タグ: 料理

白鳩会愛知教区大会へようこそ(前編) 投稿415日目。

白鳩会愛知教区大会へようこそ(前編) 投稿415日目。

こんばんは、まっさーです。
終わったあとの心地よい疲労感ってこのことを言うのでしょう。
体は疲れていても、心は一体感に包まれた白鳩会愛知教区大会とともに
今も残っています。最高の気分ですね。

白鳩会愛知教区大会へようこそ。素晴らしい一日の幕開けです。

もうあまりにも色んなことがあって、帰る前からブログは前後編に分けよう。
そう思うくらい書きたいことでいっぱいです。そんな素晴らしい教区大会の様子を
カメラマンのまっさーが余すところなくお伝えしていきます。用意はいいですかー?

朝9時半の会場と同時に受付にはたくさんの来場者の方々が集まりました。

受付前の様子。朝からたくさんの女性に囲まれました。幸せだなー。

そんな受付の様子をカメラとスマホを片手ずつ抱えていると
「まっさーさん、写真を撮ってくれませんかー。」と呼ぶ声が。
振り向いてみると、いつもお世話になっているTさんの姿。

話を聞いてみると、母親教室などで知り合いになったお二人。
引っ越しをされて年賀状のやりとりだけになっていたのですが
何と今回、15年ぶりに再会することになりました。

15年ぶりの再会。
感動のシーンの遭遇に、思わずシャッターをきるボクも嬉しくなります。

こういう嬉しいことに立ち会えて、思い出を残してあげること。
写真やブログを通じてお伝えできるって嬉しいです。

また会場には熊本震災のチャリティーとしてバザーコーナーが用意されていました。
この日のために、各地からたくさんの量が集まりました。

朝から行列が途絶えないほどの大人気コーナー。

手作りの小物から洋服、バッグなど種類は豊富。

こちらは生活用品に使えるものなどが用意されてました。

まだまだあリますよー。

そして10時の開会直前には

1階はもちろん、2階や3階もいっぱいになるほどの参加者でいっぱいになりました。

教区連合会長のご挨拶に始まり、教化部長の体験談をもとにお話された講話は
会場の皆さんが思わず納得するなどの、真理がたくさん詰まった分かりやすい
お話でした。いつ聞いても素晴らしい内容です。

そして午前の最後には、国際本部から来られた森田白鳩会副会長による講話。
自ら率先して生長の家の活動や現在取り組んでいることを交えてお話しして
いただきました。

真剣に講話に耳を傾ける参加者の皆さん。心がますます美しくなりますね。

そして午後からは○○○の皆さまや、昨年好評だったあの方達が舞台に登場。
ここからさらに白鳩会教区大会は盛り上がってきます。
勿体ぶらずに教えてくれよーって思われた方。ごめんなさーい。
続きは明日の後編で書きたいと思います。かなり書いたので・・・。
明日のブログをお楽しみにください。読んでくれないと泣いちゃいます(嘘


コロッケ。投稿411日目。

コロッケ。投稿411日目。

昨日、早めに上がって向かったのは30代の青年会員のお宅。
特に仕事が終わってからの家庭訪問は「行く!!」と決めないと
なかなか足が運ばなくなるので。3人くらいに声をかけてから
一気に行くようにしています。

そんな彼と自宅の中で近況や行事などのご案内をしていたところ
「ピンポーン」とチャイムが鳴る音がしました。
こんな遅くに誰だろう?と遅くに伺っているボク(笑)が心配していると
彼の家の近くに住んでいるお母さんが来ました。

僕も一人暮らしをしていたことがあるので分かりますが、母親は何かと
息子を心配するのか、よく食料や色んなものを送ってくれたことがあります。
彼のお母さんも、うちの母親とどこか似ていて生活必需品など、特にこちらが
困っていないのにもかかわらず、持って来てくれたみたいでした。

あまり長居するのも悪かったので、こちらが退散しようとすると
「ゆっくり話して行ってくださいねー」と逆にこちらを気遣ってくれました。

そして、話しも終わり際になって帰ろうとしたところ
「まっさーさん。腹減ってない?これ良かったら持っていって。」
と包み紙と一緒に渡されたのが・・・

ホクホクの野菜コロッケ。まろやかな味が胃に染み渡る。

「え、でもこれせっかくお母さんが持って来てくれたのにいいの?」
「いつも作りすぎてきて、食べきれないからおすそ分け。帰りにでも食べてね。」
「ありがとう。ではお言葉に甘えていただきますね。」

帰る道中にもらった野菜たっぷりのコロッケ。
一口含んでみると、どこか懐かしい昔ながらの匂いとまろやかな味が
口いっぱいに広がりました。

「おふくろの味は、どこも一緒で優しいよな」と母親の温かさと
愛を感じる気持ちのいい訪問となりました。
親には感謝ですね・・ホント。Kさん、ごちそうさまでした。