タグ: 相愛会

情熱の相愛会愛知教区大会をレポート。投稿426日目。

情熱の相愛会愛知教区大会をレポート。投稿426日目。

よーし書くぞーーーー。
今からいっぱい書くぞーー。皆さまお待たせしました。
昨日は男性の組織からなる相愛会の教区大会が開催されました。

今回も専属!?カメラマンとして教区大会の様子を撮影しました。
写真を撮るだけなら誰でもできる。でもそれだけじゃ伝わらない。
会場に来られた方も来られなかった方もこれを読めば感動が湧き上がる
ことは間違いなし!! 魂と真心込めてお伝えしたいと思います。

第41回相愛会愛知教区大会へようこそ

教区大会とは2年に1度、国際本部から先生が来てくださり、現在の生長の家の運動や
教えについて分かりやすく学ぶことのできる大会です。つい先日も女性の組織から
集まる白鳩会の教区大会があり、大盛会を迎えることができました。

感動の白鳩会愛知教区大会の様子はこちらからご覧になれます。
前編
後編

さて、開場と同時にたくさんの参加者さんが列を作りました。
運営委員さんが歓迎の拍手を送ります。

「ありがとうございます。」と来てくださる方へ感謝の思いを込めて。
こんなパンダ達も皆様をお出迎えです(なぜか会場にありました)

国際本部からお越しくださいましたのは澤田本部講師。
相愛会・栄える会の総括実行委員長をされているトップの方で
今回、愛知教区大会のためにご指導しに来てくださいました。

「人生の主人公になろう」をテーマに、生長の家の基本教義を分かりやすく教えてくださいました。

当日の朝、澤田先生をお迎えに伺ったのですが、とても気さくな方で
道中も常に笑いや笑顔が絶えないほど素晴らしい先生で、午前の講話でも
その人柄が伝わってくるほどでした。こういう大人にボクもならなきゃね。

休憩を挟んで、鈴木教化部長の講話がスタート。

「日時計主義を実践しよう」をテーマに、ご自身の体験を交えてお話されました。

毎回思うことは、本部講師の先生のお話は惹きつけられるものが多く
同じような内容に聞こえても、その時の心境で気がつくことも様々です。
お二人のお話を聞いていて、たくさんの経験をされているなぁと感じました。

それは参加者の皆さんも感じることがあったようで会場は
本部講師の先生の講話が始まると一言も聞き漏らしてはいけないと
真剣そのもの。

素晴らしい講話を聞く会場の様子。真理のコトバが会場を包み込みます。

昼食を挟んで、午後の部がスタートしました。
するとどこからともなく美しい歌声が聞こえてきました。
と言っても女性の声ではなく、男性の声の集まり。

実は相愛会聖歌隊の皆さんによる聖歌の発表です。
今回は全部で三曲。しかもピアノ伴奏ではなくフルートの
生演奏に乗せての斉唱です。

相愛会聖歌隊の皆さんによる聖歌。

今回指揮をされているのは、林さん。
何と自転車で愛知から山梨まで行ってしまうほど驚きのエピソードの持ち主。
そんな林さんの指揮で総勢16名の方の歌声があたりに響きわたり
男性ならではの伸びのある歌声が周りを包み込みました。

聖歌が終わり、カメラを向けるとそこには達成感と充実感で満たされた
皆さんの姿がそこにはありました。

今日イチのベストショット。

聖歌隊のあとは白鳩会教区大会で好評だったサンフェローズの皆さんによる
「心と健康体操」で参加者の皆さんと一緒にリフレッシュ。

また喜びの相愛会活動の紹介として、相愛会誌友会や環境保全の取り組みなどを
会場の皆さんへ分かりやすくお伝えしました。
ここから新たな参加者や協力者が出てこられると嬉しいものです。

相愛会副会長による活動の紹介。

いかがでしたか?
このアツーーーーイ「相愛会愛知教区大会」の1日を
ギューーーーっと5分で読めるくらいにまとめて見ました。
でも実際に書いているのは2時間くらいかかってます。

スクロールしたら3秒で終わってしまうけど、それでも
このブログを通じて、「相愛会愛知教区大会」の喜びが
多くの人に伝わってもらえたら幸いです。だから
ゆっくり読んでくださいねーーー( ´ ▽ ` )