タグ: 喜び

成長を感じた、冬季中高生一泊見真会。投稿559日目。

成長を感じた、冬季中高生一泊見真会。投稿559日目。

2月16日と17日の2日間、冬季中高生一泊見真会を開催しました。参加者は中高生合わせて14名。講話や座談会などを通して中高生は飽きることなく、最後まで笑顔いっぱいで2日間過ごすことができました。また運営委員さんは、どちらかと言うと全体的に見守ることが多いのですが、今回の見真会では一緒に参加して盛り上げて行こう!!というスタイルでした。

隆史くんが初めて企画委員長として、企画の構成からプログラム・それにかける思いまでを考えてくれました。ただ一番最初に彼と出会って話していたころは、仕事の休みも日曜日で忙しく、平日になかなか返信もないため、この子は本当に大丈夫なのかなーという風に勝手に思っていました。そんな彼が企画委員長としてやることになり、見真会が果たしてきちんと開催まで行くだろうかという若干の不安もありました。ただ中高生にかける想いや情熱は企画を進めていくなかで、いつものほんわかした彼とは違う一面を覚醒してすることになりました。ボクは、STT(スーパーたかしタイム)と勝手に名づけました。(笑 それぐらいガラッと雰囲気が変わっていたのです。結果はどうだったか? 言うまでもなく大成功でした!!

隆史くんの見真会への想いが、中高生一泊見真会の雰囲気を作りました。

自分の意見がある。想いがある。中高生にこうなってもらいたい!! 情熱が形となって合致するとき、本当に人はここまで変わるのかというものを見せられました。また7月にも中高生向けの見真会・練成会を企画しているので、これからも頑張ってほしいです。

笑顔がとても素敵な、Nちゃん。ありがとう。

Nちゃんは、いつも地元の誌友会に参加してくれる女の子。そんな彼女が今回初めて中高生一泊見真会の班長を行ってくれました。仕事終わりに参加してくれて、座談会や中高生との交流もすっと打ち解けていて、周りからも好かれるお姉さん的存在。

そんな彼女が最後の使命行進曲で涙を流して、一人ひとりと握手をしていました。運営委員会でも「うまく中高生の子供たちと向き合えなくてごめんなさい。でも今後も一所懸命がんばります。」と言っていましたが、初めてとは思えない素晴らしい班長さんでした。思えば一年半前、安城青年誌友会に初めて来たときお母さんと一緒に恐る恐る入って来られたことを今でも鮮明に覚えています。そんな彼女が今では率先してお手伝いをしてくれるようになりました。その彼女の言葉に思わずもらい泣きしてしまいました。本当に成長したなと、彼女の親でもないのに親心のようなもので嬉しく思いました。

率先して中学生のお話を聞く、班長の浩輔くん。座談会も上手に進行していました。
中高生の心をつかむのが上手な亀田くん。浄心行も素晴らしい先導を行ってくれました。
中高生盛り上げ役のつゆりん。班長さんもサポートしてくれた頼れる存在。
お父さん・お母さんに感謝しよう。で自身の体験を語ってくれた、真理さん。
みんなの頼れる、たにーさん。色んなサポートありがとう。
とみさん。今年で青年会卒業。いやあと10年はやってもらいたい(笑 そんな縁の下の力持ち。
写真と動画撮影担当のみおくん。いい笑顔の瞬間をうまく撮ってくれました。
久しぶりに司会をやってくれた、みのりちゃん。テンポが良く中高生のテンションもあがりまくり。
自身も学校の先生である、ゆまさん。分かりやすくお話をしてくれました。
結語講話をする内田委員長。30分で中高生に向けてのメッセージを語ってくれました。
ジュニア生高連大会で説明する、結衣子ちゃん。高校生の勢いはすごい!!

ジュニアに入るための3ステップ。入会。行きます。行く。 うーーん、ゆいちゃんらしい。分かりやすくてインパクトあるわー!!
色々と個性的なメンバーが集まって、この冬季中高生一泊見真会は大盛会のうちに幕を閉じました。3月のジュニア活動日に来てくれると決意してくれた子もいます。この見真会から誌友会に参加に繋がった子もいます。人と人とが縁をむすび、繋がる。喜びは次のステップへと続いています。このご縁を切らさずにフォローしていけたらなと思います。これからのみんなの成長が楽しみです(*´ω`*)


あなたに話してもらいたい。投稿546日目。

あなたに話してもらいたい。投稿546日目。

今から3ヶ月前。教区委員会での一言から始まりました。委員長から「あの人に話してもらいたいですね。お願いできますか?」 「あぁ、一度お願いしてみる。」それが4月の中旬。ボクは、ある方にこんなメールをしました。

「青年会として、講習会の体験談発表の候補者を考えたときにKさんにお願いできないかなーと言う話になりました。選ばれるかどうかはまだ分かりませんが、候補者としてぜひやっていただけないでしょうか?お返事は4月中でかまいませんので、ご検討ください。よろしくお願いします。」

「講習会の体験談の件ですが、率直にびっくりしました。と同時に思い出していただいた事をとても有り難く、光栄に感じました。率直に、なんだか嬉しかったです。しかもちょうど、まっさーさんに連絡をいただいたタイミングが、私が最大に自分や両親に苛立って、心がささくれだっていた時で。うまく言えないですが、こんなことじゃダメだな、半年後胸を張れる自分で在りたいな、成長したいな、と思ったのでした。ただ私はそんな立派な人間ではないですし、信徒かと言われるとよく分からないですし、もっとふさわしい方がいるのではないかと思います。」

この前後、ボクの体調不良も重なって、メールが来ていたにも関わらず、返す気持ちも湧かなくて、しばらく期間が空いてしまいました。休み明けの5月教区委員会で体験談の依頼を、もう一回ボクから頼む。ということになりました。

返事が遅くなってしまって申し訳ないなと思いつつも、ストレートにこう綴りました。
「ご連絡が遅くなりました。4月後半から、実は私のほうが体調不良で長期で休んでおりました。色々とあったのですね。実は自分も心の葛藤がかなりあって、結構ヤバいところまで行き着きました。でも踏みとどまることができたのは、生長の家や周りの支えのおかげなんでしょうね。ありがたいことです。Kさんの体験をぜひとも伝えてほしいです。良くなってから色々と葛藤もあったと思うし、悩み抜くこともあるでしょう。それも全部交えて、今のKさんの思いをぶつけてもらえたらなって。Kさんの体験で色んな方が救われるかと思っています。それだけ、あなたの体験は素晴らしいものをもっています。」とだけ伝えて、あとは本人に任せることにしました。

しばらくして、彼女から連絡がありました。
「体験談候補の件ですが、たくさん書いていただきありがとうございます。そんな素晴らしい体験を持っているかはさておき、お力になれたらと思いました…。私で良ければ受けさせていただきます。まだ決定ではないですし、他に最善な方が現れるかもしれないし、神さまのお導きにお任せしようという心境です。」

おおー、引き受けてくれて良かった。と同時にボクの頭にある思いが浮かんできました。彼女の体験談を講習会の場で絶対に読んでもらおう。と。その決意を胸に、彼女自身の体験談を作成のフォローをすることにしました。
講習会の体験談は7分。文字数にすると2100文字から2200文字程度。原稿用紙5枚分。原稿を作ってもらっては、電話しながら文章を直して意味の通るものにする。書いては直し、書いては直しの繰り返し。気がつくと原稿は第6稿まで直したりしていました。ようやく完成した時に、「これで、選ばれるかどうかは分かりません。でもせっかくここまでやったのでできることならボクはあなたに話して欲しい。あとは神様にゆだねましょう。」とお伝えしました。

その後、体験談の件、どうなった?と聞くと、内田委員長から「体験談候補者が少ないのと、周りがまだ原稿がきちんと完成していない方も見えるので、来月で決まります。」「ただ・・・うまくまとまりすぎて、プレゼンみたいですね。」と言われたときは軽くショックを受けたほどでした。おいおい、マジかよー。状態。
早速、その夜に電話しました。「体験談、次回で候補者が決まります。うまくまとまりすぎてあなたの持ち味を消してしまいました。すみません。でも、ここが頑張りどころです!!これをベースにあなた自身の言葉でもう一度書いてもらえませんか?」とお願いしました。「わかりました。ここまできたので、最後までやってみます。」との強い決意の言葉。あとは彼女自身の力に任せよう。細々としたところは少し手伝いながら、完成を目指していきました。

そして、8月の七者会議終了後、「体験談、Kさんに選ばれました。」と聞いた時は、目から光るものが溢れ出て来ました。そして、心の中で大きくガッツポーズ。次の日に電話で、「Kさん、講習会の体験談、あなたに決まったよ。本当におめでとう。」と伝えました。すると「え?本当ですか?まだ実感がわかないですが、喜んでいいんですよね?」「ええ、めっちゃ喜んでください(笑  たぶん、お話しているうちにもっと実感湧くようになりますから。」 「そうですね、早速母に話してみます。」

中央に写るのがKさん。青年練成会に初参加していた彼女が体験談を話すことになるとは、ホント不思議だ。

諦めずに、最後の最後まで頑張ってくれた成果が、身を結びました。なんて言うか、自分が一度でも関わってくれた人には輝いて欲しいし、こういう素晴らしい機会はぜひモノにして欲しいと心の底から思っているからかもしれません。講習会まで2ヶ月半。彼女の体験談が集まってくれた全ての人々の心へ届きますように、ジムキョクチョーまたまたサポートさせていただきます( ´ ▽ ` )
彼女の体験談を生で聞きたい場合は、11月11日開催の生長の家講習会 アイプラザ豊橋まで。 ぜひ聞きに来てね。よろしくお願いします〜。


みんなで楽しくつくる青年誌友会。投稿485日目。

みんなで楽しくつくる青年誌友会。投稿485日目。

青年練成会まであと15日。
もうそろそろ片手でカウントダウンできるくらいに
差し迫ってきました。そんなカウントダウンにビクビク
しているジムキョクチョーのまっさーです。

昨日、地元で青年誌友会を開催しました。
いつも開催日の前日が前々日に誌友会の参加確認と
宜しくお願いしますのメールをするようにしています。

いつも親子参加者してくれるMさんに

「明日、誌友会宜しくお願いします。」

「こちらこそ、お願いします。明日、いつも連れていく
娘のお姉ちゃんも連れて行きますので。」

「おおー。そうですか。嬉しいです。ありがとうございます。」

「それと・・・先日久しぶりにお会いした方と息子さんも来ますので
お願いしますね〜。」

「ええええええ。ってことは5人で来られるってことですね〜」

「は〜い。宜しくお願いします。」

というわけで、

今月の青年誌友会は大勢参加してくれました。初参加が3人来てくださいました。

親御さんを含めると、何と安城青年誌友会過去最高の12人の参加。
用意していたお菓子の数が足りなくて、買いに走ったのは内緒です(笑
嬉しい悲鳴とはこういうことでしょうね。

いつも来てくれるメンバーももちろん楽しくお話したり学んだりできますが
初めての参加者が来てくれると、色んな刺激になります。

最近、地方講師の先生からこんなアドバイスをいただきます。

「誌友会は初めての人をなるべくお誘いして、学んでもらう場所なのよ」
「初めての方を参加者のみんなでお世話することで、自分達も学ぶことができるの」

うん、すごく深いな、この言葉。

今回、初めての方がたくさん来られて緊張していたにも関わらず
いつも参加してくれるメンバーが明るく楽しい雰囲気を作って盛り上げてくれました。
またお茶を入れたり、話を振ってくれたりと進んで行ってくれました。
こういう何気ないことができるようになるのを見ると、成長したなって思います。

特にMさんに初めての方を連れて来てくださいとお願いはしてませんでしたが
安城青年誌友会にお誘いしてくれたことはとても嬉しかったです。
「みんなで楽しくつくる青年誌友会」をモットーに楽しい誌友会になりました。

亀田くんが4日後に誕生日を迎えることがわかり
参加者のメンバーでサプライズを行いました。

ハッピーバースデーソングとみんなの寄せ書きプレゼント。

最後、借りていた会館が閉まるギリギリに書き終えて
何とか時間内にお渡しすることができました。セーフ(笑

この素晴らしい企画を考えてくれた響子ちゃん、ありがとう。
そして誕生日を迎えた亀田くん、おめでとうございます。

安城の誌友会はこんな笑顔の絶えない雰囲気で行っています。
ちょっと参加してみたいな〜とかお話してみたいなって思ったら
ジムキョクチョーのボクまでお気軽にお声がけください。
初めてでも明るく笑って楽しめます!!  興味がある方はぜひどうぞ( ´ ▽ ` )


いつまでも心に残る、夏季青少年練成会(前編)投稿456日目。

いつまでも心に残る、夏季青少年練成会(前編)投稿456日目。

こんばんは、ジムキョクチョーのまっさーです。
やっと自宅に帰ってきました。
久しぶりのブログ更新、お待たせしてすみません。

さて28日から30日にかけて「夏季青少年練成会」が
瀬戸市の定光寺野外活動センターで行われました。
やっとブログをかけるのはありがたいのですが
写真を撮った枚数が何と750枚以上。
めちゃくちゃ撮りまくってました。

そこで、今回の夏季青少年練成会の様子を
前後編に分けてお届けしていきます。
準備はいいですかーーーーーー?

バスを降りて、頂上を目指して小学生と中高生は
急な坂道を一所懸命登ってきます。
そこでカメラを持って待ち構えていると・・・・

くまさーんみーつけた。みぽりんと隆史くんの育成コンビ。
ゆまさん。忙しいところ全期で参加してくれました。ありがとー。
高校生のたっちゃん。楽しんでくれて良かったです。
広報のタニーさん。丸い眼鏡の奥が輝く少年のよう。
みきてぃー。妖しげな
扇子を持つお姉様!?それでもみんなに優しいみきてぃー。

ブログでもおなじみのメンバーが笑顔で現れてくれました。
カメラは至る所にもシャッターチャンスがあります。
おーい、社長と呼ばれて振り向くと・・・

社長、俺たちを忘れちゃ困るぜーーーー。
たかひろ&たつや。迷!?コンビの登場です。いつも面白いな、ホント。

そんな中高生や学生が元気なら、小学生はもっと元気です。

外ではしゃぐ子供達。自然と触れ合う大切な時間。
おーい、あんまり遊びすぎるなよーーー。声をかけるのは内田イインチョー。

都会では見られない現象もたくさんあります。

自然を歩いていると、こんな不思議な生き物に出会いました。わかるかなー?

でも一番はしゃいでいるのは、33歳のこの人(笑

今回の定光寺野外活動センター。自然があふれて緑がとても気持ち良いところでした。
動画も撮ってみましたので、少しは行った気分になると思います。
よろしければご覧ください。

さーて次回、まっさーの浄円月なひととき
「燃えあがる、カレーとキャンプファイヤーの行方」の一本です。
明日のブログもまた見てくださいねー。じゃんけんポーン。
うふふふふ( ´ ▽ ` )


夏の思い出作りは、お任せください。投稿455日目。

夏の思い出作りは、お任せください。投稿455日目。

木曜日は普段お休みですが、明日からの
「夏季青少年練成会」の準備のため、出勤です。

今日は長い一日になるのかなーと思っていたところ
安城青年誌友会でもおなじみの「たっちゃん」こと
達也くんが教化部に来てくれて荷物の搬入や
お手伝いを行ってくれました。ホントありがとう。
おかげで夜遅くならずに準備ができました( ´ ▽ ` )

いよいよ明日から日曜日にかけて「夏季青少年練成会」が
行われます。初めて3日間運営に入るのでドキドキと楽しみで
いっぱいです。新米ジムキョクチョーとして頑張ります。

そんなジムキョクチョー、明日から3日間何やるのーーーー?
えーと何でもやるみたいです。いえやります(笑
行うことの一つに、カメラでの撮影があります。
子供達が三日間成長していく姿をファインダー越しに
収めていく大切な役割です。帰り際にマイカメラを手入れ。

充電よし、子供達の笑顔を撮る準備もよし。自分のニヤつく顔もよし。

山奥なのでブログの更新ができないかもしれませんが
インスタなどで発信していきたいと思います。

子供達の笑顔と思い出写真は私にどうぞお任せくださいませ!!!
皆さま3日間よろしくお願いします。


30歳になった君を祝う。投稿454日目

30歳になった君を祝う。投稿454日目

私たちが真理を学んでいる、生長の家愛知県教化部が
今日で落慶30周年を迎えました。

30年。言葉に起こせばたった三文字。
しかしながら、ここまで迎えるのに数多くの先輩たちの
献資や愛念があったのは間違いありません。

そんなおめでたい式典に愛知県出身でもある
本部講師の先生がゲスト講話で来てくださいました。

香川教区教化部長の記念式典講話。ユーモアあふれる内容。

驚いたことに、私が知らない昔の教化部の様子がいっぱい。
例えば、30年前の教化部。どんな様子だったと思いますか?
衝撃まで3秒もかかりません。

30年前の教化部の様子。すごい・・・年季を感じさせます。

建物は今と比べると簡素なものですが、それでも
真理を求めて来られる方は今以上の勢いがあったとのこと。
それだけ、この世界最高の教えを色んな方に浸透して
お伝えされてきたからだと思います。

さらに、30年以上前の女子青年見真会の写真も。
中には、現在白鳩会で活躍されている方も見えました。

遠目ですが、青年会の女子青年。こんなにもたくさん。

私の知らない愛知の歴史がここにありました。
真理の燈台は一朝一夕でできるものではありません。
長い年月をかけて先輩たちが積み重ねて来たものが
今、こうして形となって現れて来ています。
これからの私たちも頑張っていかなければいけませんね( ´ ▽ ` )


思わず力がこもる3分間。投稿449日目。

思わず力がこもる3分間。投稿449日目。

昨日、突然の提案に緊張した。
白鳩会加藤会長のご好意により
青年会が力を入れている「東海ブロック共催青年練成会」の
趣旨や推進の説明の時間をいただいた。

こういう提案は非常にありがたいもの。
青年会はなかなか他組織の皆さんの前で話す機会が
どうしても少ないからだ。会長、ありがとうございます。

委員長が平日仕事などで来られない場合は
変わって事務局長が代理でお話したりします。

「会長、ありがとうございます( ´ ▽ ` )」
「どのあたりでお話すればよろしいですか?」
「この時間に来て説明してくれるかしら。」
「分かりました。よろしくお願いします。」

というわけで・・・しゃべりました。
青年練成会の熱い想いと推進の喜びを胸に
3分間緊張しながらしゃべりました(汗

マイクを握りしめながら話すボク。photo by Kenji.K

こんなにも大勢の皆さんの前でしゃべりました。
しつこいよーーーーーーーー(笑

美しい白鳩会の皆さんに緊張する私。横には教化部長と会長。

「美しい白鳩会の皆さま、ありがとうございます。
青年会ジムキョクチョーのまっさーです。」

とココまでは覚えているボク。
えーとあとはどう喋ったか覚えてないです(笑

目標の突破に向けて、青年会だけではなく白鳩会の
皆様の協力が欠かせません。当日は大盛会の青年練成会に
していきたいと思いますので、どうぞご協力よろしくお願いします。