タグ: 読書

根気よく続ける。投稿662日目

根気よく続ける。投稿662日目

自分が自分らしくあるために、どうすれば良いか。
青年会活動やブログ、日々のコミュニケーションを行っていくうえで、これは本当に役に立っているのか、ただの自己満で逆に傷つけてしまっているのではと考えてしまうことがあります。

特にコロナウイルスの影響により、先行きが見えない状況のなかで、何をやっていけば正しくて、何が間違っているのか、見極めるのがすごく難しい状況。

そんな迷ったときに原点に立ち返る本があります。鍵山秀三郎著『凡事徹底』。
その中にこんなコトバが書かれている。

「世の中は根気の前には頭を下げることを知っています。火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。だから、牛のよだれのようにもっと根気よくやりなさい。」

鍵山秀三郎著『凡事徹底』より

ことわざに『商いは牛のよだれ』というものがあります。
商売とは、牛のよだれのように小さな利益を根気と忍耐で集めて、大きな利益にしていくという内容。

健康な牛は、1日に50~60リットルのよだれを分泌するそうです。ただ、これは牧草を食べる牛の場合。乾燥した干し草を食べる場合は、1日で実に200リットルものよだれが出る。ちなみに人間のよだれ分泌量は1日1.5リットルくらいだから、いかにすごい量を出すかがよく分かります。

一攫千金を狙うと、失敗することが多い。商いの基本として、努力して小さな結果を積み重ねて、時間をかけて大きな成果をあげるという、実に地味で根気のいる作業が必要だそうです。

商売だけではなく、何を行うにしても、根気よく小さな成果を積み重ねていく必要がある。一度に大きな成果を狙うと、なかなかうまくいかない。仮にうまくいったとしても、花火のように一瞬にて消えてしまいます。

何事にも最も重要なのは根気と忍耐です。通常なら根気が続かず、やめてしまうと思うようなことを、あきらめずに続けたために、成功を手にしたという人たちがたくさんいます。
もう一度、根気と忍耐の価値を見直しましょう。コツコツとがんばり、絶対に諦めなければ、高い確率で成功することができます。

鍵山さんの本と語源の解説サイトを見ていて、改めて自分自身がやっていることの意味・大切さを痛感させられたような気がします。

なかなか成果が見えてこないと、本当にこれで良いのかと感じてしまうことがあります。停滞期。それでも続けてやっていくうちに、大きなうねりと成果になってかえってきます。

やめてしまった瞬間に、自分を否定してしまうことにつながってしまうかもしれません。今までの自分は何だったのだ?そうならないためにも、自分が大切にしている信念は貫き続けるべきかなと思います。

このブログも誰かの役に必ず立っている。誰かに喜んでもらっている。
そう信じて、これからも続けてまいります。
でもね、ボクも人間。たまには励ましのコトバもらえると嬉しいです(笑

諦めずに続けていれば、花は咲く。

やらない後悔よりもやって後悔。投稿648日目

やらない後悔よりもやって後悔。投稿648日目

「今回はこんなわけで、会えないんだ。」
仲の良い友達に、このコトバを伝えるのが辛かった。コロナウイルスの関係で、3月いっぱい青年会での対面自粛を決めている中で、私生活でも極力外出を自粛をしています。

別にプライベートくらいと思われる方も見えるかもしれない。でもすべての行動は繋がっていると思う。コトバに一貫性がないと、何であなたはOKで私はダメなの?と思われるし、他のみんなにも同じことを伝えられない。こうやって書いているが、この決断は非常にツライ。

その方とはお互いが予定を作って会うと決めているのだが、どちらかと言うと相手の方がボクの予定を合わせてくれることが多い。だから電話で断ったときもすごく残念そうだった。本当にごめん。そしていつもありがとう。またこの埋め合わせは必ずします。

話は変わって、スティーブン・R・コヴィー著『7つの習慣』という本を読みはじめた。読んでいる理由は2つある。1つは、青年会で21日間習慣化プログラムという企画をやっている。その中で習慣が及ぼす影響、それに特化したものはないかと探したときに、この本に出会った。

とはいえ、この本をずっと敬遠していた理由があった、500ページも超える分厚さ。買おうかどうか迷って、読む気にはなかなかなれなかったが、もう1つの理由から読み始めてみようと決意した。それは尊敬するNさんからメールをいただいたことだった。

スティーブン・R・コヴィー博士の『7つの習慣』という本をご存知ですか⁇
読書好きの雅晴さんならきっとご存知ですよね。

その中で、誠意・謙虚・誠実・勇気・忍耐などを磨く事が大切で、「人格主義」が成功の鍵と説かれています。

今回の新型コロナウィルスの件で、何を考え、行動に移せばいいのかと、自問自答する毎日です。日本経済の先行きも不透明です。こんな時こそ、『善いと考えたことをそのまま行動に移すことができるか』これが『自分の人生を生きる』ことに繋がるのでしょうか。色々な行事が中止になる中、少しでも多く聖典を拝読し、自分の「人格」を高めていきたいと思っています。

ボクをいつも温かく見守ってくれる方からのメッセージより。

まさに天の声をいうべきか。Nさんはいつも温かく見守ってくれて、時にはすごくしっかりとしたアドバイスをくれる。知ってか知らずか、いつもボクが迷っているときにメールが届くので、どこかで見ているのでは?と思うくらい。それでもこの心遣いがいつもありがたい。

いい笑顔だ。

読み始めていて、とある文章に目を引いた。

ある日曜日の朝、ニューヨークの地下鉄で体験した小さなパラダイムシフトを私は今でも覚えている。乗客は皆黙って座っていた。新聞を読む人、物思いにふける人、目を閉じて休んでいる人。車内は静かで平和そのものだった。

そこに突然、一人の男性が子どもたちを連れて乗り込んできた。子どもたちは大声で騒ぎだし、車内の平穏は一瞬にして破れた。

男性は私の隣に座り、目を閉じていた。この状況にまったく気づいていないようだ。子どもたちは大声で言い争い、物を投げ、あげくに乗客の新聞まで奪い取るありさまだ。迷惑この上ない子どもたちの振る舞いに、男性は何もしようとしない。

私は苛立ちを抑えようにも抑えられなかった。自分の子供達の傍若無人ぶりを放っておき、親としての何の責任も取ろうとしない彼の態度が信じられなかった。他の乗客もイライラしているようだった。

私は精一杯穏やかに、「お子さんたちが皆さんの迷惑になっていますよ。少しおとなしくさせていただけませんか。」と忠告した。男性は目を開け、子どもたちの様子に初めて気づいたかのような表情を浮かべ、そして、言った。

「ああ、そうですね。どうにかしないといけませんね…。病院の帰りなんです。一時間ほど前、あの子たちの母親が亡くなって…これからどうしたらいいのか…あの子達も動揺しているんでしょう…」

その瞬間の私の気持ちを想像できるだろうか。私のパラダイムは一瞬にしてシフトした。突然、子どもたちの様子がまったく違ってみえたのだ。違って見えたから、考えも、感情も、行動も変化した。

7つの習慣より引用

このようにして一つの見方を変えると同じ視点でも全く違って見えるのだ。
自分の行動や言動は正しい!!と思っていても、受け取る相手にとっては迷惑になることもあるし、はたまた好印象に受け取ってもらえるときもある。

また、別のページにはこう書いてあった。

誰しも、自分は物事をあるがままに、客観的に見ていると思いがちである。だが実際はそうではない。私達は世界をあるがままに見ているのではなく、私たちのあるがままの世界を見ているのであり、自分自身が条件づけされた状態で世界を見ているのである。

7つの習慣より引用

相手を想い、相手へしっかりとメッセージを伝えているつもりが、実は全く逆の方向へ捉えられてしまい、最悪の場合、人間関係に大きな影響さえ及ぼす。
自分自身の発信も相手のことを良かれと思い、色々と書かせていただいている。ただ、毎日書いているがゆえに、誤解を与えてしまうこともあります。

なぜこれを書いているのか、何を誰に伝えたいのかを事前に伝えていても、迷惑をかけてしまうことがあります。批判される恐れもあります。でも、何もやらない後悔よりも、やって後悔。大勢に分かってもらえなくても、たった一人にでも分かってもらえさえすればいい。

ボクという人間を信じてもらい、目の前の人の喜びやありのままを伝えていきたい。そういう信念を持って行動しています。伝わるといいな。

遊ぶことをキャンセルしてしまったYさんにも、この気持ちが分かってもらえる日が来ると信じて。いつも大切に思ってくれてありがとう。


読書には未来を変える力がある。投稿626日目。

読書には未来を変える力がある。投稿626日目。

『鬼滅の刃』というマンガが流行っている。合同卒園式や家庭訪問したときに、今、学校で流行っているのは何?と聞くと同じ答えだった。今の流行に取り残されないためには、これを読むことだ。子供心を掴む何かがあるのだろう。

ボクが本と出会ったのは、小学校5年生。入院をしていたときに叔母が暇なら読んでみてと持ってきてくれたのが『豊臣秀吉』の伝記だった。正直、文字を読むのが苦手で最初は読む気がしなかった。

ただ、あまりにも暇すぎたので読むことにした。豊臣秀吉は知ってのとおり、農民から苦労してのし上がった人物。織田信長と出会い、才能を見いだされ活躍していく。特に寒い中、ふところで草履を温めているシーンは有名だ。

物語に触れていく中で、入院中はとても勇気づけられた。本ってこんなに面白いんだ。もっと読んでみたいという気持ちになった。中学生の頃は歴史にハマり『三国志』や世界の歴史が書かれている本などを読み漁った。国語の点数は良くなかったが、読書することは好きだった。

大人になっても読書することで助けられたことも多い。先日、青年会幹部研修会で発表をさせていただいた。そこでプレゼンを作るうえで参考にしたのも昔買った本だった。ネットから情報も引っ張れるが、絶対に本のほうがよい。思考を貼り巡らせることができる。こういう時はあそこに書かれている本だ!!と瞬時に引っ張ってこれる。

本が嫌いな人にぜひ読んでほしい一冊がある。喜多川泰著『書斎の鍵』
生前、親交が薄れれていた父が息子に遺した唯一の遺産。それが書斎だった。読書・執筆などをするための部屋のことだ。

自己啓発系の小説は数あれど、喜多川泰さんは違う。とにかく読みやすいのだ。
15ページは頑張ってめくってほしい。ここを超えたら、もう喜多川泰ワールドにハマる。本が嫌いな人がなぜ嫌いか。嫌いという習慣が身についているからだ。最初はやったことがないから拒絶する。でもそこを挑戦していくことが新たなスタートが始まる。好きへの転換の第一歩。

本嫌いの息子が、父の遺言状を通して、読書することの大切さ・面白さ・奥深さを知っていく内容。そしてこの本の最大の特徴は、中盤にページの色が違うところがある。そこにたどり着いた頃には、感動すら覚えるだろう。

今、ちょっとでも欲しいと思った貴方。決してKindleや電子書籍で買うな。ちゃんと手元に取って最初から読んでみてほしい。ボクの言っていることが分かる。読書したくなるから。そうすると考え方も変わり、人生も変わるから。読んだら変わる。ぜひ読んでほしい!!

『書斎の鍵』の終盤に、こんなコトバが書かれている。「読書には未来を変える力がある。」読書することで知らなかった世界と出会い、知らなかった未来が見えてくる。なんてステキなことだろう。

読書の面白さを伝えてくれた叔母に感謝したい。ありがとう。

ゆっくりと読書する。至福のひととき。

生き様。投稿597日目

生き様。投稿597日目

またも衝動買いしてしまった。理由は読みたくなったから(笑
この人が本を書いたらいいなと思っていたら、年末に発売。
Amazonの評価が☆5つばかり。こんな本は、なかなか無い。

奥ノ谷圭祐著『いいねを購入につなげる 短パン社長の稼ぎ方』

短パン社長こと奥ノ谷圭佑社長の存在を知ったのが、営業マン時代のとあるセミナー。取引先のお客さんに「なかなか忙しい方で滅多に刈谷には来ないから、おいでよ。」と言われたことだった。

取引先のお客さんは、エクスマという藤村正宏先生が主催している塾生さん。
エクスマとは、エクスペリエンスマーケティングの略。簡単に書くと、ただモノを売るのではなく、自分の体験を通して伝えたり、お客さんとのゆるいコミュニティーを形成して関係性を生み出す。というもの。

今だから書けるが、取引先のお客さんのことを正直好きではなかった。行くといつも値段の話と価格交渉でげんなりしていたからだ。ただ色々と勉強していて、雑談のなかで、エクスマのことを聞いた。

セミナーの内容は正確には覚えていないが、共感性を生み出すこと、発信をすることの大切さ。は覚えている。発信しないことは自分が存在していないのと同じと言っていた。

その藤村先生のお弟子さんが、短パン社長。アパレルメーカーの社長さんでもありながら、形にとらわれない手法で服以外のものも販売している。驚いたのがビールやカレー。短パン社長が発信したら瞬く間に売れてしまう。SNSで彼のブログを見ていると業種は違えどワクワクする。突き刺さる内容もたくさんある。

特筆すべきは、ブログを10年間、1日も休まずに続けていること。ボクも400日までは頑張って続けたことがあるが、限界を感じてやめてしまった。だからクオリティを落とすことなく書き続けているのはすごい。自分もこうなりたい。

そんな彼が書いた本だから、面白くないわけがない。今日は久しぶりの徹夜かもしれないな(笑


下を向くな。上を向こう。投稿435日目。

下を向くな。上を向こう。投稿435日目。

世の中にはたくさんのコトバがあふれています。
どれだけの言葉に出会えるか。どれだけの良書に出会えるか。
それはまるで人生の宝探しに出かけるようなもの。

こんな英文をご存知ですか?
「Heaven helps those who help themselves」
中学校の英語の教科書にも出てくるほど有名なフレーズ。

和訳すると「天は自ら助くる者を助く。」
サミュエル・スマイルズの名著:Self-Help(和訳:自助論)の冒頭に
出てくる文章で、一度は聞いたことがある方も見えると思います。

他人に頼らず、自立して努力する者には天の助けがあり、必ず幸福になるいう意味。
努力の素晴らしさと大切さを教えてくれる名言です。

先日、「自助論」を勧めてもらって強い衝撃を受けたボク。
疲れた体を電車に揺られながら、通勤する日々にガツンと
パンチをくれた刺激的な本。

その「自助論」と並ぶスマイルズの名著があるとのことで早速購入。

スマイルズの二大名著のひとつ「向上心」

スマホを見ると自然と首が下を向いてしまう。
でも、この本を読めば自然と上を向きたくなる。
良書には心を元気にしてくれる働きがあります。

「怠惰は悪魔が休息するクッション」と書かれているように
何でもいいから自己啓発やスモールステップアップを行うと
一日のスタートがとても爽快に始まります。
「向上心」は人にオススメしたくなる一冊です。

えーっと、一つ残念なことがありました。
今朝のウォーキングで大雨に振られてしまい、本が半分濡れてしまいました(泣
寝る前にドライヤーで乾かして、明日に備えます・・・。
徒歩だけにトホホな一日でした。でも上を向いて明日もガンバるよーー。


事務局長のつぶやき。投稿427日目。

事務局長のつぶやき。投稿427日目。

ブログで一見華やかそうに見えていても、その裏側には
たくさんのことを水面下で行なっていたりします。
私も青年会事務局長というお役が与えられていますが
ブログで書いている以外に地味に動いていたり、なかなか
骨の折れることも時には遭遇したりします。

「俺は一体なんのために、こんなことをやっているのだろう?」
「ぬおおおおおおおおおおおお。なんでやー。」
妙に怒れてきたり、ふと忙殺されるなかで、一瞬自分の存在を
考えてしまうこともあります。私だってありますよー。

そんな中で出会ったこの本が面白かった。

堀切研一著『裏方力が人を動かす』

裏方の素晴らしさに焦点をあてた本。
その中で、裏方の素晴らしさについてこう書いてありました。

・裏方こそあえて複雑で面倒な仕事を引き受けることで
 自分の希少性が増す。

・周囲の人たちに表に立ってもらって、持ち味を発揮して
 もらい集団の力に繋げることができる。

・自ら裏方力を高めることは自ら成長すること。

元AKBの高橋みなみさんの裏方力も書かれていて素晴らしかった。
「AKBとは高橋みなみのことである。」と秋元康氏が
絶賛したのは、この本を読んでいたら妙に納得できた。
たかみなが、何故辞めた後でも心に残っているのか
それは彼女のもつ裏方力があったからだと言われています。

なかなか報われにくく、光が当たらないようなところでも
やり方と思い一つで活路を見出していける。
そんなヒントが1000円で分かるんだから、かなりお得です。
元気になれるな、この本。

あーだめだ。でも、もうちょっとだけガンバってみよー。
この繰り返しが自分自身を強くするのかもしれません。
ふと、つぶやきたくなる夜でした。
ジムキョクチョー、明日も笑顔でガンバリます( ´ ▽ ` )