない?」「あんたとは縁を切るよ。二度と会わないで」など様々。これは覚悟していたが、面と向かって言われるとキツく、何度もココロが折れかかった。

自分には生長の家で救われた。何とかお役に立ちたい。その一心でたどり着いた道がここだった。それを否定されまくったし、今まで仲が良かった人との付き合いもなくなったのも事実。ただ、最後の最後まで味方してくれたのは母だった。
背中を押してくれた。そのおかげで色んな青年やたくさんの出会いに恵まれた。

なかなか外ばかり訪問したり、色々と忙しくなって、あまり親孝行らしいことができていないが、本心では一番大切な存在であることには変わりありません。
父に関しては、もう15年以上会えていない。行方不明。それでも元気で生きていることを信じたい。どんなに離れていてもたった一人の父親。そんな二人に感謝の気持ちを込めます。

こんなに大きくなりました(笑

私を生んでくださり、本当にありがとうございます。
これからもよろしくね。


ゆいこ編集長。投稿608日目

ゆいこ編集長。投稿608日目

青年会館部研修会が始まる前、こんなお願いをしていた。
「ゆいちゃん、今度の土日に青年会幹部研修会に行くよね。帰りにみんなで感想を動画で撮ってインタビューしていくんだけど、ゆいちゃん編集してもらえるかな??」
「あー、いつも全国大会終わってから、電車乗って撮っている感じのもの?」
「そうそう。いつもはボクや前は金沢さんが編集したりしていたけど、ゆいちゃんに任せたいなって。ゆいちゃんならすごく上手にできると思うし、映像編集の練習にもなると思うからさ。どうかな引き受けてもらえるかな??」
「うん、分かったー。やってみるー。」

ゆいちゃんこと、ゆいこ編集長。映像系の学校に通うことに決まったのだが、記憶が確かなら、以前教化部で働いていた金沢さんの動画作成を見ていて、影響を受けたとのこと。確かに彼の動画はすごく響くものがある。青少年練成会の推進動画を見ていると、今でもたくさんの方に感動を与えているからすごい。

ゆいちゃん自身も、動画から夢や感動を与える側になる。彼女がブログを見て、「すごい盛り過ぎだよー。」と怒られないか、若干ヒヤヒヤしている(笑

最初は、ゆいちゃん自身が編集している姿がとても新鮮で、「頑張っているねー。」とか「いい感じじゃん!!」と思ったことを伝えていた。ただ、徐々に声をかけるのを少なくした。彼女が真剣に取り組みはじめたからだ。

お仕事中の、ゆいこ編集長。

ゆいちゃんは、集中力がすごい。ゆいちゃんと声をかけても、画面に向かって黙々と作業していて気がつかないほど。一つのことに向かって、真剣に取り組んでいてステキだな。と思ったら、時折ボクのほうを向きながら爆笑する。

「ん?なになに?どうしたの?」
「ねー、ここちょっと聞いてよ。」
「え?M也くんと大阪のY下さん?」
「ここの掛け合いというか、インタビューがめっちゃおもろい。」
「どれどれ・・・本当だ。ってかこの二人雰囲気お互いに似てるなー。」
「でしょー。面白い〜。」

こちらまで笑顔になるような無邪気な一面を出してくれる。周りの男女がゆいこ編集長を応援したくなる気持ちがすごく良く分かる。このギャップにやられたのはボクだけではないはずだ(笑

物覚えも早く、サクサクと操作して、色んなことを吸収していく。根本には好きという気持ちがあるからだ。好きこそものの上手なれ。というがまさにこの言葉通りだろう。動画を編集するたびに、ゆいこ編集長の成長を感じる。

合計で2日間かけて、動画を完成。以前、ボクが動画編集で苦労していたのは一体何だったんだ。というくらいスムーズに作業してくれた。

その後、青年会の秘密のページに動画をアップ。色んな方からのイイねや感謝のコメントであふれていた。ボクが作ったわけではないけれど、ゆいちゃんが褒めてもらえたり評価されるのは、見ていてとても嬉しい限り。

ゆいちゃんに頼んで本当によかった。ゆいちゃんが輝くと周りも自然と明るくなる。青年会にとって、とてもありがたい存在です。また動画からたくさんの喜びが生まれることを願ってます。

ゆいこ編集長、これからもよろしく頼みます!!!
いつもありがとう(*^^*)


必要とされる場所がここにある。投稿602日目

必要とされる場所がここにある。投稿602日目

昨日書いたとおり、青年会幹部研修会で、活動事例を発表させていただきました。内容は誌友会について。4分半という限られた時間の中で、この4年の取り組みを伝えるには難しい!!と感じていました。
飾ったコトバは使わず、もう気持ちをぶつけよう。色々と試行錯誤して作りました。今まで一番大変でした。でも一番、魂を込めた内容かもしれません。

今回は、全文とスライドを公開します。この内容を通して色んな方に誌友会の大切さ・素晴らしさが伝われば幸いです。

ありがとうございます。愛知教区青年会の秋元雅晴です。誌友会を開催し始めてから、もうすぐ4年。なぜ、誌友会を開催しているのか?

振り返ってみると、誌友会が好きで、みんなのことを楽しませたい・喜ばせたい・笑顔になってもらいたい。そういう気持ちが強いからだと思います。最初からこんな気持ちでやっていたかと言うとそうではありません。
教化部職員である私が、誌友会を開催していないのはマズイ。そんな理由でした。誌友会を始めた当初、どうやって進めていったら良いか分からず、本当に苦労しました。

場をなごませようとして、なぜか若かりし頃にキャバクラの女の子にハマってお金につぎ込んだ話をして、会場が凍りついたり、悩みを抱えて来てくれた誌友会初参加者に対して、黙々と写経をやってお通夜のようになってしまったこと、参加者のお世話を別の方に任せすぎて、二人とも連絡が取れなくなってしまったことなど、今思えば色んな失敗をたくさんしてきました。

そんな私が大切にしている信念があります。「毎月来たくなる青年誌友会を開催する」です。ボクの誌友会は平日の夜に開催しています。仕事終わりや30分しか参加できない子もいます。それでもボクに会って元気をもらえた。誌友会に来てよかった。そう思ってもらえるような雰囲気を心がけています。

だから、来てくれた参加者に対しては全力で接します。相手の良さを知ったり、ボクのことを知ってもらう。ある意味、ファンをつくることかもしれません。誌友会やボクのことを好きなってくれたら、また行こうと思えるようになるからです。関係性づくりに時間はかかりますが、毎月の積み重ねが誌友会の活性に繋がります。

ただ、どんなにいい誌友会を開催できたと思っていても、しばらくすると人は忘れてしまいます。私はアフターフォローを大切にしています。誌友会に来られない・足が遠のいている方に対しては、個別でメールや訪問して話を聞くなど、交流を絶やさないようにしています。自分が誘った以上、最後までお世話をしたいという気持ちもあるからです。

私がそこまで頑張れる理由は、誌友会を心待ちにしている方の存在が大きいからです。実はたった1回だけ誌友会を中止にしたことがありました。気持ちがどうしても上がらずに面倒くさくなったからです。
そのときに、「何で誌友会を開催しないんですか??私、すごく楽しみにしていたのに。ショックです。」と怒られました。たった1回。されど1回。でもその1回の誌友会にこんなにも思いを寄せる方がいる。それからは何があっても続けよう!!と心に誓いました。

発表前に、参加者になぜ来てくれるのかを聞いてみました。
ボクにしつこく誘われたから、1ヶ月のモチベーションになっている・そして秋元さんだから行く。という嬉しいコトバだらけでした。

そのおかげか分かりませんが、誌友会から青年会へ4名入会。青少年練成会や青年練成会で班長や運営もやってくださる方も何名か現われました。新しい誌友会会場リーダーが誕生するなど、誌友会参加者が、今度は必要とされる側となって活躍していく姿がとても嬉しいです。

必要とされる場所がここにある。誌友会は絶対に必要とされています。続けていれば、素晴らしい青年との交流や喜びが必ず生まれます。ボクの体験を通して誌友会の大切さ・素晴らしさが、もっともっと伝われば嬉しいです。以上で発表を終わります。神の子の皆様、ありがとうございます。

実は、発表の途中で、思わず感情が高ぶり涙が止まらなくなりました。ボクにできることは、この4分半をすべてを出し切ること。この場で自分がやってきたすべてを伝えよう。ギリギリまで原稿の順番や内容の調整をしてきて、本当に良かったです。
この場を借りて、私の原稿に最後までアドバイスと喝を入れてくださった、青年会中央部の金沢健二さんにお礼申し上げます。おかげさまで、発表後にたくさんの方から嬉しいコトバをかけていただきました。これからもコツコツと喜びを伝えられるよう頑張ってまいります。


優秀な助手。投稿598日

優秀な助手。投稿598日

これから誌友会。開催まであと1時間しかないのにブログを書いている。
深夜にガッツリとブログを書く時間がないので、今書いている。ちょうど今、誌友会の準備を終えて、みんなを待っている状態。この時間が一番ワクワクというか緊張する。

この時間からブログをかけるのは、頼れる相棒がいるからだ。みんなのTちゃん。安城青年誌友会を支えてくれる優秀な助手だ。
知り合ったのは、彼女が高校生ぐらいだろうか。初めは全然話すこともなかった。近くによってもあまり喋ってくれなかったと記憶している。あれ、オレ嫌われているのかな?というくらい話せなかった。それが今では話せるようになり、慕ってくれるからありがたい。

恒例のお絵かきタイム。

実はひょんなことから、ボクと同じ地区へ住むことになった。
理由は学校に通うために下宿するため。それからボクの誌友会に参加するようになった。今では誌友会前に彼女を迎えに行って、一緒に準備している。黒板に書いているのは、絵がとても上手なので、毎回歓迎の意味を込めて描いている。

書きながら、「今日のブログのタイトルは、優秀な助手にするよー。」というと「やめてー」と叫ばれたが、もう終盤まで書いてしまったので、このままアップしようと思う。ごめんなー。ぜひ紹介したかったので(笑
毎回、安城青年誌友会が素晴らしいものになるのは、彼女のおかげだと思っている。

そんな彼女も4月から就職で愛知を離れてしまう。正直彼女がいなくなるのは誌友会にとっても、愛知にとっても痛手となる。でも自分が希望した仕事に挑戦するということで、頑張ってほしい。

いつもありがとう、つゆりん。これからもよろしくね。