タグ: 宇治

すべてはここから始まった、続く。投稿668日目

すべてはここから始まった、続く。投稿668日目

この続きは、恐らく書かないと思っていたが、リクエストがあったので書くことにした。

(・・・前回の続きより)

2回目の親孝行

「お袋、どこか行きたいとこはあるか?」
「宇治に行きたい。」
「宇治?京都?何のために?お茶でも飲みに行くのか。」
「宝蔵神社っていうのがあるのよ。一回行ってみたい。」
「ホウゾウジンジャ?まーたこないだ行った宗教のやつか。もう行かないって言っただろう。」
「・・・。もういい!!」
「何でお前がきれてんだよ。ふざけんじゃねーよ。」
「あんたが親孝行するって行ったから、言ってみたんじゃない。」
「・・・。あー、どうしてもいきたいのか?もうこれで最後だぞ」
面倒くさいなと思ったが、あまりにもうるさかったので、連れて行った。

2時間かけてクルマを走らせ、平等院鳳凰堂を横目に目的地へとたどり着く。
「ここがホウゾウジンジャか。こんな寺に来たかったのか?」
「あー、ここが宇治の宝蔵神社。ステキなところね。」
「えらい静かなところだな。それでどこに行きたいんだ。」
「あそこよ。あそこ。」
「ん?」

目の前に広がったのは、 宇治宝蔵神社の大拝殿と呼ばれる大きな建物。
中に入ると一面、畳が広がっていた。
「なんだここ、何にもないぞ。誰もいないし、気味が悪いな。」

平日の昼間から好きでこんなところには来たくはない。
「一度見てみたかったのよー。もういいわ。あんたも疲れたでしょ。もう帰りましょう。最後のそこの神社でお参りさせて。」
「もういいのかよ。」

所要時間わずか20分。山梨に引き続き、京都。一体ここは何なのか?
自分が嫌いな生長の家という施設を延々と回らされている。一体、お袋は何をさせたいのか。まさか、ココロを入れ替えさせようという魂胆だろうか。

家に帰ってくる。
いつもゴロゴロしていたので、久しぶりに出かけるとそれだけで疲れる。
働いていたときは、力がとてもみなぎっていた。なのに、今のオレは何だ。
ひどい有様だ。クズ以下というしかない。こんなオレを笑ってほしい。

今までオレは何のために頑張ってきたんだ。こんなにも会社に尽くしてきたのに、誰も助けてくれないじゃないか。使い捨て。用済み。お払い箱。
劣等感を感じていた自分が唯一、頑張って来られたのが仕事だったのに。

その仕事にも裏切られて、既に生きる価値はなくなったのだ。ココロは着々と死ぬ準備へと進んでいた。

死ぬことしか考えなかった毎日。

レンセイカイ?

数日後、ボクの姿を見かねた母が
「ねぇ、練成会ってのがあるんだけど。」
「レンセイカイ?何それ??」
「面白いかどうかは分からないけど、あんた暇でしょ。長い時間があるなら行ってみたらどう?色んな人が行って人生変わったって言っているよ。」
「ふーん、そんなものねぇよ。どうせ変わりゃしねえよ。」
「まぁ最後まで聞きなさい。こないだ宇治に行ったでしょ。そこで練成会をやっているの。」
「ああああああああああああ、宗教?ぜってーいかねー。そんなところ。」

生長の家と聞くだけで耳が痛い。目の前に人はオレに何をさせたいのか。
といっても、あまりにも時間を持て余していた。どうせ行くところと言えばスロットか近くの本屋くらいだった。

「それは、いつあるんだ。」
「8月にあるのよ。3泊4日のコースと、10日間のコースがあるんだけど。」
「あー、そんなに長いのかよー。」
「別に1日だけでもいいけれど、どうせ行くなら長いほうがいいんじゃない。」

今でもなぜコトバをつぶやいたか分からない。ボクはこう切り出した。
「分かった。10日行ってくる。」

(・・・続く)


愛を持って接すれば、必ず人は変わる(後編) 投稿659日目

愛を持って接すれば、必ず人は変わる(後編) 投稿659日目

前編を読まれていない方は、こちらをご覧ください。

「え、宇治に行くの??」
「はい、宇治の10日間の方の練成に行くことに決めました! 秋元さんいないので少し不安だけど、なにか変わるといいなと思って。」
「Mちゃんの決意、嬉しい!!ボクも宇治の練成会と研修生がきっかけで変わりました。最初、誰も知らないところへ行くの不安だったけど、 練成受けてから少しずつ変わっていきました。途中で逃げたくなるかもしれないけど、慣れてきたらすごく周りの景色が 明るくなったのを覚えています。短期練成会も全期受けれたじゃんか。もっと自信持っていいよ!!Mちゃん、絶対やり遂げられる強い子なんだから。大丈夫!!最後まで居るって約束!!」
「ありがとうございます。練成頑張ります!!!楽しんできます。」

以前から宇治の練成会をオススメしていた。ボク自身が宇治の練成会をきっかけに変わったからだ。中途半端に100回の短期練成会を受けるより、本気で受ける1回の一般練成会。これに尽きる。

最後まで頑張ってほしい。そう願っていた。10日間で得るものはかなり大きい。
しかし次の日の朝、
「おはようございます! やっぱり不安が強いので帰ります、、」
もしかしたらと一抹の不安はあった。3日目くらいに帰りたいというメールが来るかもと思っていたが、まさか次の日に来るとは想像していなかった。
いつもは優しいコトバをかけることが多かったが、今回はあえて厳しく伝えた。

「そんなんじゃ、いつまで経っても変わらないよ。時間をかけてそこを乗り越えるときが今じゃないの?たった1日じゃ不安はぬぐえないかもしれないけど、もう1日頑張ってみて。講話みんなと受けたくなかったら1人でどこかで話を聞いていてもいいので、とにかく最後まで乗り越えなさい。講師の先生にも相談して、頑張りなさい。」

このメールを送った後に返信がなかった。かなり厳しいことを言ってしまったので、もう帰ってしまっているだろうと思ったが、その夜、彼女から頑張って返信が来た。きっと帰りたい気持ちと続けたい気持ちが交錯していたと思う。
ここが正念場だと感じ、さらに心を鬼にしてメールを続けた。

「お疲れ様。素晴らしいです(^^)
残り8日間は頑張れそう?もしかして、もう帰ってきている途中じゃないよね?本音を言うと、5日目の浄心行まで何とか残ってほしいです。そこまで頑張ったら、そこからは楽しくなるはず!! そこで浄めて、10日目には、すっかりと変わっていると思います。 ファイト。」

この5日目の浄心行を超えたら、何とかなると思っていた。そこまでは何とか頑張ってほしい。あとは自分で乗り越えるしかないので、神様に祈り続けた。

その後も、「帰りたくなってきました… なんか、みんな明るくて自分だけ暗いのが心地いいからいずらくなってきました。」と気持ちがマイナスになる日々が続く。それでも彼女に励ましのメールし続けた。

すると、7日目を超えたあたりから、彼女の様子が変わってきたことに気がついた。とにかく明るいコトバになってきたのだ。

「誘ってくれてほんとにありがとうございます😊‼️ 早く色々話したいです!お父さんとお母さんに寂しくてしょっちゅう電話するくらいになりました(笑)
優しくなったし言葉が前向きになったって言われました!離れてるからもあるかな。ちょっと嫌なこと言われてもゆるせるし、少しは変わってると思います⭐️ どんどん喜んで明るい言葉使っていこうと思います😌✨」

Mちゃんが変わりつつある。彼女からこういうメールをもらったことがなかったからだ。自分と必死に向き合っていることが伝わってきた。

「Mちゃん、こんばんは(^^) 明日が練成会最終日ですね。キツイこともいいましたが、本当に最後までよく頑張ったね。今、Mちゃんの中では喜びがすごく溢れていると思います。文章からも伝わります。 少しではなく、かなり劇的に変わっているよ。キラキラしてるもん。ボクの昔話も色々と聞いていると思うけど、泣いていた話がよく出ているかと(笑 まー、そんな時期がありました。(中略)
Mちゃんにとって充実な時間を過ごせたようでボクも嬉しいです(^^)」

「その時はちょっときつかったけど、今思えば効いたなぁと思います。正直1人だったら成長できてなかったと思います。 本当に周りの人に感謝です。練成の事聞いてもらえたら嬉しいです!いい人達とも巡り会えたし本当良かったです。ありがとうございました。」

その後、彼女と会うことになったのだが、驚くほど変わっていた。
そこにはオドオドしていて、目を合わせることのできない彼女の姿はなかった。しっかりと目を向けて話してくる。笑顔で練成会の話をいっぱい語るMちゃん。

「え?本当にMちゃん?すっかり変わったねー。めっちゃいいじゃん。」
「そうですよー。私ですよ~。」
明るく目をキラキラしてくるMちゃんに、
「本当によく最後まで頑張ったね。」と伝えた。
「あのメールをもらったときは、すごくへこみました。あんなことを普段は言わないのに何でと思ったりもしました。でもあれがあったおかげで最後まで続けることができました。」と笑顔で話してくれた。

4年前に練成会を全期で受講したボクの姿にそっくりだった。何一つ不安のない、晴天のココロ。これから何があってもまっすぐ前を向いて歩いていける。そんな様子だった。

ボク自身が悩んで苦しんで受けた練成会が、こういうところで活きてくるとは、思いよらなかった。何よりも彼女のお役に立てたことが嬉しい。3年間、彼女と交流していて一番シアワセな出来事だった。

先日、Mちゃんと電話した。話の流れで何故かボクのよいところを書いてほしいとなった。いっぱいに書かれた讃嘆のコトバ。せっかくだから、彼女の良いところも書くことにした。

Mちゃんの良いところ
・めっちゃかわいい
・愛くるしいところ
・洋服のセンスがかわいい
・話すとおもしろい
・コトバのセンスがいい
・言われたことを素直にやる
・最後まで話しをきく
・落ち込みながらも、頑張ろうとする
・すぐにあきらめなくなった。
・病気を言い訳にしなくなった。
・何事も一所懸命なところ

彼女へのメール

今も、一歩ずつ前を向かって進んでいる。彼女のペースはゆっくりかもしれない。でも出会った頃に比べたら確実に成長しています。彼女から学ばせてもらったことは、愛を持って接すれば、必ず人は変わっていく。

どんなに今が悪そうに見えていても、丁寧に真心こめて対応すれば、変わっていく。Mちゃん自身もこの3年で変わりました。誰よりも彼女のことを見てきたからこそ言えます。

Mちゃんと出会ったことは、偶然ではなく、愛を出すことの素晴らしさを教えてくれるために現れてくれたんだと思っています。この3年間はかげがえのない時間ばかりでした。本当にいつもありがとう。

自分がキツく苦しいときもあったよね。
見えない暗闇を歩いていたときもあったよね。
誰にも分かってもらえないときもあったよね。

でもあなたは間違いなく変わりました。
だからこそ、Mちゃんがこうして一所懸命頑張っていることを色んな人に知ってもらいかった。絶対に諦めなければ、必ず良くなると教えてくれたのはMちゃんです。

あなたは素晴らしい。誰よりも前を向いて歩いている。
あなたは決して一人じゃない。たくさんの人が応援しています。
あなたは変わったのだから、絶対にこれから先もうまくいきます。
あなたはダメな人間じゃない。誰からも愛される素晴らしい神の子です。
劣等感を感じなくてもいい。そのままのMちゃんで十分、魅力的です。

これから先、色々あるかと思いますが、あなたの笑顔と宇治で学んだ感謝のココロを忘れずに進んでいってもらえたら嬉しいです。
あなたに出会えて本当に良かった。
またお茶しながら、語りましょう。いつもありがとう(^^)

あなたはそのままですばらしい。

仏のような笑顔。投稿643日目

仏のような笑顔。投稿643日目

彼にコトバは要らない。見てください。この笑顔を!!
終わり。

まさに仏様。

ってのは冗談で、このまま終わってしまうと、後で何を言われる分からないのでマジメに彼のことを書きたいと思う。お母様は生長の家をやっている講師。自身も光明実践委員として活躍している。

普段は物静かな性格。彼の穏やかな性格と笑顔が癒やされると隠れファンも多い。あまり積極的なほうでない?と思いきや、教区(地元)の練成会で司会進行をガッツリとやっている。どっちが本当のミキヤくんか分からない(笑

彼との思い出を探してみようと記憶の糸をたぐり寄せる。 何か特別なことがあったかな?うーん、すまん。出てこない。いるのが当たり前すぎてこれと言ったエピソードが浮かばない(笑

でも一つ言えることは、すごく生長の家が好きだということ。昨日書いたアダチさんもそうだが、とにかく二人とも青年会活動をとても楽しく、明るく生き生きとやっている。

そう思うと彼から文句や不満を聞いたことがない。誰かの悪口を言っているのを聞いたことがないし、色々とお願いごとをしているボクに対しても丁寧に対応してくれる。改めて書いているうちに彼の良さに気づく。

一時期、宇治の研修生もやっていた。ボクも研修生を一ヶ月ほどやったことがあるが、信仰に基づく愛行を徹底的にやる。そういうところを経験しているからか穏やかな性格ながらも、芯がしっかりしている。

何にせよ、彼の悪いイメージを聞いたことがない。いいところばかりなのだ。お菓子で言えば、彼もボクと同じ”あたりめ”タイプだろう。噛めば噛むほど味が出る。ミキヤくんは接していくうちに味が出る。話してみると意外と饒舌でアツいし、想いもあふれている。

神想観の先導の声もいい。普段の陽気さからは想像できないほど、ハスキーボイスで招神歌を唱える。招神歌がうまい・下手はともかく、声がイイのはそれだけでプラスになる。気がつけば、ミキヤくんのいいところがたくさん見つかった。ともかく素晴らしい神の子に変わりません。

ミキヤくん、いつもありがとう。
君と出会ったのはボクが教化部に入ってからなので、まだまだ日は浅いですが、いつも青年会の行事や誌友会に率先して参加してくれたり、今では光明実践委員(講師)として出講にも行ってくれてありがたいです。人が集まるところにミキヤくんの笑顔あり。そのままの明るさで、これからも楽しく活動していこう!!よろしくね。


カラダの大きな男。投稿613日目

カラダの大きな男。投稿613日目

今日の主役!?ではない(笑

今日、書くのはこの男のことではない。繰り返す、この男ではない(笑
感謝シリーズ5人目。

そのカラダな大きな男と出会ったのは宇治。初めての練成会。右も左も分からない状況で仲良くなったのが、Sさんだった。「どこから来たの?」「何のために練成会に来たの?」などすごくフランクに話しかけてくれた。
知らない場所に初めて来た私にとって、とてもココロ強い存在だった。分からないこともSさんに聞くと、色々と教えてくれた。その後、練成会に喜びを感じたボクは、住み込みで真理を学ぶ研修生になった。

ありがたいことに、Sさんと同じ時期に研修生をやることが分かった。全然知らない人の中でやるよりは、誰か一人知っていたほうがすごく心強い。色々とここでも助けられた。

ところが、あることがキッカケでボクはSさんから目をつけられるようになった。廊下や色んなところですれ違うたびに無視をされたり、休憩中に寝っ転がっていると、重たいカラダで踏みつけられることもしばしば。草を狩るナタで切りつけられそうになることも。

一番ひどかったのが、お風呂に入って、シャワーを浴びていた時に、いきなり冷水をかけられたことだ。しかし、生長の家では「天地一切のものに感謝せよ。あらゆる出来事は自分のココロの現れ」とおぼろげながらに言われていたので、反論したくても我慢した。

ところが、次第にエスカレートすると、さすがに堪忍袋の緒が切れた。
練成会中にSさんの胸ぐらをつかみ、「てめぇ、このやろう。ふざけてんじゃねーぞ。何でオレばっかり攻撃してくんだ。もうお前殺してやるわ。」と面と向かって言った。すると、相手も「おめぇのことがむかつくんだわ。」と応戦。

練成員さんがいる前で、つかみ合い取っ組み合いの大げんか。その後、中講堂で輪読会があったのだが、ボクはボロ泣き状態。相手もボクの予想外の反撃に意気消沈状態。そんな状況で輪読するものだから、本なんて読めたものじゃない。Sさんと顔を合わすのが嫌だったから、部屋には戻らずに、中講堂でその日は寝た。

もうこんな状態で研修生はやれない。ボクはもう辞めます。とN先生に相談すると、生命の実相16巻を出して「ここを読みなさい。」とだけ言われた。
もっと言いたいことはあったのだが、迷惑をかけてしまった以上は言う通りにするしかないと思い読んでみた。家庭光明寮のお話だったと思うが、それを読んでみると、何故かココロが落ち着けた。

オレが悪かったんだ。気まずいけどあいつに謝ろう!!と翌日、掃除をしているSさんに「色々と迷惑かけてすまん。」と伝えると、「そんなんで許すわけねーだろ。」と返された。こいつぜってーに殺したる。と思ったが、我慢我慢。
来る日も来る日も顔を合わせていくと、「オレも悪かったよ。もうこれきりな。」と言ってくれた。そこから和解の神想観をしたり、ぎくしゃくしながらも話ししたりと少しずつ関係性を修復していった。

まぁ、色んなことがあったけど、生長の家の基本的なことや神想観の呼吸法など、少なからず彼から教わったのも事実。それが今でも活かされていることはボクにとってやはり必要な存在だったのだ。心からSさんに感謝したい。

今日は、感情があらぶって、えらい書いてしまった。それだけ、あんたのことがキライだったけど、好きだったってこと。また会えるのを楽しみにしてる!!


現状維持は後退する。投稿419日目。

現状維持は後退する。投稿419日目。

アーーーーっと言う間に終わりました。
長いようで短かった、地方講師会研修会も終わり愛知へ帰ってきました。

いつ見てもいいなー。大拝殿の荘厳さは。次は8月に会おう。

一泊二日で参加した地方講師会幹部研修会。
普段はなかなか聞けないような他教区の状況や事例もたくさん聞くことができました。

いいなーと思ったのが大阪教区さんの取り組み。
ネイチャーゲームの企画や青少年練成会へ参加した運営さんへの講師試験促進。
思いつきそうで、思いつかなかったことなどを積極的に取り組んでいます。
また一日一籠アクションと言うヤング向けの活動も面白いなと感じました。
お手軽に行える活動として、早速、お伝えしていきたいと思います。

また行事に参加するたびに難しいなと思う、政治の問題もやはり繰り返し繰り返し
学んで行くことが大切だと教えられました。

私たちは独裁者になってはいけない。誰一人として。私たちは素晴らしい神の子。

個人の救済のみならず、環境問題や政治問題など様々なことに対応していかないと
いけない現在。課題は様々だけど、焦らずまずは目の前のことから一歩一歩
やることが未来へと繋がる活動となる。嫌なこと、難しいことに目をそらさず
現実と向かい合う勇気を持つこと。やれないことはないことを。

美しい自然を未来に残すのも、私たちの役割。

さて明日からは、平常通り教化部で活動です。
一般練成会もやっていて、もうちょっと残りたい気持ちもあったけど
地元に根付いて、今回学んだことをしっかりと実践していきます。
やらないといけないともいっぱいあるしねー。がんばろーっと。

最後に今回の研修会で最も印象に残った言葉で締めたいと思います。

「信仰は無限生長の道。現状維持は後退する。」