タグ: 読書

下を向くな。上を向こう。投稿435日目。

下を向くな。上を向こう。投稿435日目。

世の中にはたくさんのコトバがあふれています。
どれだけの言葉に出会えるか。どれだけの良書に出会えるか。
それはまるで人生の宝探しに出かけるようなもの。

こんな英文をご存知ですか?
「Heaven helps those who help themselves」
中学校の英語の教科書にも出てくるほど有名なフレーズ。

和訳すると「天は自ら助くる者を助く。」
サミュエル・スマイルズの名著:Self-Help(和訳:自助論)の冒頭に
出てくる文章で、一度は聞いたことがある方も見えると思います。

他人に頼らず、自立して努力する者には天の助けがあり、必ず幸福になるいう意味。
努力の素晴らしさと大切さを教えてくれる名言です。

先日、「自助論」を勧めてもらって強い衝撃を受けたボク。
疲れた体を電車に揺られながら、通勤する日々にガツンと
パンチをくれた刺激的な本。

その「自助論」と並ぶスマイルズの名著があるとのことで早速購入。

スマイルズの二大名著のひとつ「向上心」

スマホを見ると自然と首が下を向いてしまう。
でも、この本を読めば自然と上を向きたくなる。
良書には心を元気にしてくれる働きがあります。

「怠惰は悪魔が休息するクッション」と書かれているように
何でもいいから自己啓発やスモールステップアップを行うと
一日のスタートがとても爽快に始まります。
「向上心」は人にオススメしたくなる一冊です。

えーっと、一つ残念なことがありました。
今朝のウォーキングで大雨に振られてしまい、本が半分濡れてしまいました(泣
寝る前にドライヤーで乾かして、明日に備えます・・・。
徒歩だけにトホホな一日でした。でも上を向いて明日もガンバるよーー。


事務局長のつぶやき。投稿427日目。

事務局長のつぶやき。投稿427日目。

ブログで一見華やかそうに見えていても、その裏側には
たくさんのことを水面下で行なっていたりします。
私も青年会事務局長というお役が与えられていますが
ブログで書いている以外に地味に動いていたり、なかなか
骨の折れることも時には遭遇したりします。

「俺は一体なんのために、こんなことをやっているのだろう?」
「ぬおおおおおおおおおおおお。なんでやー。」
妙に怒れてきたり、ふと忙殺されるなかで、一瞬自分の存在を
考えてしまうこともあります。私だってありますよー。

そんな中で出会ったこの本が面白かった。

堀切研一著『裏方力が人を動かす』

裏方の素晴らしさに焦点をあてた本。
その中で、裏方の素晴らしさについてこう書いてありました。

・裏方こそあえて複雑で面倒な仕事を引き受けることで
 自分の希少性が増す。

・周囲の人たちに表に立ってもらって、持ち味を発揮して
 もらい集団の力に繋げることができる。

・自ら裏方力を高めることは自ら成長すること。

元AKBの高橋みなみさんの裏方力も書かれていて素晴らしかった。
「AKBとは高橋みなみのことである。」と秋元康氏が
絶賛したのは、この本を読んでいたら妙に納得できた。
たかみなが、何故辞めた後でも心に残っているのか
それは彼女のもつ裏方力があったからだと言われています。

なかなか報われにくく、光が当たらないようなところでも
やり方と思い一つで活路を見出していける。
そんなヒントが1000円で分かるんだから、かなりお得です。
元気になれるな、この本。

あーだめだ。でも、もうちょっとだけガンバってみよー。
この繰り返しが自分自身を強くするのかもしれません。
ふと、つぶやきたくなる夜でした。
ジムキョクチョー、明日も笑顔でガンバリます( ´ ▽ ` )